Academic Box Logo

亀梨和也の若い頃から現在まで:成長と進化を画像で振り返る

ライターのYUKOです。亀梨和也さんの若い頃から現在までの成長と進化を画像で振り返ります。

亀梨和也、17年越しの夢を叶える

亀梨和也が、17年越しに念願の仕事を叶えたきっかけは?

自身のプロモーションがきっかけ

亀梨和也は、スタイリストや編集者らと17年前に出会い、彼らと仕事をすることを熱望していた。

しかし、当時の所属事務所の体制により、なかなか実現できなかった。

そこで、亀梨は自身のプロモーションの際に、所属事務所に相談し、念願の企画を実現させた。

亀梨は、木村拓哉を目標に、自らの実力を磨き、トップにふさわしい存在になることを目指してきた。

そして、約15年の努力を経て、亀梨は自身の希望を叶えることができた。

詳しくみる ⇒参照元: 亀梨和也インタビュー「納得してもらえる自分になる」(Nume...

亀梨和也の持つ不思議な色気の秘密

亀梨が持つ色気は、ある要素を活かした結果である

ナルシスト性

亀梨が演じる二宮には不思議な色気がある。

それは亀梨が持つナルシスト性がキャラクター作りに活かされているからだという。

亀梨は若い頃から自分の見せ方を考えてきたため、自分を客観視する鋭い目線を持っている。

その目線が、さまざまな分野で求められている理由の一つである。

詳しくみる ⇒参照元: 亀梨和也、セカンドキャリア考えた時期も 俳優デビュー25年の...

俳優の役柄の変化

俳優が最近の役柄の変化についてどう感じているか

過去の特徴的な役柄から変化している。

俳優は最近、以前の代表的な役柄とは異なるキャラクターを演じる機会が増えていると感じている。

初期のキャリアでは、自分の特徴を生かした役柄が多かったが、その後は自分とはかけ離れたキャラクターを演じるようになり、前川知大監督の舞台「迷子の時間」やドラマ「正体」などがその例として挙げられる。

しかし、最近はドラマ「正義の天秤」や映画「怪物の木こり」など、俳優としての歩みを始めた頃の役柄に近いオファーが増え、やりがいを感じている。

詳しくみる ⇒参照元: 亀梨和也、セカンドキャリア考えた時期も 俳優デビュー25年の...

亀梨和也の仕事におけるキャラクター選択の基準

亀梨和也は、どのような基準で仕事における自身のキャラクターを選択しているのか?

その場に一番適したもの

亀梨和也は、戦略的なキャラクター設定ではなく、その場の必要性に応じて自然に振る舞うことで、強い印象を残している。

ただし、時には客観的に見れば奇妙に映ることもあるという。

共演者からは「サイコパス的」と指摘されており、必要に応じて自身を演出していることを自覚している。

亀梨自身は、この切り替えをあくまで自然体と捉えているが、時には困難な場合もあるという。

詳しくみる ⇒参照元: 亀梨和也、セカンドキャリア考えた時期も 俳優デビュー25年の...

亀梨和也の俳優キャリアの変遷

キャリアを積むにつれ、亀梨が感じるようになった変化とは何ですか?

セリフ覚えることの大変さ

亀梨和也は1999年に「3年B組金八先生」で俳優デビューし、2024年に俳優活動25周年を迎える。

現在は主役やそれに近い役柄を演じることが多いため、セリフ覚えることにやりがいを感じている一方で、その大変さも感じているという。

詳しくみる ⇒参照元: 亀梨和也、セカンドキャリア考えた時期も 俳優デビュー25年の...

亀梨和也の仕事術

亀梨さんは、普段どんなお仕事をされていますか?

映画、ドラマ、バラエティ、スポーツ番組、アイドル

亀梨さんは、映画、ドラマ、バラエティ番組、スポーツ番組、アイドルとしてのリハーサルなど、さまざまな仕事をこなしています。

それぞれの仕事で求められる役割を「キャラクター」と捉え、状況に応じて適切に演じ分けています。

この切り替えは自然に行われており、客観的に見ると奇妙に映ることもあるそうです。

詳しくみる ⇒参照元: 亀梨和也、30歳で考えたセカンドキャリア 「芸能界という場所...

亀梨和也のサイコパス表現

亀梨和也は、二宮役を演じる際にどのような工夫をしたか

芝居の引き算

亀梨和也は、二宮の派手な行動に対して芝居を抑制し、目の動きや首の使い方、表情の筋肉の微細な変化にこだわった。

そうすることで、二宮の狂気に陥る「ビフォー&アフター」の変化を表現した。

また、二宮の佇まいが自然に見えるように、自身に近いものを感じたかどうかを模索した。

詳しくみる ⇒参照元: 亀梨和也、セカンドキャリア考えた時期も 俳優デビュー25年の...

サイコパスの表情の表現法

サイコパスの表情を演じる際に特に意識したことは?

筋肉の細かい動き

亀梨和也は、サイコパスを演じる際に表情の筋肉の動きを細かく意識した。

また、物語の進行に伴う変化を、目の動きや首の使い方の違いで表現した。

ただし、サイコパス像を過度に意識しないように注意した。

詳しくみる ⇒参照元: 亀梨和也、30歳で考えたセカンドキャリア 「芸能界という場所...

芸能界の20代を振り返る

亀梨和也は20代の頃をどのように振り返ったか?

あっという間で余裕がなかった

袴を着て富士山のふもとで新年会を開いたメンバーたちは、20代の頃を振り返りました。

亀梨和也は、20代はあっという間に過ぎ、余裕のない日々だったと述べ、中丸雄一もその時期が長く感じたことに同意しました。

上田竜也があと20年ほどは働くことになるということにゾッとしたと語ると、中丸は社会人なら誰もが経験することだとコメントしました。

亀梨は、自分たちは芸能界でのキャリアが早かったため、この年齢ですでに芸歴が25年になると語りました。

詳しくみる ⇒参照元: 亀梨和也、激動の20代を経て「普通の日常が幸せに感じられるよ...

亀梨和也のサイコパス的演出力

亀梨さんは自身の演出力をどのように捉えていますか?

流れや巡り合わせを大事にしている

サイコパスは自己演出に長けているとされるが、亀梨さんは戦略的に演出をしているという意識はなく、流れや巡り合わせを重視している。

しかし、自身の仕事が成立していることから、自分にもサイコパスの傾向があるかもしれないと考えている。

詳しくみる ⇒参照元: 亀梨和也、30歳で考えたセカンドキャリア 「芸能界という場所...