Academic Box Logo

ヤマト運輸の車両徹底解剖!配送車からバイクまで、その種類と役割とは?

ハイエースクイックデリバリーは、ヤマト運輸の配送車両として知られる1982年に登場した背の高いバンです。

ハイエースクイックデリバリーの特徴

ハイエースクイックデリバリーはどのような特徴がある?

荷室高1785mm

ハイエースクイックデリバリーは、1982年に登場した背の高いバンで、キャビンと一体になった低床シャシーを採用しています。

その特徴は、1785mmという高い荷室で、運転席と荷室の間を立ったまま移動できます。

また、左側のドアから運転席への出入りが容易で、狭い道でも乗降しやすいスライド式のサイドドアを採用しています。

当初はヤマト運輸専用車として販売されていましたが、一般からも購入したいという要望が高まり、後に一般販売も開始されました。

詳しくみる ⇒参照元: クロネコヤマトの宅急便専用車 なぜ絶版に? トヨタ屈指の珍名...

ヤマト運輸の車両の種類と役割

ヤマト運輸で最も一般的な車両は何ですか?

小型トラック

ヤマト運輸は、さまざまな種類の車両を使用して荷物を配送しており、それぞれが独自の役割を持っています。

小型トラックは最も一般的で、荷物の配送や集荷に使用されています。

中型トラックは小型トラックよりも大きく、より多くの荷物を積載でき、長距離輸送や大口配送に使用されています。

大型トラックはさらに大きく、最大積載量を誇り、幹線輸送や重量物の配送に使用されています。

トレーラーは大型トラックと連結して使用され、大量の荷物を積載し、長距離輸送に使用されています。

バンは小型で機動性に優れ、小口配送や急ぎの配送に使用されています。

また、狭い道や渋滞した地域での配送には二輪車が使用されています。

詳しくみる ⇒参照元: 自動車・各種バイクの車両輸送

車両の特徴による使い分け

積載量が最も多いのはどのような車両か?

トレーラー

さまざまな車両には、それぞれ異なる積載量と用途があります。

小型トラックは積載量は少ないものの機動性に優れ、中型トラックは積載量と長距離輸送に適しています。

大型トラックは積載量が最も多く、幹線輸送や重量物の配送に向いています。

トレーラーは積載量が最も多く、長距離輸送に適しています。

バンは機動性が高く、小口配送や急ぎの配送に適しています。

二輪車は狭い道や渋滞した地域での配送に適しています。

詳しくみる ⇒参照元: 自動車・各種バイクの車両輸送

ヤマト運輸、三菱ふそうのEVトラック900台導入へ

ヤマト運輸が導入する電気トラックのメーカーはどこか?

三菱ふそう

ヤマト運輸は、2023年9月から、三菱ふそうが開発した電気小型トラック「eCanter」新型モデル約900台を全国に導入する。

これはヤマト運輸にとって初の2トントラックのEV導入となる。

ヤマトグループは「2050年温室効果ガス(GHG)自社排出量実質ゼロ」および「2030年GHG自社排出量48%削減(2020年度比)」を目指しており、その一環として、2030年までにEV2万台導入を目標に、小型トラックを中心にEVの導入を進めている。

導入する「eCanter」は、GHGを排出せず、積載量がありながらコンパクトで小回りも利くため、集配業務に適している。

ヤマト運輸は、パートナー企業や地域と協力して、サステナブル社会の実現に向けた取り組みを推進していく。

詳しくみる ⇒参照元: 電気小型トラック「eCanter」新型モデル約900台を全国...

ヤマト運輸の車両と環境への取り組み

ヤマト運輸が環境に配慮した取り組みに力を入れている点は?

ハイブリッド車や電気自動車の導入

ヤマト運輸は、ハイブリッド車や電気自動車を積極的に導入することで、CO2排出量の削減に努めています。

また、全国各地に車両を配置することで迅速かつ確実に荷物を配送し、親切丁寧な対応で顧客満足度の向上に努めています。

詳しくみる ⇒参照元: 自動車・各種バイクの車両輸送

ヤマト運輸の機能と顧客サービス

小口輸送サービスの提供先として、何万人以上が登録しているか?

500万人以上

ヤマト運輸は、小口輸送サービス「宅急便」だけでなく、「クロネコメンバーズ」を通じて個人500万人以上にサービスを提供しています。

法人向けには「ヤマトビジネスメンバーズ」を展開しており、約130万社が利用しています。

また、輸送以外の生活やビジネスに役立つサービスも提供しています。

ヤマト運輸では、輸送、IT、プラットフォームなどの機能部門を有し、常に進化させています。

全国に張り巡らされた輸送ネットワークにオートメーション技術を導入し、オペレーションの効率化を図っています。

さらに、IT技術を活用した商品・サービスを構築し、デジタル技術を活用した間接業務の削減やデジタル化を進めています。

詳しくみる ⇒参照元: 事業概要