Academic Box Logo

「となりのトトロ」の舞台裏:サナトリウムと七国山病院の謎

「となりのトトロ」の舞台裏を紐解いてみましょう。作品のモデルとなったサナトリウムや七国山病院が、物語の背景にどのような影響を与えたのかを調査します。

となりのトトロのお母さんの病気

となりのトトロのお母さんの病気は何だと予想されているか

結核

「となりのトトロ」のお母さんの病気は、昭和30年ごろの時代背景や、入院先の病院の雰囲気がサナトリウムに似ていることから、結核ではないかと予想されています。

結核は当時の日本において急上昇しており、患者は空気のきれいな場所で療養することが推奨されていました。

そのため、サツキとメイとお父さんは空気の良い田舎に引っ越しています。

詳しくみる ⇒参照元: となりのトトロのお母さんの病気は結核?その後退院できたのか?

七国山病院のモデルとなった病院

七国山病院のモデルとなった病院はどこですか?

新山手病院

七国山病院のモデルとなった病院は、八国山緑地付近にある新山手病院と言われています。

新山手病院は、昔から結核患者の療養施設として使われており、現在も結核治療に力を入れています。

七国山病院という名前も、八国山緑地から1文字変えて設定された可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: となりのトトロのお母さんの病気は結核?その後退院できたのか?

昭和30年頃の結核治療の進歩

「となりのトトロ」の舞台となった昭和30年頃、結核はすでに完治できる病気だったのでしょうか?

はい

昭和30年頃の日本において、結核の治療法はすでに確立されており、抗生物質のスプレトマイシン、パラアミノサリチル酸、イソニアジドの併用により、結核で亡くなる人は激減していました。

そのため、「となりのトトロ」の舞台となった当時、結核は完治可能な病気と認識されていました。

詳しくみる ⇒参照元: となりのトトロのお母さんの病気は結核?その後退院できたのか?

サツキとメイの母親の「ある病気」の正体

「ある病気」で入院していたサツキとメイの母親の病名は?

結核

サツキとメイの母親が患っていた「ある病気」は、都市伝説では喘息や肺気胸、精神病などが挙げられていたが、最も信憑性が高いのは「結核」である。

1951年に制定された「新結核予防法」により、新薬の開発が進み、結核の死亡率が大幅に減少した。

詳しくみる ⇒参照元: 七国山病院のモデルは?『となりのトトロ』のお母さんの病気が ...

トトロにおける結核の描写

サツキとメイが母親のお見舞いに行けた理由は何ですか?

治療の進歩により症状が改善したため

母親の結核の症状が改善し、先進的な治療のおかげで一時帰宅できるようになったため、サツキとメイがお見舞いに行くことができました。

当初は結核が重篤な病気と認識されていたため、サツキは母親の死を心配していましたが、映画のエンディングでは母親が快復し、子供たちの元に戻っています。

詳しくみる ⇒参照元: 七国山病院のモデルは?『となりのトトロ』のお母さんの病気が ...

宮崎駿映画における結核と生への執着

宮崎駿監督が幼少期に母親に抱いていた感情を表現している、結核を患う人物を2人挙げよ

サツキとメイのお母さん、菜穂子

宮崎駿監督の映画には、結核に悩む人物がたびたび登場します。

例えば、「となりのトトロ」のサツキとメイのお母さんと、「風立ちぬ」の二郎の妻、菜穂子です。

これらの登場人物は監督が幼少期に経験した母親の結核との闘いや、生への執着を反映しています。

サツキとメイのお母さんは静養のために療養所に入院し、菜穂子は結核で亡くなります。

これらの描写は、監督が母親との別れや、人生の無常さを表現していると考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: 七国山病院のモデルは?『となりのトトロ』のお母さんの病気が ...

となりのトトロの時代の病魔

となりのトトロの時代背景にはどのような病気の流行があったか?

結核

「となりのトトロ」の舞台となった1953年頃の日本は、結核が蔓延していました。

この病気は紀元前のエジプト文明時代から存在する古い病気で、結核菌が肺に侵入することで引き起こされます。

結核はかつて不治の病と恐れられ、多くの人々の命を奪っていました。

詳しくみる ⇒参照元: 七国山病院のモデルは?『となりのトトロ』のお母さんの病気が ...

七国山病院のモデル

七国山病院のモデルとなった病院は?

新山手病院と都立白十字病院

七国山病院のモデルは、東京都東村山市にある新山手病院と都立白十字病院の2つの病院です。

これらの病院は八国山緑地に位置しており、かつて結核専門の療養所として知られていました。

この緑地は、美しい多摩湖や挟山湖の近くにあり、1938年に財団法人結核予防会によって病院が設立されました。

詳しくみる ⇒参照元: 七国山病院のモデルは?『となりのトトロ』のお母さんの病気が ...

宮崎駿監督と結核

宮崎駿監督の母親がかつて患っていた病気は?

結核

アニメ映画監督の宮崎駿の母親は、宮崎駿が幼少期に結核を患っていました。

この事実は、2008年に放送されたNHKの番組「プロフェッショナルスペシャル」で明らかになりました。

番組では、宮崎駿の母親が結核に感染していたことが、宮崎駿の幼少期に影響を与えたエピソードとして語られています。

詳しくみる ⇒参照元: 七国山病院のモデルは?『となりのトトロ』のお母さんの病気が ...

アニメにおける結核の描写

結核に苦しんでいたアニメキャラクターは?

里見菜穂子

かつて日本を苦しめた結核は、多くの療養所が設立されるほど深刻な病気でした。

有名なアニメ作品『風立ちぬ』と『となりのトトロ』にも、結核に苦しむキャラクターが登場しています。

『風立ちぬ』のヒロインである里見菜穂子はサナトリウムで療養しており、『となりのトトロ』のサツキとメイの母親も入院していました。

後者の病院のモデルは、実在する保生園とされています。

詳しくみる ⇒参照元: となりのトトロ』サツキとメイの母親・草壁靖子が入院した七国山...