Academic Box Logo

祖父の遺品から発見された遺体写真:昔はなぜ死者を撮影したのか...?

こんにちは、ライターのYUKOです。今日ご紹介するのは、「祖父の遺品から発見された遺体写真:昔はなぜ死者を撮影したのか…」という内容です。

現代における死の認識

現代社会では、死に対する認識がどのように変化しているのか?

漂白され、想像しにくくなっている。

現代社会では、自殺した有名人の遺体写真や戦争の死体写真などの死に関するイメージがメディアから排除され、死について考えるきっかけが減っています。

そのため、死は日常的な延長線上の出来事であるという認識が薄れ、誰にでも起こる可能性があることを想像しにくくなっています。

詳しくみる ⇒参照元: 死体を撮り続けて25年。写真家・釣崎清隆がこだわる理由とは?

原爆投下の衝撃的な遺体の変化

広島原爆投下時、遺体の眼球にどのような現象が起こりましたか?

飛出した

広島原爆投下の爆風によって発生した急激な気圧低下により、遺体の眼球が飛び出す現象が発生しました。

これは、周囲の気圧が瞬時に低下し、眼球や内臓などの身体組織が外に押し出されたためです。

広島城付近では、爆心から500メートルの地点でもこの現象が確認されています。

詳しくみる ⇒参照元: 広島、1945 −写真が伝える原爆被害−/死の街

遺体記念写真:死者の記憶を留める

ヴィクトリア朝時代に撮影されていた遺体記念写真は、死んだ人間をどう扱っていたものですか?

まるで生きているかのように一緒に写真に収める

ヴィクトリア朝時代に流行した遺体記念写真は、単なる遺体の写真ではなく、愛する人が亡くなった後に、まるで生きているかのように見せるものでした。

遺体と生きている人間が一緒に写真に収まり、若くして亡くなった子供や愛する人を、まるで生きているかのように記録していました。

日本でも同様の慣習があったことが記録されており、亡くなった人を偲び、その記憶を残すものでした。

詳しくみる ⇒参照元: 死後写真|大須健太

死体写真の力

死体写真に惹かれる理由は?

被写体と現場の力

死体写真には、死体そのものの力と、現場の力が魅力としてある。

死体からは人となり、現場からは最期の様子や周りの人の反応がわかる。

国によって死者の尊厳の表し方が異なるのも興味深い。

例えば、メキシコで撮影された事故で亡くなった女優の右手は、指に金色の指輪が光っており、彼女の生活や当時のメキシコの状況を想像させる。

詳しくみる ⇒参照元: 死体を撮り続けて25年。写真家・釣崎清隆がこだわる理由とは?

広島原爆直後の写真

爆心地から約700~800mの場所にあった広島城近くで撮影されたものは何?

遺体

広島に原子爆弾が投下された直後の広島城付近や爆心地から860m離れた基町、460m離れた本川橋の様子を撮影した写真が掲載されている。

写真には地面に横たわる遺体、トンビが舞う中国軍管区司令部跡、崩れ落ちた橋脚が残る本川橋が写っている。

これらの写真は、爆撃の凄惨さを物語る貴重な記録となっている。

詳しくみる ⇒参照元: 広島、1945 −写真が伝える原爆被害−/死の街

ビクトリア朝の記念写真

ビクトリア朝時代に、記念写真の制作がどこに移動したのか?

写真スタジオ

ビクトリア朝時代には、記念写真の制作はアーティストのスタジオから写真スタジオに移行した。

これにより、記念写真の制作が民主化され、より多くの人々が記念写真を手に入れることができるようになった。

ビクトリア朝の人々にとって、死後の写真は精巧な喪の儀式の一部であり、遺体の記憶を保存する方法の1つと見なされていた。

詳しくみる ⇒参照元: 「記憶のある鏡」: ビクトリア朝はなぜ死者の写真を撮ったので...

葬儀会場の印象

遺影写真のモノクロとカラーの違いが、葬儀会場の印象に影響を与えるかどうか?

影響は少ない

葬儀会場の印象は、遺影写真の色よりも、式場の種類や内装、祭壇、照明などの要素によって大きく左右されます。

たとえ遺影がカラー写真でも、会場によっては冷たい印象を与える可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 遺影写真の歴史と変化

遺影の起源

遺影の起源は何ですか?

死絵

日本独自の風習である遺影は、江戸中期から明治後期に流行した死絵が起源と考えられている。

明治以前は位牌に戒名を記した板が遺体と一緒に置かれていたが、近代以降、遺影が死者の表象として定着した。

葬儀絵巻には、歴史的に長い間葬送の様子が描かれてきた。

詳しくみる ⇒参照元: 明治時代までの遺影は写真集だった?

遺影写真の変遷

葬儀における遺影写真の変遷はどのようなものか?

時間軸記録から肖像としての役割重視へ

明治期には、生から死までの過程を写真集として残す「時間軸」を重視した肖像写真が用いられていた。

明治末から大正期になると、時間を記載しない肖像写真が登場し、遺影は時間軸記録より肖像としての役割が重視されるようになった。

昭和初期には葬儀カタログに「写真撮影」が組み込まれ、カラー写真の普及とともに遺影写真もカラー写真が主流となった。

詳しくみる ⇒参照元: 明治時代までの遺影は写真集だった?