Academic Box Logo

キングダム 昌平君 考察:秦国への寝返りの理由と伏線 - アニメと漫画から読み解く

昌平君と始皇帝の血縁関係

昌平君は楚王の一族であり、秦でも地位を築いたが、秦始皇とのどのような関係があったのか?

いとこ

昌平君は楚の王族であり、秦の始皇帝である嬴政の曽祖父の娘との間に生まれた。

そのため、昌平君は嬴政のいとこにあたる。

昌平君は秦で相国まで上り詰めたが、始皇帝の父が呂不韋であるという説があるため、いとこ同士で争った可能性は低いと考えられている。

詳しくみる ⇒参照元: 昌平君が描かれた意味と壮大な伏線

昌平君の楚王就任

昌平君はかつて何の王だった?

楚王

史実によると、昌平君は楚の公子で、紀元前223年に楚王になっています。

キングダムでは、蒙武と昌平君が幼馴染で、昌平君が人質として秦に来たという設定が追加されています。

昌平君が楚王になるまでの経緯は、キングダムのクライマックスの伏線と考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: 昌平君が描かれた意味と壮大な伏線

秦の将軍、昌平君の悲劇

秦の将軍、昌平君が楚に走った理由は?

心身疲労

秦の昌平君は、若き頃は秦王嬴政と親密な関係にあった。

しかし、昌平君は楚攻略の戦略立案を命じられたものの、心身が疲弊して立案できなくなり、楚に逃走した。

これは第657話の「昌平君のコマ割り」が今後の展開に影響を与えると予想されている。

詳しくみる ⇒参照元: 昌平君が描かれた意味と壮大な伏線

昌平君の宿命

秦国の“頭脳”と呼ばれた昌平君の宿命は何か?

エリート街道的な道を進むこと

昌平君は秦国の頭脳であり、文武に優れ、強い出世運を持つ昴宿。

損得抜きで理想を求める清潔感あふれる善人である昴宿の宿命は、エリート街道的な道を進むこと。

昌平君は最終的に中華統一を夢見る嬴政の高い志に共感し、味方となった。

詳しくみる ⇒参照元: 昌平君

昌平君タイプの2023年戦略

2023年に出会う可能性のある、昌平君タイプの人生に大きく関わる人は誰のような人?

嬴政タイプ

2023年は昌平君タイプにとって、これまでの挑戦を分析し、目標を達成するための”計略”を立てるのに最適な年となる。

9月23日から10月9日、12月14日から31日には、嬴政タイプの人物と出会う可能性があり、この出会いが今後の人生に大きな影響を与えるだろう。

また、家族や昔の仲間との交流が大切で、昌平君タイプに安心をもたらしてくれる。

呂不韋タイプの人物に会うことも、昌平君タイプに良い影響を与えそうだ。

詳しくみる ⇒参照元: 昌平君