Academic Box Logo

排卵検査薬の薄い線 – 毎周期の濃さの違いや妊娠の可能性について

排卵検査薬の薄い線は、妊娠の可能性があるのか? 排卵検査薬の濃さの違いや、妊娠の可能性について詳しく解説します。

排卵検査薬の活用で妊娠の可能性を高める

排卵検査薬で陽性が出た場合、排卵するまでの時間は?

約40時間

排卵検査薬で陽性判定が出たら、約40時間以内に排卵が起こる可能性が高く、このタイミングでの性交が妊娠の可能性を高める。

排卵後の卵子の生存期間は約24時間なので、数日経過したタイミングでの性交は遅い。

一方、精子は女性の体内で2~3日程度生存可能であり、排卵時期を予測して準備することが望ましい。

詳しくみる ⇒参照元: 妊娠しやすい時期はいつ?排卵検査薬でわかることとは

排卵検査薬の正しい使い方

排卵検査薬の検査に適した時間帯は?

朝一

排卵検査薬は、生理予定日の17日前から毎日、ほぼ同じ時間帯で検査を行う。

検査に適した時間帯は朝一で、黄体形成ホルモン(LH)の濃度が高い。

また、検査前には多量な水分摂取や発汗を伴う運動を控え、分娩や流産後は月経開始後に検査を開始する必要がある。

詳しくみる ⇒参照元: 妊娠しやすい時期はいつ?排卵検査薬でわかることとは

排卵検査薬の基礎知識

排卵日予測に役立つ薬を何というのか?

排卵検査薬

排卵検査薬とは、尿中のホルモン濃度を測定することで排卵日を予測する検査薬です。

ドラッグストアや薬局で市販されており、自宅で簡単に使用できます。

生理周期に合わせて数日間継続して使用することで、排卵日が近づくと判定ラインに濃い線が現れ、まもなく排卵が起こることを示します。

詳しくみる ⇒参照元: 妊娠しやすい時期はいつ?排卵検査薬でわかることとは