Academic Box Logo

天草四郎とは?歴史から観光スポットまで徹底解説!

歴史と南蛮文化を探索する天草四郎ミュージアムへようこそ。

天草四郎ミュージアム:歴史と伝説が交錯する島原・天草一揆

天草四郎が戦った戦いの名称は?

島原・天草一揆

天草四郎ミュージアムは、16歳の少年・天草四郎を中心とした「島原・天草一揆」の歴史と南蛮文化の影響を資料や映像で紹介しています。

天草四郎の真の姿と民衆の熱意を今に伝えており、園内には有明海に向かって鐘をつくと愛する人に思いが届く「愛の鐘」があります。

詳しくみる ⇒参照元: 天草四郎ミュージアム

ホログラムがガイドする歴史体験「SonofGod天草四郎」

天草四郎役の声優は誰?

石田彰

ホログラムコンテンツ「SonofGod天草四郎」では、天草四郎役として「新世紀エヴァンゲリオン」の渚カヲル役でおなじみの石田彰さんが担当しています。

ホログラム化された天草四郎が、キリスト教伝来から島原の乱までの歴史をガイドしてくれる、アニメ好きや歴史好きにも楽しめるコンテンツとなっています。

また、最大4人まで同時に体験でき、普段は触ることのできない展示物(踏み絵)をホログラムで手に取って鑑賞することもできます。

詳しくみる ⇒参照元: MR歴史体験「Son of God 天草四郎 ~島原城に舞い...

天草の歴史探訪サイクリングガイド

山下礼子さんが案内するサイクリングガイドの特徴は?

千巌山の案内や天草の歴史

山下礼子さんは千巌山や天草の歴史を案内するサイクリングガイドです。

天草四郎ミュージアムで天草の歴史を学び、天草四郎が談合したと言われる湯島が見える花海好公園や天草砥石の露頭を巡ります。

料金は1人4万円、2人以上10人以下は1人2万円です。

活動日は平日で、土日祝日は相談が必要です。

詳しくみる ⇒参照元: 観光マイスターガイド

湯島案内ガイド

猫と触れ合えるスポットを案内してくれるガイドは誰ですか?

高橋れいれい

湯島の案内ガイドの高橋れいれいは、湯島港から諏訪神社、峰公園、猫スポットを案内するモデルルートを用意しています。

ルートの所要時間は1時間30分で、1人では20,000円、2人以上10人以下の場合は1人当たり10,000円となっています。

このルートでは、湯島の港で猫がお出迎えし、ネコスポットでは猫との触れ合いを楽しむことができます。

詳しくみる ⇒参照元: 観光マイスターガイド

猫の島・湯島で歴史と魅力に触れる

湯島で有名なのは何?

湯島は有明海に位置する周囲4kmの島で、人口は約360人。

穏やかな時間が流れ、猫が多くいることから猫の島としても有名。

また、島原・天草一揆で天草四郎が談合の地として利用したゆかりの場所も複数あり、日本ロマンチスト協会に認定された「恋する灯台」も必見。

詳しくみる ⇒参照元: 観光マイスターガイド

上天草の季節ごとの絶景夕日案内

夕日鑑賞の最佳な季節は?

各季節により異なる

上天草市の夕日は季節ごとに最適なスポットがあり、多島海景観の奥に沈む夕日は言葉にできないほどの美しさ。

春の千巌山、夏のフラワーロード、串漁港、野釜島、秋のくじら道、高舞登山、冬の弓ヶ浜海水浴場、江樋戸港がおすすめで、コーヒーなどのソフトドリンクサービス付き。

英語での案内も可能。

ガイドは上天草の風景写真を4年間撮影しており、地元の人しか知らない夕日スポットを紹介してくれる。

写真の撮り方のレクチャーも希望があれば対応可能。

詳しくみる ⇒参照元: 観光マイスターガイド

天草の寅さんガイド

上天草を代表する景勝地の千巌山と太古の地層がそのまま隆起した白嶽森林公園をガイドしてくれる人の名前は?

堀口巨介

上天草を代表する景勝地の千巌山と太古の地層がそのまま隆起した白嶽森林公園を案内するガイドの名前は堀口巨介だ。

千巌山は山頂に四郎が腰かけたかもしれない岩があり、白嶽森林公園には天然記念物であるヒモヅルやモウセンゴケなどが生息している。

堀口巨介は寅さんパフォーマンスも行い、ガイド料金は1人〜5人で1人あたり3万円、2人〜で1人あたり2万円となる。

集合場所は現地で、活動日は要相談。

詳しくみる ⇒参照元: 観光マイスターガイド

天草四郎の生涯と天草・島原の戦い

幕府軍に敗れた場所はどこか?

原城

天草・島原の戦いのきっかけは、年貢未納の妊婦が川で殺害された事件だった。

天草四郎率いる一揆は、島原、大矢野、大島子、町山口川で勝利を収めたが、富岡城を攻略できず、原城へと向かった。

しかし、3ヶ月間の籠城の末、幕府軍に敗れてしまった。

妖術使いとして知られる森宗意軒は、天草四郎の参謀の一人で、地元では「もりすけさん」と呼ばれ、霊験があるとの逸話が残っている。

天草四郎は上天草市出身で、実在の人物だった。

詳しくみる ⇒参照元: 天草四郎の歴史

天草のキリシタン弾圧とママコフ神父の預言

「パライゾ」とは何か?

天国

1612年、徳川秀忠の時代、キリスト教禁教令が出され、天草の人々は信仰の禁止と重い年貢に苦しんでいた。

そんな中、ママコフ神父は「25年後、16歳の天童が現れ、パライゾ(天国)が実現する」と預言を残した。

この予言は人々の希望となり、厳しい弾圧に耐える支えとなった。

しかし、大凶作も相まって、人々の苦難はさらに増大していった。

詳しくみる ⇒参照元: 天草四郎の歴史