Academic Box Logo

外国人の目から見た日本 – 文化の違いと驚きの発見

東洋人と西洋人の二重の違いと形成術

西洋人風の二重にするには、東洋人の顔にどのような施術が必要か?

目頭切開、埋没法、シリコンプロテーゼ挿入

東洋人の二重まぶたは皮膚の折り畳みで立体感に欠け、蒙古ひだがある。

西洋人風の平行型二重にするには、目頭を切開し、埋没法で幅広の平行型二重にする。

また、鼻筋にシリコンプロテーゼを入れて鼻を高くし、目の彫りを深くする必要がある。

二重の幅は、東洋人は内側が広く外側が狭いが、西洋人はその逆なのは、骨格の違いによる。

詳しくみる ⇒参照元: 西洋人顔の目元について

奥目の印象と西洋人顔

奥目の人が西洋人顔に見える理由は?

眉の位置と鼻の高さが相対的に奥目であるため

奥目とは、眼球が奥にある目のことで、くぼんだように見えるためくぼ目とも呼ばれます。

奥目は外国人のような顔立ちや彫りが深く見える印象を与えます。

これは、西洋人など外国人は眉の位置や鼻が高く、相対的に目が奥にあるという特徴があり、奥目と共通しているためです。

そのため、奥目の人は外国人顔やハーフ顔と言われることがあります。

詳しくみる ⇒参照元: 奥目とは?特徴や治し方を解説

西洋人風目元の形成

西洋人風の目元を作るためには、どのような手術が重要ですか?

鼻筋を高くすること

西洋人風の目元を作るには、鼻筋を高くすることが重要です。

鼻筋を高くすることで、まぶたに奥行きができ、二重が立体的に形成されます。

また、額が出っ張っていることも重要で、額が突出していない場合は鼻筋にプロテーゼを入れると不自然な鼻筋になってしまうので注意が必要です。

詳しくみる ⇒参照元: 西洋人顔の目元について

奥目の印象と特徴

奥目の人の印象に影響を与える特徴は何?

眼球の動きが目立ちにくい

奥目の人は、目が奥にあるため、眼球の動きが目立ちにくくなります。

そのため、自信があるように見えたり、落ち着いた印象を与えやすいとされています。

また、大人っぽく見える人も多いようです。

一方で、奥目をコンプレックスに感じる人もいるようです。

詳しくみる ⇒参照元: 奥目とは?特徴や治し方を解説

奥目の悩みを解消する美容クリニックでの治療

奥目による悩みの解消方法で、美容クリニックでの治療では何が期待できる?

奥目の改善

奥目は、目が奥にあるため目の大きさが小さく見えたり、まぶたに影ができたりしてコンプレックスになることがある。

メイクでの改善方法もあるが、根本的な解決を求める人もいる。

その場合、美容クリニックでの治療が選択肢となり、奥目の改善が期待できる。

詳しくみる ⇒参照元: 奥目とは?特徴や治し方を解説

奥目の治療

奥目の原因は何か

骨格による眼球の位置

奥目は眼球が奥まった状態であり、骨格との関係で決まります。

美容整形外科では、眼球の位置をずらす治療は行わず、上まぶたや下まぶたの治療で理想的な目元に近づけます。

上まぶたの治療には埋没法や切開法があり、下まぶたの治療では位置を調節して印象を変えることができます。

詳しくみる ⇒参照元: 奥目とは?特徴や治し方を解説