Academic Box Logo

吉川晃司の若い頃がヤバすぎる!伝説エピソードからイケメン画像まで一挙公開

ライターのYUKOです。吉川晃司の若い頃に関する記事を紹介します。

元水球日本代表、水球を始めたきっかけはまさかの強制入部

水球を始めたきっかけは?

強制入部

元日本代表の水球選手である吉川さんは、広島の修道中学校時代から水球選手でした。

水球を始めたきっかけは、サッカーをしていた暑い日にきらきらと輝くプールに飛び込んだことでした。

すると、水泳部の高校生の主将に強制入部させられたのです。

後にU-20の日本代表に最年少で選出されましたが、海外遠征で世界の壁を感じて水球を辞める決断をしました。

水球は水の中の格闘技とも呼ばれており、吉川さんは「喧嘩するなら水辺だね」と語っています。

詳しくみる ⇒参照元: 吉川晃司の若い頃の伝説が凄すぎる!実は若白髪だったの!?

片手バク転の誕生秘話

吉川さんの片手バク転はどのように生まれたの?

マイクを持ったままバク転したから

吉川さんの片手バク転は、歌番組でバク転を披露する際に、マイクを持ったまま跳んだことがきっかけで生まれました。

それまでは、小柄なアイドルがバク転をするのを見て、「俺にもできる」と思っていたそうです。

しかし、本番でマイクを持っていることに気づき、仕方なく片手でバク転したところ、これが好評を博し、以降のライブパフォーマンスでは定番となりました。

詳しくみる ⇒参照元: 吉川晃司の若い頃の伝説が凄すぎる!実は若白髪だったの!?

吉川晃司デビュー秘話

吉川晃司がデビューのきっかけとなった手紙の内容とは?

「広島に吉川晃司というすごい奴がいる」

デビューを目指していた吉川晃司は、自ら芸能事務所に手紙を送った。

手紙には、「広島に吉川晃司という歌、ギター、ダンスが上手い人物がいる。

見逃すと一生後悔する」と第三者を装って書いた。

この手紙がきっかけで、渡辺プロダクションが松本明子を訪ねるついでに吉川と出会った。

吉川はオーディションに合格し、デビュー年に8つの新人賞を受賞した。

詳しくみる ⇒参照元: 吉川晃司の若い頃の伝説が凄すぎる!実は若白髪だったの!?

吉川さんの華々しいデビュー

84年に新人賞を独占した吉川さんはどんなデビューを果たしたの?

アイドル歌手

吉川さんは1984年にシングル「モニカ」でアイドル歌手としてデビューし、主演映画「すかんぴんウォーク」の主題歌で大ヒット。

その後も「サヨナラは八月のララバイ」など数々のヒット曲を連発し、日本歌謡大賞最優秀新人賞や日本アカデミー賞新人賞など歌手と俳優の両部門で8つの新人賞を独占。

吉川フィーバーを巻き起こし、髪型を真似する若者が増えた。

詳しくみる ⇒参照元: 吉川晃司の若い頃の伝説が凄すぎる!実は若白髪だったの!?

吉川さんの映画デビュー

吉川さんが映画デビューした作品のタイトルは?

すかんぴんウォーク

吉川さんは歌手だけでなく、映画「すかんぴんウォーク」で俳優としてもデビュー。

この映画の主題歌「モニカ」も歌い、歌手としてもデビューした。

デビュー作では、広島から東京まで泳いでやってくるという奇抜な設定だった。

詳しくみる ⇒参照元: 吉川晃司の若い頃の伝説が凄すぎる!実は若白髪だったの!?

吉川晃司の経歴

吉川晃司は高校時代、どのような選手として活躍していたか

水泳選手

幼少期から歌手やアクション俳優に憧れていた吉川晃司は、高校時代は水泳の日本代表選手として活躍していました。

しかし、芸能界への夢を叶えるため、高校2年生の終わりに中退し、上京しました。

吉川晃司はバンド活動を通じて芸能界入りし、オーディションを経て渡辺プロダクションと契約を交わしました。

詳しくみる ⇒参照元: 吉川晃司の若い頃が可愛い!昔の活躍や画像を総まとめ

吉川晃司のブレイク

吉川晃司のブレイクのきっかけとなった曲は?

モニカ

1984年、吉川晃司は「モニカ」でデビューし、同曲が主演映画「すかんぴんウォーク」の主題歌に起用されて大ヒットしました。

このヒットにより、彼は一躍人気アーティストの仲間入りを果たし、その後も「サヨナラは八月のララバイ」や「You Gotta Chance」など数々のヒット曲を連発しました。

また、同年の日本歌謡大賞優秀放送音楽新人賞や日本アカデミー賞新人賞など多くの新人賞を受賞し、歌手としての地位を確立しました。

詳しくみる ⇒参照元: 吉川晃司の若い頃が可愛い!昔の活躍や画像を総まとめ

紅白歌合戦の伝説的珍行動

紅白歌合戦で吉川晃司がやらかした珍行動は何か?

ステージ破壊

紅白歌合戦での吉川晃司のパフォーマンスは、真紅の衣装での登場、観客へのシャンパン散布、ステージから客席への移動、カメラへの衝突、時間超過、ギター破壊など、数々の珍行動が繰り広げられた。

特に、本来の出演時間をオーバーしたギター破壊は、ステージに叩きつけられ、そのシーンは放送されなかった。

また、吉川のパフォーマンスが長引き、次の河合奈保子の「デビュー」の出だしを妨害し、怯える様子が放送された。

詳しくみる ⇒参照元: 吉川晃司の若い頃が可愛い!昔の活躍や画像を総まとめ

吉川晃司と尾崎豊の伝説のエピソード

尾崎豊と吉川晃司がゴミ袋の上で寝ていた時に誰に声をかけられた?

女子高生

尾崎豊と吉川晃司は親交が深く、一緒に飲み歩く仲だった。

ある夜、二人は酔いつぶれてゴミ袋の上で眠りこけてしまった。

すると、朝の通勤時間帯に通りかかった女子高生から「カッコ悪いから起きたほうがいいですよ」と声をかけられた。

この女子高生は尾崎と吉川を認識していたようで、このエピソードは二人の親密な関係性を物語っている。

尾崎の死後、吉川は尾崎を懐かしむような発言をしていて、彼らの友情の深さが窺える。

詳しくみる ⇒参照元: 吉川晃司の若い頃の伝説が凄すぎる!実は若白髪だったの!?