Academic Box Logo

アビスグループのテポドン:吉満勇介の逮捕から現在、半グレの実態と大阪の闇を徹底解説!

ライターのMariaです。アビスグループのテポドンこと吉満勇介の逮捕に関連し、半グレ団体の現状と大阪の闇について徹底解説します。

テポドン勇介の由来

吉満勇介がテポドンと呼ばれるようになったきっかけは?

ミナミの友達からの言葉

吉満勇介がテポドンと呼ばれるようになったきっかけは、酒を飲んだ後に喧嘩を繰り返していた頃、友人に「勇介君が酒飲んだらミナミにテポドンが落ちる」と言われたことでした。

テポドンとは北朝鮮が発射するミサイルのことですが、吉満勇介の破壊的な喧嘩ぶりを揶揄した表現だったのです。

ネット上の憶測では「吉満勇介さんがテポドンと同じくらい危ない人だから?

」「ミサイルのような圧倒的破壊力という意味かな」などがありましたが、いずれもほぼ当たっていました。

詳しくみる ⇒参照元: 吉満勇介(テポドン/籠池勇介)の現在!身長や生い立ちと出身中...

暴力と忠誠

初めて集会に参加した時の先輩の行動で、参加者が「入らなければならない」と決めたきっかけとなった行動は何か?

ホームからのブレーンバスター

中学校の卒業式後、天王寺の駅前で行われた集会に参加した語り手は、チームのボスである「キング」と呼ばれる先輩から「どうや、入る気になった?

」と尋ねられた。

最初の2人が「入りません」と答えた瞬間、先輩は彼らを無言で駅のホームにブレーンバスターで叩きつけた。

その光景を目の当たりにした語り手は、「これは絶対に入らなければいけない」と腹を決め、集会に参加することを決意した。

詳しくみる ⇒参照元: Nスペ「半グレ」に出演した「テポドン」はこうして生まれた…原...

アビスの掟

「アビス」の組織内で特徴的だったのはどのような制度か

上納金システム

「アビス」は、一般的な半グレグループとは異なり、明確な上下関係があり、リーダーである菅野深海への忠誠が絶対視されていました。

組織には12人の幹部がいましたが、菅野深海の権力は彼らとは比べものにならず、上納金を納めない、指示に従わない者は集団リンチを受ける「叩き」の対象とされていました。

詳しくみる ⇒参照元: 大阪の半グレ・アビスの現在!リーダー菅野深海とメンバーの逮捕...

アウトセブン元リーダー逮捕

元格闘家としてプロのリングで活躍したアウトセブン元リーダーの逮捕容疑は?

脅迫

アウトセブンの元リーダーである拳月(本名:相良正幸)は、元格闘家で「K-1」や「GLORY」などのプロのリングでも活躍していました。

しかし、「THE OUTSIDER」の関西進出をめぐるトラブルで脅迫騒動を起こし、逮捕されました。

逮捕容疑は、大阪府門真市で開催されるイベントに出場予定だった選手に電話で出場辞退を脅迫した疑いでした。

拳月は容疑を否認しています。

詳しくみる ⇒参照元: アウトセブン(半グレ)の現在!メンバーとリーダー・幹部の逮捕...

菅野深海の逮捕と暴走族時代

菅野深海さんは過去に何をしたことで逮捕されましたか?

暴行事件

2020年7月、菅野深海は岡山県を拠点とする不良集団のメンバーと共に、大阪でトラブル相手の男性を鉄パイプや金属バットで殴打し、重傷を負わせたとして逮捕された。

彼は中学生時代から極悪非道の伝説を残し、大阪連合のリーダーとしてパトカーを燃やすなどの悪事も働いていた。

詳しくみる ⇒参照元: 半グレアビスのリーダー・菅野深海の現在がヤバすぎる!?

ミナミの半グレ集団「アビス」のボス、菅野深海

「アビス」グループを率いていた菅野深海のニックネームは何?

ミナミのヒトラー

「アビス」は大阪ミナミで最大の半グレグループで、総勢約150人のメンバーを抱えていました。

そのリーダーは菅野深海で、「ミナミのヒトラー」という残虐なニックネームで呼ばれていました。

菅野は勢力拡大のため、金属バットや催涙スプレーなどの武器を準備して敵対グループを襲撃し、大阪連合のトップまで上り詰めました。

自分の意に沿わない者には味方でも容赦なく「叩き」という集団リンチで制裁を加え、自身の格闘能力も高く、他を圧倒していました。

グループ名の「アビス」はフランス語で深海を意味し、菅野の深海のような残虐性から名付けられたとされています。

詳しくみる ⇒参照元: 大阪の半グレ・アビスの現在!リーダー菅野深海とメンバーの逮捕...

大阪府における半グレ勢力の終焉

大阪で半グレ勢力が一掃された理由は?

対策会議による一掃作戦

大阪府警が2019年9月に開いた「半グレ対策会議」により、半グレ勢力の一掃作戦が決定されました。

これにより、ミナミで最も影響力のある半グレグループ「拳月グループ」のリーダー「拳月」と最高幹部「テポドン」が注目を集めました。

NHKでは、反社会勢力を魅力的に描いて批判を受けました。

テポドンは半グレ「テポドングループ」のリーダーで、敵対する「アビスグループ」のリーダー格は菅野深海でした。

詳しくみる ⇒参照元: 大阪の半グレ・アビスの現在!リーダー菅野深海とメンバーの逮捕...

アビスグループのリーダー菅野深海

アビスグループを率いる菅野深海とはどのような人物ですか?

半グレ組織のリーダー

菅野深海はアビスグループのリーダーで、中学生時代からカリスマ性を発揮し、暴走族のリーダーを経て半グレ組織を設立した。

数々の悪行を重ね、得た資金を暴力団に上納していた可能性がある。

キックボクシングや総合格闘技の経験を持ち、大阪連合や半グレを束ねるほどの高い格闘能力を有する人物。

詳しくみる ⇒参照元: 半グレアビスのリーダー・菅野深海の現在がヤバすぎる!?

半グレ対決の闇

テポドンと敵対する半グレグループのリーダー格は誰?

菅野深海

大阪ミナミで飲食店を経営する半グレ「テポドングループ」のリーダー、籠池勇介が女性を脅迫した罪で起訴され、公判が開かれた。

籠池被告は「テポドン」の異名を持ち、インスタグラムのフォロワーが1万5千人を超えるファッションモデルでもある。

脅迫の動機は、女性が所属する半グレ「アビスグループ」のリーダー格、菅野深海被告が籠池被告と敵対関係にあったためと判明した。

詳しくみる ⇒参照元: 【衝撃事件の核心】加速する「半グレ」壊滅作戦 大阪府警の真の...

拳月の現在と「アウトセブン」の関係

拳月は現在何というグループに所属している?

アウトセブン

「強者」の看板選手だった拳月は、解散後も大阪・ミナミに残り「アウトセブン」を結成。

世間では「強者」の後継グループと目されているが、本人たちは「気の合う仲間が集まっただけ」と主張している。

拳月は大阪・半グレ界の大物としてミナミを闊歩していたが、2018年に保険金詐欺容疑で逮捕され、その後強制性交罪や強要罪でも立件され、累犯による服役が避けられない状況にある。

詳しくみる ⇒参照元: アウトセブン(半グレ)の現在!メンバーとリーダー・幹部の逮捕...