Academic Box Logo

北島三郎の弟子一覧...北島ファミリーの顔ぶれや独立後の活躍も紹介

ライターのYUKOです。今回は、北島三郎の弟子についてご紹介します。

会津の面影

会津の女性とどのような関係を持つことができたか?

恋をする

会津の女性との恋は、若さで始まり若さで終わったものもあれば、未練が残るものもある。

会津の女性は、面影に残る特別な存在として描かれている。

東山や湯川橋など、会津の風景が思い出とともに語られる。

届かない想い、めぐる季節、散る花など、切なさや哀愁が込められた歌となっている。

詳しくみる ⇒参照元: 北島三郎の歌詞一覧リスト

希望の足跡

将来は希望に満ち溢れていますか?

はい

人生にはさまざまな出会い別れがありますが、歩んできた道は未来へとつながっています。

挫折や困難があっても、希望を持って進み続けることで、未来は明るく開けてきます。

たとえ離れ離れになっても、忘れられない思いは残り、季節は巡り続けます。

閉ざされた窓に囲まれた人生でも、希望に満ちた旅路が待っています。

苦労を楽しむ気概で、人生を歩み続けることで、足跡は未来へと続き、明日を信じて進みましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 北島三郎の歌詞一覧リスト

北島三郎の弟子たち

弟子の中で最も怒られていた人物は?

小金沢昇司

北島三郎は演歌界の大御所であり、多くの弟子がいる。

弟子の一番目は山本譲二で、「みちのくひとり旅」でブレイクした。

小金沢昇司は北島三郎の付き人を経てデビューし、山本譲二から「弟子の中で一番怒られていた」と暴露されている。

北山たけしは2005年に紅白初出場し、北島三郎の次女と結婚している。

大江裕は「さんまのSUPERからくりTV」のコーナーでデビューした。

詳しくみる ⇒参照元: 演歌歌手北島三郎の弟子まとめ!!北島ファミリーの顔ぶれは?|...

北島ファミリーを去った弟子たち

北島三郎さんの娘と結婚したことで、北島音楽事務所を辞めた弟子は?

北山たけし

北島三郎さんの娘との結婚が原因で、山本譲二、和田青児、小金沢昇司が北島音楽事務所を辞めたとされています。

中でも、山本譲二はファミリーの兄貴分だったため、北山たけしとの結婚が居心地の悪さにつながったとされています。

詳しくみる ⇒参照元: 【演歌】北島三郎さんの弟子と「北島三郎ファミリー」について|...

北島三郎の弟子たちの現在

北島三郎の弟子で最も成功したのは誰?

松原のぶえ

北島三郎の弟子の中で、最も成功を収めたのは松原のぶえである。

彼女は1989年に「おけさ渡り鳥」が大ヒットし、その後も数々のヒット曲をリリースした。

2002年に独立し、現在は有限会社のぶえオフィスに所属している。

詳しくみる ⇒参照元: 北島三郎の歌手としての評価。弟子一覧は?代表曲「まつり」「与...

師弟の絆

原田さんが師匠に感謝の意を伝えたのは、師匠がどのようなことを言われたためですか?

「帆をあげて頑張っていけ」

原田は40年間にわたって師匠である北山に師事し、北山の教えを忠実に守ってきた。

北山は原田に「帆をあげて頑張っていけ」と激励し、原田は北山の恩に報いるためにこれからも努力を続ける決意を新たにした。

また、北山ファミリーの一員として活動してきた北山も、北島演歌の心を継承していくことを誓った。

詳しくみる ⇒参照元: 北島三郎「ファミリー」弟子のれん分け示唆 原田悠里、山口ひろ...

北島先生の教え子、恩恵を語る

北島先生に師事したことで得た恩恵を、山口と大江はどのように表現したか

成長と恩返し

山口は北島先生を「神様」と「父親」に例え、歌と人として大きく成長できたことに感謝を述べた。

恩返しのため、自身も歌を精進したいという。

大江も北島先生に憧れて縁をいただき、弟子として事務所に入れたことに幸せを感じている。

先生の後ろ姿から学んだことを忘れず、今後も歌の道を精進する決意を語った。

詳しくみる ⇒参照元: 北島三郎「ファミリー」弟子のれん分け示唆 原田悠里、山口ひろ...

北島ファミリーが師匠を慕う理由

北島ファミリーのメンバーは、師匠のどのような点に感銘を受けている?

包み込むような大きさ

北島ファミリーのメンバーである山口ひろみ、北山たけし、大江裕は、師匠の北島先生を「神様のような方」「父親のように大きい方」と表現し、その包み込むような大きさに感銘を受けている。

彼らは、先生の偉大さには及ばないものの、恩返しとして精進したいと述べ、師匠から学んだことを忘れずに歌の道を極めると決意を新たにする。

詳しくみる ⇒参照元: 北島三郎 最後の弟子4人が一本立ち 原田悠里らに"...

大江裕:演歌の道へ導いた運命の転機

大江裕の音楽活動のきっかけとなった出来事は?

さんまのスーパーからくりTV かえうた甲子園

大江裕は、大阪・岸和田で演歌好きの祖父の影響で幼少期から歌を歌っていた。

老人ホームなどで祖父と歌を披露するうちに「歌の力」に目覚め、歌手になる夢を抱いた。

学業は苦手だったが、テレビ番組「さんまのスーパーからくりTV かえうた甲子園」に応募したことで、その個性的なキャラクターが認められ、シリーズとして継続放映されるようになった。

この番組での活躍が、北島三郎との出会いにもつながり、大江裕の歌手としての道が開けた。

詳しくみる ⇒参照元: 大江裕 |北島音楽事務所

北島三郎、弟子4人を巣立たせ後進にエール

北島三郎は、4人の弟子を巣立たせた理由をどのように説明しているか?

芸道60年の節目を迎え、年齢的にも後継者に任せたいと考えたから。

北島三郎は、弟子たちがそれぞれに羽ばたき、自分の力で成功してほしいと考えており、年齢的なことも考慮し、弟子たちを巣立たせる決断を下した。

また、ファミリーとして、弟子たちの活動を今後もサポートしていく考えを示した。

詳しくみる ⇒参照元: 「北島ファミリー」弟子4人が『事務所』"巣立ち&q...