Academic Box Logo

池永チャールストーマスの現在とその後の人生:三鷹ストーカー殺人事件から学ぶ教訓

ライターのLauraです。池永チャールストーマスの現在とその後の人生について掘り下げ、三鷹ストーカー殺人事件から学ぶ教訓を考察します。

偽大学生による偽装交際事件の背景

父親の愛情を知らず育った池永は、被害者女性にどのような感情を抱いたか?

愛情を満たしてくれる存在

池永チャールズ・トーマスは、4歳の時に父親と離婚し、母親はネグレクトと虐待を繰り返すなど、恵まれない家庭環境で育ちました。

被害者女性であるSさんは、幼少期から女子大付属の一貫校に通い、成績優秀でピアノも得意な才女でした。

池永はSさんに自身の家庭環境を打ち明けたところ、愛情を満たしてあげると言われ、彼女に愛情を抱きました。

しかし、身分を偽っていた罪悪感から不安を抱き、アメリカへ逃亡する計画を立てていました。

詳しくみる ⇒参照元: 女子高生は「リベンジ・ポルノ」で二度殺された(石井 光太)

三鷹ストーカー殺人事件

鈴木沙彩さんが亡くなった際の年齢は?

18歳

2013年10月8日、当時高校3年生だった鈴木沙彩さんが元交際相手である池永チャールストーマスに自宅前で殺害されました。

沙彩さんはナイフで十数カ所刺され、搬送先の病院で約2時間後に死亡しました。

池永は沙彩さんを殺害した後、現場から逃走しましたが、約1時間40分後に発見され、殺人容疑で逮捕されました。

池永は2017年2月8日に懲役22年の実刑判決を受け、現在も立川拘置所に収監されています。

詳しくみる ⇒参照元: 三鷹ストーカー殺人事件・鈴木沙彩の顔画像と動画は?犯人・池永...

鈴木沙彩さんのプロフィール

鈴木沙彩さんの没年齢は?

18歳

鈴木沙彩さんは、東京都出身の女優・タレントとして活躍する若手でした。

1995年6月22日生まれで、文化女子大学附属杉並高等学校3年生でした。

性格は素直で丁寧、明るく真面目、社交的できれい好きだったと言われています。

趣味はピアノ、ヒップホップ、ランニングで、特技は英語と絵でした。

詳しくみる ⇒参照元: 三鷹ストーカー殺人事件・鈴木沙彩の顔画像と動画は?犯人・池永...

ストーカー事件の真面目な加害者

交際相手の女子高生を殺害した容疑者の性格は?

真面目

今回の事件では、容疑者の評判は悪くなく、「優しい」や「真面目」といった声が聞こえてきます。

しかし、ストーカー事件を起こす人はしばしば真面目な人で、柔軟性に欠け、思い込みが激しい傾向にあります。

容疑者は、女子高生を殺害した後、母親に電話で「やりました。

死ぬ場所を探しておくわ」と話しています。

このことから、容疑者は真面目で思い込みが激しく、交際相手の女子高生を失うことが耐えられなかった可能性が考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: 三鷹市女子高生刺殺事件:ストーカー犯罪防止のために私たちがで...

三鷹ストーカー殺人事件の現場の状況

三鷹ストーカー殺人事件の現場では、被害者は何をしていた?

自力で立ち上がろうとしていた

三鷹ストーカー殺人事件の現場では、被害者の鈴木さんは自ら体を起こそうとしていたが、周囲の人から「動いちゃだめ。

起き上がらないで」と止められていた。

また、鈴木さんを抱え、毛布でくるんでいる女性もいたという。

鈴木さんと加害者の池永チャールストーマスは遠距離恋愛で、近隣住民も一緒にいる姿を一度も見たことがなく、突然起きた惨事に戸惑いを隠せなかった。

詳しくみる ⇒参照元: 三鷹ストーカー殺人事件・鈴木沙彩の顔画像と動画は?犯人・池永...

鈴木沙彩さんの芸術家一族

鈴木沙彩さんの親族に著名な人物がいるとされていますが、誰ですか?

倉本聰

鈴木沙彩さんは、脚本家の倉本聰を大伯父に持つ芸能一族に生まれました。

沙彩さんのブログの自己紹介には、親族に画家、グラフィックデザイナー、建築家、音楽家がいることが記載されていました。

沙彩さん自身も絵やイラストを描くなど、芸術的な才能を発揮していました。

詳しくみる ⇒参照元: 三鷹ストーカー殺人事件・鈴木沙彩の顔画像と動画は?犯人・池永...

鈴木沙彩さんの背景と事件後の同級生の反応

倉本聰と鈴木沙彩さんの関係は?

姉の孫

鈴木沙彩さんの親族には画家や音楽家などが多く、曽祖父は現代日本美術家として有名な高松次郎さん。

また、大物脚本家の倉本聰さんの姉の孫にあたる。

沙彩さんが通っていた塾の同級生は事件後に花束を持って現場を訪れ、沙彩さんの笑顔を思い出し悔しさをにじませていた。

詳しくみる ⇒参照元: 三鷹ストーカー殺人事件・鈴木沙彩の顔画像と動画は?犯人・池永...

虐待とストーカー殺人の関連性

虐待の経験が、ストーカー殺人の犯行に影響を与えた例はありますか?

三鷹ストーカー殺人事件の犯人

2013年の三鷹ストーカー殺人事件では、犯人の池永チャールズ・トーマス受刑者が、母親からの虐待を経験していたことが判明しています。

池永受刑者は、実父や母親の同棲相手などから10数年にわたって虐待を受けており、母親が男遊びで数日間帰らないこともあったとされています。

こうした虐待の経験が、彼の犯罪に何らかの影響を与えた可能性が指摘されています。

詳しくみる ⇒参照元: 18歳の女子大生を凶刃が襲った…ストーカー男はなぜ「意中の人...

ストーカー被害防止策:あまり親しくない人からの場合

あまり親しくない人からのストーカー被害を防ぐにはどうすればよいですか?

強くはっきり伝える

ストーカー被害を防ぐには、見ず知らずの人やあまり親しくない人からストーカー行為を受けたら、婉曲に迷惑だと伝え、それでも止まなければはっきりと交際する意志がないと伝えましょう。

それでも続けば強く迷惑だと伝え、それでも止まなければ「犯罪なので警察に言います」と電話を切ります。

着信拒否や警察による警告も有効です。

また、ストーカーかどうかはっきりしない場合は、にらみつけたり誰かに話しかけてもらったりしましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 三鷹市女子高生刺殺事件:ストーカー犯罪防止のために私たちがで...

ストーカー被害の対処法:かつての恋人や夫婦の場合

かつて恋人や夫婦だったストーカーに対して、どのように別れを告げるべきか?

穏やかに、毅然と

かつての恋人や夫婦がストーカー化した場合、別れを告げる際には表現に注意が必要です。

相手を怒らせないよう、かつての親密さを認めつつも、別れたい気持ちを明確に伝えましょう。

何度も理由を聞かれたり、会おうと言われたりしても応じてはいけません。

恐怖や不安を感じた時点で第三者に介入を求め、警察への通報も検討しましょう。

毅然とした態度が重要ですが、相手を侮辱する必要はありません。

詳しくみる ⇒参照元: 三鷹市女子高生刺殺事件:ストーカー犯罪防止のために私たちがで...