Academic Box Logo

三重県女子中学事件:犯人の現在と遺族の戦い - 事件の風化を防ぐために

三重県女子中学事件の犯人は現在も服役中で、遺族は風化を防ぎ、被害者支援を充実させるために戦っています。

被害者支援制度の充実

娘を失った父親は今もどのような感情を抱いているか

深い悲しみと憤り

三重県では2019年に見舞金制度の創設につながる条例が制定され、現在ではすべての自治体で被害者支援の条例や要綱が制定されています。

この制度は被害者支援のさらなる充実を図るために見直されていますが、被害者の父親は今も深い悲しみと憤りを感じながら日々を過ごしています。

被害者の父親は、娘の死という出来事は区切りがつけられず、娘を返してほしいと訴えています。

詳しくみる ⇒参照元: 「娘の死を無駄にしたくない」事件後、戦い続ける遺族 被害者支...

被害者支援の条例を求めて

犯罪被害者遺族が被害者参加制度を知ったきっかけは?

昔の遺族の活動

寺輪さんは娘を亡くした悲しみから、裁判における「被害者参加制度」を知る。

被害者が被告人に質問したり、刑の重さについて意見を述べられるこの制度を知り、自身の経験を生かして犯罪被害者を支援する条例を制定するよう三重県知事に訴えた。

寺輪さんの活動のきっかけは、過去の遺族による活動だった。

詳しくみる ⇒参照元: 「娘の死を無駄にしたくない」事件後、戦い続ける遺族 被害者支...

喪失の10年:不当な扱いを受けた遺族の悲しみ

元少年の処遇を巡って遺族はどのような対応を受けたのか?

不当な扱い

2013年に発生した三重県朝日町の中学生殺害事件では、被害者の父親である悟さんが、元少年の処遇を巡る司法手続きで遺族への不当な扱いを受けたと訴えています。

悟さんは、博美さんとのLINEのトーク画面を毎日開いて、既読が付かないメッセージを重ねています。

博美さんの飼い たがっていたトイプードルや乗りたがっていた車を購入して罪滅ぼしをしていますが、心の空白を埋めることはできていません。

悟さんは、遺族の心情に思いを寄せた制度運用を求めています。

詳しくみる ⇒参照元: 「屍」と書かれた娘 「被害者が救われる社会を」戦った父の10...

悲しみを力に変えて社会に挑む

悲劇を乗り越え、社会に変化をもたらそうと奮闘している人物は誰ですか?

寺輪さん

娘の博美さんを亡くした寺輪さんは、行政や社会の意識を変え、同様の悲劇を防ぐために条例制定を求めて活動しています。

手書きの地図に記された29の市と町を巡り、娘の死を無駄にしたくないという強い決意のもと、三重県外でも講演や活動に取り組んでいます。

時間とともに傷が癒えるという考えを否定し、行動によって変化をもたらそうと奮闘しています。

詳しくみる ⇒参照元: 証言 当事者たちの声娘は命を奪われ、「屍」と呼ばれた

15歳少女殺人事件の衝撃

15歳の少女に起きた悲劇の顛末は?

殺人事件

夏のある夜、15歳の少女が何者かに殺害されました。

現場近くに住む高校3年生の少年が逮捕され、裁判の結果、懲役5年以上9年以下の不定期刑が言い渡されました。

詳しくみる ⇒参照元: 証言 当事者たちの声娘は命を奪われ、「屍」と呼ばれた

家族の太陽:博美さんのウェディングドレス姿

幼少期から行っていたスポーツは何ですか?

新体操

博美さんは、幼少期から新体操に打ち込んでいました。

彼女の献身的な努力と思いやりのある性格により、彼女は家族にとってかけがえのない存在となっていました。

家族にとって、彼女のウェディングドレス姿を見ることは、大きな喜びだったのです。

博美さんは、家族にとって「太陽のような」存在であり、彼女の存在は家族に勇気と希望を与えていました。

詳しくみる ⇒参照元: 「娘の死を無駄にしたくない」事件後、戦い続ける遺族 被害者支...

24年目の悲劇:未解決のアパート殺人事件

事件から24年が経っても犯人が見つからないままのアパート殺人事件とは?

名古屋市西区のアパート殺人事件

1999年11月13日に発生した名古屋市西区のアパート殺人事件は、24年が経過しても未解決のままです。

被害者の主婦・高羽奈美子さんは自宅で何者かに殺害され、夫の悟さんは犯人を捕まえるために事件現場のアパートの一室を借り続けています。

悟さんは焦燥感を募らせながらも、妻のために事件を解決したいと必死に情報提供を求めています。

詳しくみる ⇒参照元: 妻を24年前に殺された夫、血痕残る部屋を借り続け「絶対に犯人...

妻の残したレシピ本が伝える愛情

妻の愛用していたレシピ本を眺めて思い出に浸る男性の、妻の料理についての特徴は?

残り物を工夫して飽きさせない

亡くなった妻、奈美子さんは料理が得意で、悟さんや長男の航平さんが飽きないように、残り物にも一手間加えて工夫を凝らしていた。

そのレシピ本が、今は現場となった自宅の戸棚にそのまま残されている。

奈美子さんの愛用品を前に、悟さんは「いつも手間をかけて、おいしい料理を作ってくれました」とつぶやいた。

詳しくみる ⇒参照元: 妻を24年前に殺された夫、血痕残る部屋を借り続け「絶対に犯人...