Academic Box Logo

pixivで大人気!!「薬屋のひとりごと」猫猫の魅力とモテる理由を徹底解説!

こんにちは、ライターのLauraです。

猫猫の美貌の秘密

猫猫のそばかすとシミは天然だったのか?

偽物

猫猫のそばかすとシミは化粧によるもので、本来は美肌で可愛らしい顔立ちだった。

花街で襲われないようにするため、わざと見栄えを悪くしていた。

おしゃれをすると、その魅力がさらに際立っていた。

詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』猫猫(マオマオ)の正体や父親・母親を解説...

猫猫の魅力解剖

猫猫の性格的な魅力とは?

薬への情熱

普段は冷静沈着な猫猫が、薬に夢中になると子どものような一面を見せ、キラキラした瞳で我を失いながら突っ走る様子が魅力的。

そのギャップが胸キュンポイントです。

詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』猫猫(マオマオ)の正体や父親・母親を解説...

薬売り少女の宮廷奮闘記

猫猫の性格はどんな感じですか?

ドライで合理主義的

猫猫は、花街で薬売りをしていた少女で、後宮で毒見役の侍女に出世しました。

愛らしい顔立ちをしていますが、性格はドライで合理主義的です。

しかし、薬に対しては並々ならぬ情熱を持っており、好奇心の赴くままに動いてしまうこともあります。

出世には興味がありませんが、その才能を評価され、さまざまな依頼を引き受けています。

詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』猫猫(マオマオ)の正体や父親・母親を解説...

猫猫の両親

猫猫の母親は誰?

鳳仙

猫猫の父親は軍師・漢羅漢で、母親は緑青館で人気の祇女であった鳳仙だった。

鳳仙は碁や将棋が得意で、羅漢の同僚によって呼び出されて碁で対決し、羅漢に敗れたが、そこから何度か対局を重ねて惹かれ合うようになった。

しかし羅門の失脚をきっかけに羅漢は遊説に出され、猫猫を授かった2人は会えなくなってしまった。

詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』猫猫(マオマオ)の正体や父親・母親を解説...

漢羅漢と猫猫の関係性

猫猫が漢羅漢を嫌うのはなぜですか?

実父である漢羅漢が、慕う育ての親から認められていることに嫉妬しているため

漢羅漢は、小説の舞台である茘軍の軍師で、奇抜な言動から変人とみなされています。

猫猫は漢羅漢を嫌っており、彼の名前を聞くだけで表情をゆがめます。

しかし、漢羅漢は実は猫猫の実の父親で、生き別れていたところを再会しています。

漢羅漢は猫猫に溺愛していますが、猫猫は育ての親である漢羅漢の叔父・羅門に慕っており、漢羅漢がしつこく付きまとってくることを鬱陶しく思っています。

また、漢羅漢が羅門から能力を認められていることに対する嫉妬も、猫猫が漢羅漢を嫌う理由の一つとなっています。

ただし、物語が進むにつれて猫猫の態度は和らいでいきます。

詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』猫猫(マオマオ)の正体や父親・母親を解説...

猫猫と壬氏の関係

猫猫と壬氏の関係について教えてください

恋愛関係ではない

猫猫は好奇心旺盛な女の子で、薬や毒に詳しく、無謀な行動をすることもあります。

恋愛には疎いですが、壬氏との関係がどのように変化していくかは気になるところです。

小説、漫画、アニメなど、さまざまな媒体で猫猫と壬氏の関係を見ることができます。

詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』猫猫(マオマオ)の正体や父親・母親を解説...

壬氏と猫猫の恋の行方

後宮の青年、壬氏と猫猫の恋愛は最終的にどうなるのか?

結婚する可能性が高い

壬氏は整った顔立ちの青年で、後宮で高い地位にある。

当初は女性にちやほやされていたが、猫猫だけは冷淡だった。

壬氏は猫猫に興味を持ち、好意を抱く。

小説7巻で壬氏は猫猫にプロポーズしたが、身分差や後宮の事件で関係が進展しない。

しかし猫猫も徐々に壬氏に惹かれ、ふたりで困難を乗り越え、結婚する可能性が高いとみられる。

詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』猫猫(マオマオ)の正体や父親・母親を解説...