Academic Box Logo

ベトちゃんドクちゃん分離手術から35年: ドクちゃんの歩む道と自立への挑戦

結合双生児として生まれたグエン・ドクさんと兄のベトさんが、7歳の時に分離手術を受けたのは1988年のこと。手術後、2人はそれぞれの人生を歩み始めた。

結合双生児の分離手術: 二人の運命を変えた選択

結合双生児だった2人の運命は、どのようなものだったのか?

分離手術によって別々に生きる道を選んだ。

1988年、ベトナムで結合双生児として生まれたグエン・ドクさんと兄のベトさんは、7歳の時に分離手術を受けた。

手術は成功し、2人はそれ以来、それぞれの人生を歩んでいる。

ドクさんは後に訪日し、「ナンダカナ」という言葉を通じて、分離手術後の複雑な感情を表現した。

分離手術は、双子の運命を大きく変えた出来事となり、それぞれが自分の人生を歩み始めるきっかけとなった。

詳しくみる ⇒参照元: ベトちゃん・ドクちゃん「一緒に」生まれ、大手術の末「分かれ ...

世界が注目した双頭児分離手術

世界的に注目されたドクさんとベトさんの手術で、失敗は許されなかった理由は?

世界中から注目されたから

ドクさんとベトさんは生まれつき頭部が癒着した状態だった。

手術はチャン・ドン・ア医師によって行われ、世界中から注目された。

失敗は許されなかった理由は、その手術が世界中から注目されていたからだった。

手術は成功し、ドクさんとベトさんは無事に分離された。

しかし、この手術には倫理的な問題点があった。

2人の日本滞在中の手術は実現せず、寝たきりのベトさんを犠牲にし、元気なドクさんを優先すべきか、2人とも生かす可能性を探るべきかという問題があった。

また、親権者の許可もなかった。

詳しくみる ⇒参照元: ベトちゃん・ドクちゃん「一緒に」生まれ大手術で分離、「兄の分...

シャム双生児分離手術の功績

分離手術の際、性器や肛門を手に入れたのはどちら?

ドク

ベトナム戦争中に枯れ葉剤の影響で生まれたシャム双生児のベトさんとドクさんの分離手術が行われた。

手術にあたり、2人の腎臓と脚は分け合われたが、性器や肛門はドクが受け取ることに決定された。

手術は約15時間におよび、無事に成功した。

この手術は、ドクに自立した生活を送る機会を与えることを目的として行われた。

詳しくみる ⇒参照元: ベトちゃん・ドクちゃん「一緒に」生まれ大手術で分離、「兄の分...

分離手術後の道のり

分離手術を受けた後のドクさんの新たな生活はいかがでしたか?

決して順風満帆ではなかった

分離手術後、ドクさんは念願の学校に通い始めたが、学んだことが覚えられず、授業についていけなくなった。

医師からは「投薬の影響」と説明を受け、中学校を離れてコンピューターの職業訓練校に移った。

詳しくみる ⇒参照元: ベトちゃん・ドクちゃん「一緒に」生まれ、大手術の末「分かれ ...

結合双生児兄弟の絆

兄弟が特別だと思わなかった理由は何ですか?

生まれつき結合双生児だったため

ベトナムで生まれた結合双生児の兄弟、ベトちゃんとドクちゃんは、下半身がつながった状態で誕生した。

親戚から「化け物」と呼ばれ、殺害されそうになったが、母が守り通した。

兄弟は「2人で一つが当たり前」と考えており、特別だとは思っていなかった。

幼少期はけんかもしたが、常に一緒で楽しかったという。

詳しくみる ⇒参照元: ベトちゃん・ドクちゃん「一緒に」生まれ、大手術の末「分かれ ...

枯れ葉剤の悲劇:世代を超えた苦しみ

ベトナム戦争で枯れ葉剤にさらされた人々の苦しみは、世代を超えてどの程度続いているか?

約300万人

1960年代から70年代にかけてベトナム戦争で使用された枯れ葉剤は、推定480万人のベトナム人に影響を及ぼし、子や孫を含む約300万人が奇形や癌などの病気で苦しんでいます。

彼らは深刻な健康被害だけでなく、枯れ葉剤の影響が世代を超えて続いているという苦しみにも直面しています。

詳しくみる ⇒参照元: ベトちゃん・ドクちゃん「一緒に」生まれ、大手術の末「分かれ ...