Academic Box Logo

上祐史浩とひかりの輪:オウム真理教との関係と現在 - 反省なき“残党”か、それとも?

オウム真理教分裂の要因

オウム真理教はなぜ分裂したのですか?

意見対立

オウム真理教は、上祐史浩派と執行部派の意見対立により、上祐派が「ひかりの輪」を設立して分裂した。

上祐派は松本智津夫への帰依を弱めようとしたが、執行部はそれに反対した。

詳しくみる ⇒参照元: 反社会的な本質に変化のないオウム真理教

オウム真理教の現在と捜査の現状

現在も逃走中のオウム真理教信者は何人?

3人

地下鉄サリン事件以前からの信者が多数を占める上祐派は、松本の教えが内包された教材を使用するなど、形の上では松本色の希薄化に努めています。

一方、主流派は、指導体制が不安定なものの、「原点回帰」路線を一層進めるものとみられます。

警察は、全国警察を挙げて教団のテロ事件等に対する捜査を強力に推進し、これまで500人以上の幹部・信者を検挙しています。

しかし、平田信、高橋克也、菊地直子の3人の特別手配被疑者は依然として逃走中で、警察は彼らの発見検挙を最優先課題として捜査を推進しています。

詳しくみる ⇒参照元: 反社会的な本質に変化のないオウム真理教

オウム真理教の主流派が改称

オウム真理教の内部分裂後の主流派の名称変更は何?

アレフ

オウム真理教は、主流派(アーレフ)と上祐派(ひかりの輪)に分裂後、主流派は「宗教団体アーレフ」から「アレフ」に改称。

組織刷新を行い、麻原彰晃の位置付けに変更はなく、「救済」の3つの柱を活動内容とした。

ただし、松本の写真や教材の使用制限を撤廃。

詳しくみる ⇒参照元: 反社会的な本質に変化のないオウム真理教

教団の信者数と組織拡大の取り組み

両派の信者数はどれくらいですか?

約12,500人

ある教団は現在、15の都道府県に29の拠点を持ち、閉鎖的な活動を続ける信者用の居住施設を維持しています。

法律で義務付けられた報告によると、両派の信者数は約12,000人ですが、活動状況から推定すると約12,500人とみられます。

信者数は、教団の運営方針への不満や悲観論による脱会により減少していますが、ウェブサイトやヨガサークルを通じて組織拡大に取り組んでいます。

詳しくみる ⇒参照元: 反社会的な本質に変化のないオウム真理教