Academic Box Logo

魔法と冒険の世界へ!ドラビアンナイトの魅力を徹底解説

ライターのYUKOです。このコンテンツでは、ドラビアンナイトの魅力を徹底解説します。

ドラえもんの魔法の冒険

アラビアンの魔人と一緒に冒険するアニメ映画のタイトルは?

ドラえもん のび太のドラビアンナイト

「ドラえもん のび太のドラビアンナイト」は、ドラえもんたちがアラビアの世界を舞台に冒険を繰り広げるアニメ映画です。

魔法のランプから現れた魔人と出会い、勇気や友情を学びます。

ドラえもんのひみつ道具が、アラビアンナイトの世界に彩りを添え、ハラハラドキドキの展開と感動的なメッセージが詰まっています。

詳しくみる ⇒参照元: Doraemon: Nobita's Dorabian Ni...

ドラえもんとのび太のアラビアンナイト大冒険

のび太たちはなぜ砂漠にたどり着いたのか?

魔法の絨毯に殴られたから

のび太はストーリーブックガジェットでアラビアンナイトの世界に入り込みましたが、静香を探しに行かなければならなくなりました。

その後、ドラえもんたちは静香が奴隷として連れて行かれた夢を見たため、彼女を救出するために8世紀のバグダッドに向かいました。

しかし、途中で船を購入した際、商人に騙されて船外に投げ出されてしまいます。

ドラえもんのポケットを奪われたため、アラブ砂漠の海岸で目を覚ました4人は、砂漠を歩くことを余儀なくされました。

その後、シンバッドが指揮する巨大な魔神に救出され、静香を救出するのを手伝ってもらいました。

詳しくみる ⇒参照元: Doraemon: Nobita's Dorabian Ni...

ドラえもん映画の魅力

ドラえもん映画の魅力的な要素は?

現実とフィクションの融合したストーリー

ドラえもん映画は、絵本の中に入り込む魅力的なストーリーや、空飛ぶ巨人や魔法の聖霊が登場するアラビアンナイトの世界観を特徴としています。

個性豊かなキャラクターたちが繰り広げる冒険は、ドラえもんのターバンの活躍やジャイアンの意外な一面など、見どころ満載です。

ピンチな場面でもドラえもんたちが助け合う姿も感動的です。

詳しくみる ⇒参照元: ドラえもん のび太のドラビアンナイト

絵本の中の冒険

絵本からしずかちゃんを救出したのは?

ドラえもんたち

のび太たちは「絵本はいりこみぐつ」で童話の世界を楽しんでいましたが、ジャイアンとスネ夫が絵本をバラバラにしたことでしずかちゃんが片方の靴を紛失。

ドラえもんはタイムマシンでアラビアンナイトの世界へ行き、シンドバットの冒険をヒントに魔法と不思議に満ちた世界を冒険。

無事にしずかちゃんを救出し、元の絵本の世界に戻りました。

詳しくみる ⇒参照元: 映画ドラえもん のび太のドラビアンナイト : 作品情報

ドラえもんのび太のドラビアンナイト

映画は何を基にしているか

ドラえもんロングストーリーズシリーズの第11巻

1991年に公開された日本のアニメ映画「ドラえもんのび太のドラビアンナイト」は、ドラえもんロングストーリーズシリーズの第11巻を原作としています。

スペインでは、2001年にLukInternacionalS.A.によって劇場公開されました。

この作品はドラえもん映画の第12弾にあたり、原作のストーリーを元に制作されています。

詳しくみる ⇒参照元: Doraemon: Nobita's Dorabian Ni...

しずかちゃんの忘れられない出来事

しずかちゃんが経験した最も恐ろしい出来事は?

絵本焼却

ある日、しずかちゃんはドラえもんに頼んで、ママが持っている絵本をこっそり借りて読んでいた。

しかし、その絵本はドラえもんの秘密道具を使った内容で、ママに知られてしまった。

ママは怒って絵本を燃やしてしまい、しずかちゃんは中にいたため死んだと思った。

しかし、実際は無事だった。

しずかちゃんはジャイアンに助けられ、ママは反省して謝った。

ドラえもんは、しずかちゃんに今後勝手に行動しないよう注意した。

詳しくみる ⇒参照元: ドラえもん のび太のドラビアンナイト

ドラえもんのアラビアンナイトでの出会い

アラビアにたどり着いたドラえもんたちは、最初に誰と知り合った?

シンドバッド

のび太たちがアラビアにたどり着いた際、時空を越えたことで四次元ポケットを盗まれてしまった。

途方に暮れるドラえもんたちだったが、やがて海賊のシンドバッドと出会う。

シンドバッドの協力で盗賊から四次元ポケットを取り戻そうとするが、今度はシンドバッド自身が盗賊にさらわれてしまい、ドラえもんたちはシンドバッドの救出と四次元ポケットの奪還を目指すことになる。

詳しくみる ⇒参照元: 映画ドラえもん のび太のドラビアンナイト