Academic Box Logo

極東会 榎本組 - 鳥栖における現在の活動状況と影響力

ライターのYUKOです。極東会 榎本組の鳥栖における現在の活動状況と影響力について調べました。

極東会内紛の激化

極東会顧問が実名で批判した内容とは?

極東会運営の私物化

安倍元首相銃撃事件を機に、極東会関係者の間に「安部元首相凶弾に倒れる」という怪文書が出回り、最高幹部の非難が行われた。

さらに、極東会顧問による実名糾弾文書も登場し、扇子問題や直参制度廃止などについて言及。

極東会運営が「私物化」されていると批判し、「離別せざるを得ない」とまで述べ、「神農道に反する行為」への反対を表明している。

詳しくみる ⇒参照元: 老舗組織で何が…「極東会」で「絶縁状」&「怪文書」が頻発中

極東会内紛、幹部処分で浮き彫り

幹部らの処分理由となった、松山元会長から盗まれた品物は?

純金の扇子

極東会では、最高幹部が松山元会長の居室から純金の扇子を盗み出し私用に換金したとして絶縁状が出された。

この扇子は稲川会から松山元会長に祝儀として贈られたものだった。

また、松山元会長の経費も横領した疑いがあるという。

詳しくみる ⇒参照元: 老舗組織で何が…「極東会」で「絶縁状」&「怪文書」が頻発中

極東会を揺るがす「金の松」問題

極東会内で問題となっている「金の松」とはどのようなものか?

稲川会初代から極東会に贈られた最高幹部が集まる部屋に飾られていたもの

極東会内では、五代目親分の死後、金の扇子問題がうやむやになっているとされる怪文書が出回った。

その文書では、金の松も持ち出されようとしていると最高幹部らを名指しで批判している。

この金の松は、稲川会初代から極東会に贈られたもので、最高幹部が集まる部屋に飾られていた。

この問題は、前回の破門状と関連があると考えられている。

詳しくみる ⇒参照元: 老舗組織で何が…「極東会」で「絶縁状」&「怪文書」が頻発中

暴力団内での金銭トラブルが引き起こした悲劇

櫻井幹部が結城組員を銃撃した理由は何ですか?

金銭トラブル

松山の死後、2次団体内で金銭トラブルが発生し、話し合いの場で櫻井幹部が結城組員を銃撃。

その後、自殺を図った。

県警は内部のトラブルとして捜査を進めている。

詳しくみる ⇒参照元: 最大級の的屋系組織「極東会」傘下団体の幹部死亡の真相 松山眞...

極東会の内紛劇

極東会の内紛の原因となったのは何?

カリスマの死

極東会は、最高幹部の絶縁状や怪文書の騒動で揺れている。

一部では、今年の5月に亡くなった松山元会長の死が内紛の原因ではないかと噂されている。

この噂は、警視庁関係者の「極東会には複数のグループが存在する」という発言や、出回った怪文書の内容と一致する。

怪文書には、絶縁・破門されたはずの幹部3人の名前が記されており、「悪だくみを阻止しよう」と書かれている。

詳しくみる ⇒参照元: 老舗組織で何が…「極東会」で「絶縁状」&「怪文書」が頻発中

極東会幹部射殺事件

極東会関連のビルで発生した銃撃事件で亡くなった幹部と組員の氏名を教えてください

桜井増美、結城嘉則

東京を拠点とする国内最大級の的屋系組織・極東会の関連ビルで銃撃事件が発生し、幹部の桜井増美と組員の結城嘉則が死亡しました。

この事件は、山口組の抗争とは無関係とされています。

また、事件の1か月前には、極東会の事実上のトップであった松山眞一元会長が死去しています。

詳しくみる ⇒参照元: 最大級の的屋系組織「極東会」傘下団体の幹部死亡の真相 松山眞...

茨城県銃撃事件:暴力団事務所撤去問題が背景に

茨城県の都市で発生した銃撃事件の背景にある問題は?

暴力団事務所の撤去問題

茨城県の都市で発生した銃撃事件は、指定暴力団極東会傘下団体の組員2人が死亡する悲惨な結果をもたらしました。

事件は午後3時頃に発生し、地元学校に注意喚起が出された後、SNSで迅速に拡散しました。

この事件は、2日前に神戸市で暴力団組長の自宅が銃撃された事件に続き、一時的に暴力団抗争の疑いも持たれました。

しかし、事件の背景には、現在この都市で進行中の暴力団事務所の撤去問題があることが判明しています。

この問題は、さらなる暴力の発生を懸念させており、当局は事態の収拾に努めています。

詳しくみる ⇒参照元: 最大級の的屋系組織「極東会」傘下団体の幹部死亡の真相 松山眞...

極東会の内紛激化

指定暴力団「極東会」で近年相次いで起きている問題とは何か?

絶縁状や怪文書の頻発

東京・歌舞伎町の指定暴力団「極東会」で、元会長の松山眞一氏が亡くなって以降、組織内で絶縁状や怪文書が頻発しています。

絶縁状では、幹部3人に対する処分理由が厳しく記載されており、組織の動揺が窺えます。

極東会は的屋系組織で、東京や他の12県に勢力を持ち、日本最大の的屋系暴力団です。

詳しくみる ⇒参照元: 老舗組織で何が…「極東会」で「絶縁状」&「怪文書」が頻発中

暴力団トップの使用者責任

暴力団の構成員が犯した犯罪に対して、トップに責任が問われるようになったのはいつ?

2008年

使用者責任とは、従業員が業務中に他人に損害を与えた場合、雇用主に賠償責任があるという民法上の規定。

暴力団でも、構成員が警察官を誤射した事件では、最高裁が2004年11月に使用者責任を認めた。

しかし、民事訴訟では指揮命令や上納金制度を立証するのが難しいため、2008年の暴対法改正で、「暴力団の威力を利用して危害を加えたり財産を奪ったりした」ことを明らかにすれば、トップの責任を問えるようになった。

詳しくみる ⇒参照元: 傘下組員の犯罪、トップに賠償責任認定 暴対法で初 地裁判決

暴力団抗争の背景

暴力団抗争の発端となった出来事は?

酒田駅での野次馬

1958年には極東愛桜連合会と鶴政会の間で抗争が発生し、1971年には極東系研谷一家と山口組系佐々木組が酒田市で衝突しました。

この衝突では、佐々木組の事務所開きを見るために駅周辺に野次馬が集まり、そのことが発端となりました。

1983年には、極東関口会系三浦連合会と住吉連合会系幸平一家との抗争が池袋抗争に発展しました。

詳しくみる ⇒参照元: 極東会