Academic Box Logo

「オークの木の下」の魅力を徹底解剖!あらすじ、ネタバレ、感想まで

ライターのYUKOです。今回は、「オークの木の下」の魅力を徹底解剖します。

違法翻訳の危険性

原作を翻訳して読むことは違法行為に該当しますか?

はい

人気作家のキム・スジ氏は、自身の作品の無断翻訳の蔓延に悩まされており、外伝執筆の意欲を失っている。

そのため、違法翻訳サイトの利用は避けるよう呼びかけている。

無断翻訳は作家の権利を侵害する行為であり、作品の質を低下させる可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: 【オークの樹の下】原作小説を読む方法|クヌギ

「Under the Oak Tree」を日本語で読む方法

「Under the Oak Tree」の英語版電子書籍を日本語に翻訳する方法を教えて

Kindleアプリで翻訳機能を使う。

「Under the Oak Tree」の英語版電子書籍を日本語に翻訳するには、Kindleアプリで電子書籍を購入してダウンロードし、翻訳したい部分をドラッグして選択すれば自動的に翻訳されます。

現在、英語版電子書籍は10巻まで発刊されており、レビュー評価も高いです。

小説版のイラストはクリムトのオマージュとなっています。

詳しくみる ⇒参照元: 【オークの樹の下】原作小説を読む方法|クヌギ

韓国版RIDIでの年齢認証

年齢認証のために必要な身分証明書は何か

パスポートや免許証

韓国版RIDIでR指定小説を読むには、年齢認証が必要で、パスポートや免許証などの身分証明書の提出が必要になります。

認証には半日から1日かかります。

また、書籍を購入するにはクレジットカードも必要です。

詳しくみる ⇒参照元: 【オークの樹の下】原作小説を読む方法|クヌギ

Papago翻訳による韓国語版の魅力

Papagoの翻訳は英語版と比べて、どのような点が優れていますか?

物語の細部がより明確にわかる

韓国語版の翻訳はPapagoを利用しており、英語版と比較して物語の細部をより鮮明に描き出しています。

そのため、韓国語版を読んだ後は、英語版で読んだ際の印象が大きく変化します。

まるで日本の小説を読んでいるかのような感覚で、作品を深く理解できます。

また、Papagoはブラウザ上で自動翻訳してくれるため、いつでも気軽に読めるという利点があります。

英語版で1冊読むのに6時間かかるのに対し、韓国語版では3時間程度で読破できます。

現在、最終回まで公開されているのはウェブ版のみですが、安全面が心配な方は英語版からでもぜひ読んでみてください。

詳しくみる ⇒参照元: 【オークの樹の下】原作小説を読む方法|クヌギ

韓国ウェブ連載「オークの樹の下」の購入方法

韓国のウェブ連載作品「オークの樹の下」を1話ずつ購入するにはどうしたらいいですか?

クレジットカード決済

韓国のウェブ連載作品「オークの樹の下」を購入するには、RIDIに登録・年齢認証が必要です。

購入方法は、1話ずつクレジットカード決済するか、リディキャッシュと呼ばれるお金をチャージして購入する方法があります。

リディキャッシュを利用するとポイントがつきお得です。

RIDIBOOKSにアクセスしてログインし、マイページから「オークの樹の下」のページを検索して購入できます。

全話購入すると約4,500円になります。

詳しくみる ⇒参照元: 【オークの樹の下】原作小説を読む方法|クヌギ

「オークの樹の下」の日本語版漫画の完結時期と違法翻訳サイトの危険性

「オークの樹の下」の日本語版漫画はいつ頃完結しそう?

5年以上後

韓国版漫画「オークの樹の下」はシーズン3が完結しており、日本語版はシーズン2が開始されたばかり。

日本語版の完結までには5年以上かかると予想され、現在人気が高まっているためアクセス稼ぎの違法翻訳サイトが出現。

違法翻訳サイトを利用せず、Kindle英語版やPapagoアプリを利用した公式翻訳の利用が推奨されている。

詳しくみる ⇒参照元: 【オークの樹の下】原作小説を読む方法|クヌギ

漫画版と小説版の違い

小説版と漫画版のR指定の違いは?

漫画版はR15、小説版はR19

小説版は漫画版よりも性的描写が多く、特に第1部は濃厚なR18シーンが含まれています。

第1部はロマンス要素が強く、外伝にはリフタンの幼少期や初夜の話が収録されています。

第2部になるとファンタジーやバトル要素が強くなりますが、リフタンと主人公の関係性の進展も見どころです。

第1部から張り巡らされた伏線が第2部以降で明らかになり、再読すると新たな発見があります。

詳しくみる ⇒参照元: 【オークの樹の下】原作小説を読む方法|クヌギ