Academic Box Logo

ウイルス性イボの芯を抜く効果的な方法

イボの芯を抜くことはイボ治療における重要な手順であり、保険適応の液体窒素凍結療法は費用対効果の高いオプションを提供します。

イボ治療における費用負担の軽減

イボ治療で費用負担を少なくする方法は何ですか?

液体窒素凍結療法

イボ治療の決定的な方法はないものの、イボの芯の取り方にはコツがある。

保険適応の液体窒素凍結療法を十分に行うことで、費用負担を減らしてイボ治療を行うことができる。

詳しくみる ⇒参照元: いぼ|大田区大森・大木皮膚科【尋常性疣贅・イボ治療専門外来】

いぼの治療法

いぼを治療する際に保険適応となる一般的な方法は?

液体窒素による凍結療法

いぼの治療には、感染した表皮基底細胞を除去することが不可欠です。

保険適応のある治療法としては、主に液体窒素による凍結療法が用いられます。

足底疣贅などでは、治療前に周囲の角質を削り取る必要があります。

また、スピール膏などのサリチル酸外用やヨクイニン内服も保険適応です。

ただし、長年放置した「大きくなったいぼ」では、液体窒素凍結療法の効果が低くなるため、モノクロロ酢酸などの腐蝕治療が併用される場合があります。

詳しくみる ⇒参照元: いぼ|大田区大森・大木皮膚科【尋常性疣贅・イボ治療専門外来】

イボの治療法

イボ治療で一般的な方法は?

冷凍凝固法

イボの治療では冷凍凝固法が最も一般的です。

この方法は液体窒素を噴霧してイボの細胞を凍らせて破壊します。

子供から高齢者まで幅広い年齢層に適しており、1~2週間間隔で治療を繰り返します。

治療後は赤みや水ぶくれが生じますが、時間の経過とともに消えていきます。

ただし、色素沈着が数ヶ月残る場合があります。

詳しくみる ⇒参照元: イボの種類や取り方|やってはいけないことは?

イボ除去の治療方法

切除に比べて傷跡が目立ちにくい治療方法は?

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザー治療では、出血がなく傷跡が早く目立たなくなりやすいです。

局所麻酔後、炭酸ガスレーザーでイボを削り、できもののサイズぎりぎりで除去するため再発のリスクは上がります。

また、ピンセットによる水いぼの除去は、施術後は数日間傷が残りますが次第に目立たなくなります。

詳しくみる ⇒参照元: イボの種類や取り方|やってはいけないことは?

いぼの症状と大きさと痛み

大きくなった場合、いぼが引き起こす可能性のある症状は?

痛みや違和感

乳頭腫状のいぼは、手足以外の皮膚が薄い部位に発生し、ダーモスコピーで血管の侵入が確認できます。

通常は痛みを伴いませんが、大きくなると皮膚を圧迫して痛みや違和感が出る場合があります。

サイズは通常小豆粒大~一円玉大ですが、最大ゴルフボール大になることもあります。

放置すると周囲に拡大して多発・集簇し、大きな局面を形成します。

詳しくみる ⇒参照元: いぼ|大田区大森・大木皮膚科【尋常性疣贅・イボ治療専門外来】

イボの種類や治療法

イボの治療法の一つとして用いられるのは?

モノクロロ酢酸

イボは周囲が角質化し、赤黒い点々が見える。

角質の強いイボは魚の目やタコと区別がつきにくい。

治療にはサリチル酸やビタミンD3外用が用いられる。

難治性のイボにはモノクロロ酢酸による腐蝕療法が行われる。

自己判断での市販薬治療はかえって悪化させる可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: いぼ|大田区大森・大木皮膚科【尋常性疣贅・イボ治療専門外来】

ウイルス性疣贅の治療方法

ウイルス性疣贅が一度に完治しにくいのはなぜか?

深部まで感染しているため

ウイルス性疣贅は足の裏や手指にできるウイルス感染症で、傷口から皮膚の幹細胞に感染して発生します。

一度に完治するのは難しく、適切な液体窒素療法と壊死組織の除去、継続的な通院が必要とされます。

これは、ウイルスが皮膚の深部まで感染しているためです。

詳しくみる ⇒参照元: いぼ治療|大田区大森の大木皮膚科【難治性ウイルス性疣贅にお ...

疣贅の治療における痛み

疣贅の治療において、治療に必ず伴うものは何ですか?

痛み

疣贅の治療は定期的な通院が必要で、凍結凝固法が基本となる。

治療ではカミソリで角質層を削り、本体まで達して凍結治療を行う。

この治療には皮膚が深くまで削られるため、必ず痛みを伴う。

詳しくみる ⇒参照元: いぼ治療|大田区大森の大木皮膚科【難治性ウイルス性疣贅にお ...

イボの原因と種類

イボの原因の1つは?

ウイルス感染

イボは、ヒトパピローマウイルスによる感染や、加齢・紫外線による皮膚ダメージの蓄積が原因で発症する。

ウイルス性のイボには、尋常性疣贅、扁平疣贅、尖圭コンジローマ、ミルメシア、伝染性軟属腫などがあり、それぞれ特徴的な症状や好発部位がある。

また、老人性疣贅、軟性線維腫、アクロコルドンなどのイボは、加齢や紫外線、摩擦などの要因によって発生する。

イボの治療法は、液体窒素による冷凍凝固法などがある。

詳しくみる ⇒参照元: イボの種類や取り方|やってはいけないことは?

ウイルス性いぼの市販薬と注意点

足の裏のウイルス性いぼの治療に有効な市販薬は?

スピール膏

足の裏のウイルス性いぼは、皮膚が厚く液体窒素での治療が難しい場合がある。

そんなときには、角質を柔らかくして剥がすスピール膏を使うと効果的。

小さく切ってテープで固定し、毎日続けることで分厚くなった皮膚が白くふやけて脱落し、いぼが小さくなる。

スピール膏は保険で処方できる。

また、ビタミンD3外用薬は皮膚のターンオーバーを促進して周辺の皮膚を柔らかくし、イミキモドクリーム外用薬は抗ウイルス作用で尖圭コンジローマの治療に用いられる。

さらに、漢方薬のヨクイニンは免疫を高めていぼの治療に役立つ。

ただし、傷やささくれを作ったり、保湿剤を使わずに乾燥させたり、紫外線対策を怠ったりすると悪化する場合があるので注意が必要。

また、自己流の治療ではなく、皮膚科を受診することが重要。

詳しくみる ⇒参照元: イボの種類や取り方|やってはいけないことは?