Academic Box Logo

薬屋のひとりごと 12巻 衝撃ネタバレ!蛙の秘密と壬氏の謎が明らかに!?

ライターのYUKOです。このページでは、「薬屋のひとりごと」12巻のネタバレについて紹介します。

先帝の秘密の絵

先帝が死後1年間も腐らずにいられた理由は?

猫猫が先帝の秘密霊廟で謎を解き、先帝が死の間際までこもっていた部屋の壁に隠された絵を発見しました。

この絵は先帝が描いたとみられ、いく人かの少女に囲まれた大人の女性の姿が描かれていました。

この絵が、先帝が腐らずにいられた理由に関連していると考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳最新刊12巻のあらすじ...

薬屋のひとりごと12巻:猫猫と壬氏の進展にキュンキュン

猫猫と壬氏の関係にどのような進展が見られたのか?

ラストシーンで進展あり

「薬屋のひとりごと」12巻では、猫猫と壬氏の間に進展が見られる。

12巻の帯に「彼女の《正体》を知ると9巻から読み返したくなる」とあるように、過去巻を読み返すと、彼らの関係の変化に気づくことができる。

また、壬氏と猫猫のラストシーンがコミックになったら、そのキュンキュンする展開に何度も読み返したくなるだろう。

壬氏と猫猫は西都を離れて中央に戻るが、壬氏の妃候補問題や羅漢の問題、壬氏の出生の秘密など、さまざまな問題が待ち受けていると予想される。

著者は猫猫と壬氏が結婚する結末を望んでいるようだ。

詳しくみる ⇒参照元: 「薬屋のひとりごと」12巻〈ヒーロー文庫〉を読んだ感想!あら...

日向夏先生の「薬屋のひとりごと12」ネタバレ有の感想

猫猫が壬氏さまへの気持ちを認めたのはいつ?

最終章

猫猫は「癒す側」から「癒される側」へと立場を変え、壬氏さまに気持ちを認めた。

壬氏さまも猫猫の気持ちを理解しており、二人の関係は「カップル成立」とみられる。

最終章では、二人のやり取りからそのことがうかがえる。

詳しくみる ⇒参照元: 2022年7月29日発売『薬屋のひとりごと 12』 感想・ネ...

薬屋のひとりごと12巻:壬氏の秘密が明らかに

猫猫は誰の秘密を知ることになる?

壬氏

漫画「薬屋のひとりごと」12巻で、猫猫は後宮での夜の催しに参加したり、壬氏の頼みで狩りに同行したりするが、そこで新たな事件に巻き込まれる。

そして、暗闇の中で蛙に触れたことで、壬氏の秘密を知る。

この秘密が明らかになることで、物語はさらに激動的な展開を迎える。

詳しくみる ⇒参照元: ビッグガンガン版『薬屋のひとりごと』最新刊(12巻)あらすじ...

壬氏と猫猫の愛情の行方

壬氏の猫猫への愛情は、猫猫の壬氏への愛情よりも大きいと推測されていますが、実際はどうでしょうか?

違うかもしれない

壬氏は、羅漢の妨害と猫猫の玉葉妃との対立を恐れる気持ちの2つの障壁のみで、猫猫との関係を築いているように見受けられます。

船の見張り台での猫猫の思慮や、2人が一緒に絨毯で寝てしまったこと、猫猫からのキスなどから、猫猫は壬氏を意識していることがうかがえます。

また、壬氏が猫猫の額にキスをし、猫猫が壬氏の唇にキスをする描写があり、壬氏は猫猫への愛情が自分の方が多いと考えているようですが、実際は異なる可能性があります。

見張り台のシーンでは、2人が常に手をつないでおり、キスした後も手を離さないことから、彼らの親密さが表現されています。

詳しくみる ⇒参照元: 2022年7月29日発売『薬屋のひとりごと 12』 感想・ネ...

皇太后の呪い疑惑

先帝の死にまつわる皇太后の疑問とは何か

先帝に呪いをかけたのではないかと疑っている。

玉葉に仕える猫猫は、皇太后から事件解決を依頼された。

皇太后は、先帝の死に異常があったと疑っており、猫猫に呪いがかけられたのではないかと考えている。

先帝が亡くなった後、その遺体には奇妙な症状が見られた。

猫猫は、先帝の母親である太皇太后が呪いに関与している可能性を指摘している。

太皇太后は先帝に対して強い影響力を持っていたことで知られており、先帝は太皇太后の操り人形だとさえ言われていた。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳最新刊12巻のあらすじ...

薬屋のひとりごとの謎解き

壬氏の本名は何か

不明

薬屋のひとりごと12巻では、謎に包まれていた壬氏の正体について深く触れられる可能性があり、伏線が散りばめられている。

また、謎の多い子翠も重要な人物である可能性があり、猫猫と似た研究者肌の性格をしている。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳最新刊12巻のあらすじ...

薬屋のひとりごと12巻: 次期領主代行の決定と新たな展開

西都の次期領主代行は誰に決定された?

壬氏

玉鶯暗殺後、後継者不在となった西都。

陸孫は壬氏を領主代行に推薦するが、壬氏は断る。

しかし、玉鶯の息子3人を後継者候補として育てることとなり、壬氏は次期領主代行の役割を担うことになる。

玉鶯の孫・玉隼の敵意や雀の不可解な行動など、次々と押し寄せる問題に対処しながら、猫猫と壬氏の間にも新たな展開が訪れる。

12巻では、雀の正体や壬氏と猫猫の恋愛模様も明らかになる。

詳しくみる ⇒参照元: 「薬屋のひとりごと」12巻〈ヒーロー文庫〉を読んだ感想!あら...

マオマオの発見

マオマオが壬子が宦官ではないと気付いたきっかけは?

カエルのできごと

ある日、猫猫(マオマオ)は壬氏と滝壺に狩りに出かけます。

その際、カエルの鳴き声をきっかけに、壬子が宦官ではないことに気づいてしまうのです。

その後、桜花から百物語に参加するよう命じられ、北の建物に向かいます。

会場にはマオマオを含む12人の女官がおり、その中には子翆も含まれていました。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと12巻ネタバレ!漫画あらすじ&感想まとめ

一酸化炭素の危険

マオマオを危険に陥らせたのは何ですか?

一酸化炭素中毒

怪談話で盛り上がる中、マオマオは不穏な空気を感じていた。

最後の話で、女官が「次はお前の番だ」と言った瞬間、マオマオは奇妙なだるさに襲われた。

意識を失い始めたとき、一酸化炭素中毒に気づき、窓を開けて意識を失った女官たちを救い出した。

そのとき、謎の声が「もう少しで…」と聞こえた。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと12巻ネタバレ!漫画あらすじ&感想まとめ