Academic Box Logo

死刑囚の裁判: 当日告知の是非を問う – 執行方法から再審請求まで

ライターのYUKOです。死刑囚の裁判に関する記事をご紹介します。

死刑制度の適用と手続き

重大な犯罪で死刑が適用される犯罪の種類は?

殺人や強盗殺人などの重大な犯罪

死刑は、重大な犯罪に対して科される最も厳しい刑罰の一つで、殺人や強盗殺人などの重大な犯罪に限って適用されます。

また、死刑が適用される可能性がある裁判では、被告人に弁護人の選任が義務付けられ、死刑判決を下すには陪審員の全員一致による有罪認定が必要とされます。

死刑制度は犯罪の抑止力になると主張される一方、非人道的で残忍な刑罰であるとの批判もあります。

詳しくみる ⇒参照元: 「三鷹事件」 竹内景助元死刑囚の再審 最高裁も認めない決定

死刑告知のタイミング巡り訴訟

死刑囚に執行をいつ告知する決まりはありますか?

告知時期に関する規定はない

日本の法律では、死刑の執行は法務大臣の命令から5日以内に行われなければなりませんが、告知の時期は定められていません。

現在、死刑囚には執行の1~2時間前に知らせる運用がされています。

死刑囚側は、この執行直前の告知では弁護人に連絡したり不服申し立てをしたりすることが困難であると主張し、人権侵害だと訴えています。

詳しくみる ⇒参照元: 「刑事判決を実質無意味にする」 死刑囚2人の訴え、大阪地裁が...

死刑執行告知の慣習をめぐる訴訟

死刑執行告知の直前という慣習が死刑囚に与える影響は?

不服申立権の制限、尊厳ある最期の妨害

訴訟では、死刑執行の告知が執行の直前に行われる慣習が、死刑囚の不服申立権を妨害し、尊厳ある最期を迎えることを困難にしていると主張されています。

また、この慣習は法的に正当化されておらず、死刑囚の権利を侵害しているとしています。

詳しくみる ⇒参照元: 【速報】裁判長「確定した刑事判決を無意味にするもので許されな...

死刑の執行方法

死刑が執行される場所はどこですか?

死刑執行室

死刑は電気椅子、致死注射、絞首刑、銃殺など、様々な方法で執行される。

死刑は、通常、死刑執行室と呼ばれる特別な施設で行われ、犯罪の抑止力や社会から凶悪犯を排除するために支持されている。

しかし、反対派は死刑が非人道的で残忍であり、犯罪の抑止力にならないと主張している。

詳しくみる ⇒参照元: 「三鷹事件」 竹内景助元死刑囚の再審 最高裁も認めない決定

死刑執行の告知タイミングが死刑囚の精神的健康に及ぼす影響

死刑囚への執行告知のタイミングは、彼らの精神的健康にどのような影響を与えているか?

極めて悪影響を与えている。

日本の死刑囚は、刑の執行の数時間前になって初めて告知され、絞首刑に処せられる。

この告知のタイミングについて、弁護団は「極めて非人間的」だと主張。

人権団体は長年、死刑執行の直前告知は死刑囚の精神的健康に悪影響を及ぼすと批判。

毎朝自分が死ぬかもしれないと怯える死刑囚もおり、弁護団は諸外国のように死刑囚に人生を終える心の準備の時間を与えるべきだと主張している。

しかし、国は死刑囚の苦痛を避けるためだと説明している。

詳しくみる ⇒参照元: 死刑執行の直前告知めぐり死刑囚2人が提訴 大阪地裁

死刑囚の事前告知訴訟

日本の死刑囚は、刑執行の何時間前にその旨を知らされるのか

数時間前

2人の死刑囚が、死刑執行を数時間前に告知されるのは違法であるとして、国を提訴した。

彼らは、異議を申し立てる時間が与えられないと主張している。

このような訴訟は日本で初めてとみられ、原告らは慰謝料など計2200万円の支払いを求めている。

詳しくみる ⇒参照元: 死刑執行の直前告知めぐり死刑囚2人が提訴 大阪地裁

死刑執行の当日告知義務

死刑囚は死刑執行の当日告知を受け入れる義務があるか?

ある

死刑囚2人が、死刑執行の当日告知は違憲であり、執行を受け入れる義務がないとして訴訟を起こした。

しかし大阪地裁は、死刑囚には現在の法令による死刑執行を受け入れる義務があり、矛盾する利益を有するとは認められないとして、訴えを全面的に退けた。

判決理由では、死刑囚は確定した刑事判決の結果を甘受すべき義務を負っていることが強調された。

詳しくみる ⇒参照元: 「刑事判決を実質無意味にする」 死刑囚2人の訴え、大阪地裁が...

死刑執行告知のタイミング

死刑囚の執行告知は、いつ頃が妥当と認められたか?

直前

大阪地裁は、死刑囚の執行告知は直前に行うことが合理的であり、法に基づいており、尊厳ある最期を迎えることを妨げないと判決しました。

この判決は、死刑囚が自殺を図る可能性や、刑の円滑な執行を考慮して下されました。

一方で、原告側は前日までに告知することで死や罪と向き合えたと主張しましたが、この主張は退けられました。

詳しくみる ⇒参照元: 【速報】裁判長「確定した刑事判決を無意味にするもので許されな...

死刑執行の告知タイミング訴訟で国が勝訴

死刑囚は、死刑執行に関する告知のタイミングが憲法違反であるとして国を訴えた

訴えを退けた

死刑囚が法務省の死刑執行当日の告知運用を憲法違反として訴えた裁判で、大阪地裁は訴えを退けました。

原告側は、死刑執行2日前に告知を受けた元死刑囚の肉声テープを証拠として提出していましたが、裁判所は死刑執行の当日の告知は憲法違反に当たらないと判断したとみられます。

詳しくみる ⇒参照元: 「死刑執行の'当日'告知は違法」死刑囚2人が訴えた裁判 大阪...

死刑囚の事前告知訴訟で訴え棄却

死刑囚の苦痛を考慮した死刑執行への配慮は認められなかったか?

認められなかった

大阪地方裁判所は、死刑囚に対する事前告知を前提とした死刑執行の受け入れを義務づけ、訴えを退けました。

判決では、死刑判決の無意味化を防ぐ必要があるとされました。

弁護団は控訴の意向を示し、死刑囚の恐怖を考慮していない残酷な判決と批判しています。

この裁判は、死刑制度の在り方に関する議論に影響を与える可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 死刑執行 当日告知は憲法違反との死刑囚の訴え退ける 大阪地裁