Academic Box Logo

昔のお産: 過酷な出産から現代の医療まで、歴史と変遷を探る

出産の歴史は、過酷な自宅出産から現代の医療化された医療機関での出産へと大きく変遷してきました。

出産の変遷

現代の出産と昔の出産で大きく異なる点は?

出産場所

昔の出産は自宅で行われ、助産師や家族が立ち会って産婆が取り上げることが多かった。

現代ではほとんどの出産が医療機関で行われ、無痛分娩や帝王切開など、さまざまな選択肢がある。

また、昔は産後のケアも十分ではなかったが、現代では産後の経過観察や母乳育児の指導など、産後のケアが充実している。

詳しくみる ⇒参照元: 出産の社会史 助産婦さんに聞くお産のいまむかし

麻酔なしの帝王切開:江戸時代の驚異的な医療技術

江戸時代に日本で初めて行われた帝王切開手術で、驚くべき点は?

麻酔なしで行われたこと

江戸時代後期の1852年に日本で初めて行われた帝王切開手術は、驚くべきことに麻酔なしで行われました。

現代では、帝王切開手術は全身麻酔ではなく半身麻酔で行われ、痛みはありませんが、開腹手術の感覚は感じられます。

しかし、麻酔なしで行われたこの手術のおかげで、現代の帝王切開術の道が開かれました。

詳しくみる ⇒参照元: 麻酔なしの帝王切開?産後7日間眠ってはいけない?壮絶な出産の...

縄文時代の土偶に込められた出産祈願

当時の女性は平均で何人の子どもを出産していたか?

4~5人

縄文時代、女性は平均して4~5人の子供を出産していました。

しかし、当時は乳幼児の死亡率が高く、人口は増加しませんでした。

特に、10代後半から20代の女性の死亡率が高かったことから、出産時の死亡も多かったと考えられています。

そのため、縄文人は安産を祈願して土偶を作っていたと考えられています。

詳しくみる ⇒参照元: 麻酔なしの帝王切開?産後7日間眠ってはいけない?壮絶な出産の...

平安時代の出産風景

当時の出産はどのように行われていたのか?

座産

平安時代の出産は「穢れ」とされ、産屋で白装束に身を包んで行われていた。

産婆が寄りかかって座って出産する「座産」が主流で、横になって出産することは許されなかった。

難産は物の怪の仕業と考えられていた。

詳しくみる ⇒参照元: 麻酔なしの帝王切開?産後7日間眠ってはいけない?壮絶な出産の...

江戸時代の出産

江戸時代に出産時、産婦はどのようにして痛みに耐えていたのか?

天井から吊るされた綱をつかんで

江戸時代、産婦は天井から吊るした綱をつかんで陣痛に耐えていた。

また、出産は産屋や納屋などの隔離された場所で、声を押し殺して行われていた。

産後は7日間眠ってはいけないという過酷な慣習もあった。

明治時代以降は、自宅で産婆の介助のもと出産するようになり、出産環境は改善されたが、現代の出産現場と比べると不安が残った。

詳しくみる ⇒参照元: 麻酔なしの帝王切開?産後7日間眠ってはいけない?壮絶な出産の...