Academic Box Logo

元ブラックエンペラー総長・宇梶剛士が語る暴走族時代の裏話

元ブラックエンペラー総長である俳優の宇梶剛士が、告白本「不良品」で、複雑な家庭環境から暴走族の総長に上り詰めた波乱万丈な青春時代を赤裸々に明かしている。

宇梶剛士の過去

宇梶剛士の過去とは?

暴走族の総長

俳優の宇梶剛士が告白本「不良品」で、過去に暴走族の総長だったことを明かした。

彼は複雑な家庭環境から中学1年で家を出て、野球の名門高校に進学したが、事件をきっかけに暴力に走り、2000人の構成員を持つ暴走族「ブラックエンペラー」の総長になった。

抗争の末に少年院に収監されたが、そこでチャップリンの自伝を読んで俳優を志すようになった。

詳しくみる ⇒参照元: 七代目 宇梶剛士総長

宇梶剛士の俳優人生で最も嬉しかったこと

宇梶剛士が俳優として一番嬉しかったことは?

『笑っていいとも!テレフォンショッキング』に出演したこと

俳優の宇梶剛士は、番組「人生最高レストラン」に出演し、俳優として一番嬉しかったことは「『笑っていいとも!

テレフォンショッキング』に出演したこと」と明かした。

しかし、出演した際には封印していた暴走族だった過去をタモリさんに暴露されてしまい、その後「宇梶最強伝説」が広まったという。

詳しくみる ⇒参照元: 宇梶剛士、「暴走族」の過去バラされた大物タレントを実名告白 ...