Academic Box Logo

梅毒とは!!?: 症状、原因、治療法、予防策を徹底解説

ライターのYUKOです。梅毒に関する情報をお届けします。

梅毒の段階的症状

梅毒の初期症状で痛みを伴わないのは?

硬性下疳

梅毒は感染部位にできる硬い潰瘍(硬性下疳)が特徴の第1期から始まり、第2期では発疹や発熱などの全身症状が現れます。

第3期は数年後に訪れ、皮膚や骨、内臓などのさまざまな組織にゴム腫と呼ばれる腫瘍ができるのが特徴です。

第4期はさらに進行した状態で、神経や心臓、脳に深刻な障害をもたらす可能性があります。

初期症状では硬性下疳が痛みを伴わないことが特徴的ですが、性器ヘルペスの潰瘍は通常痛みを伴います。

また、足の付け根のリンパ節が痛みなく腫れることもあります。

詳しくみる ⇒参照元: 梅毒とは?症状、検査、治療について

梅毒の初期症状

梅毒の初期段階では、感染に気付きにくいことが多いが、初期の症状で最も一般的なのは何か?

初期硬結

梅毒は感染してから約3週間の潜伏期間があり、感染部位に初期硬結と呼ばれる硬いイボのような皮疹ができる。

この初期硬結は痛みやかゆみなどの症状を伴わないことが多く、発症に気付かないケースが多い。

梅毒は初期段階では他の病気と間違われることも多く、脚の付け根のリンパ節が腫れることもある。

詳しくみる ⇒参照元: 梅毒について

梅毒の感染力と症状

無症状で梅毒に感染している可能性がある場合、どうすればよいですか?

検査を受ける

梅毒は感染初期に感染力が強く、潜伏期でも誰かに感染させる可能性があります。

症状は個人差があり、気になる場合は検査を受けることが重要です。

第III期梅毒では、症状が消失して数十年は無症状の状態が続きますが、約30%で再発し、無治療だと心血管や神経系に異常が現れます。

詳しくみる ⇒参照元: 梅毒について

梅毒の経過

梅毒感染後、リンパ節に影響がでる時期はいつですか?

感染後3カ月以降

梅毒の第1期では、男性では冠状溝や包皮などに症状が見られます。

その後、リンパ節に痛みのない腫れが生じます。

第2期では、病原体が全身に広がり、梅毒疹が現れます。

初期には、体幹などに淡紅色斑のバラ疹が現れ、数週間後に自然消失します。

詳しくみる ⇒参照元: 梅毒とはどんな病気?―早期発見・早期治療が大事!

先天梅毒の症状

先天梅毒の特徴的な症状は?

肝臓、脾臓の増大、発疹、発熱

先天梅毒は、母親から胎児または産道経由で感染する梅毒で、幼児の3分の2は無症状。

早期症状は肝臓や脾臓の腫れ、発疹、発熱、神経障害、肺炎。

放置すると、後期症状として鞍鼻変形や骨の変形が現れる。

詳しくみる ⇒参照元: 梅毒

梅毒感染の予防方法

梅毒感染を防ぐためには何をすべきですか?

コンドームを適切に使用し、性交渉後の異常時には受診する

梅毒は粘膜や皮膚が病変と接触することで感染します。

性器との直接的な接触だけでなく、オーラルセックスやアナルセックスでも感染する可能性があります。

コンドームは感染予防に役立ちますが、100%の予防効果はありません。

そのため、コンドームで覆われていない部分からも感染する可能性があります。

皮膚や粘膜に異常が見られた場合は、性交渉を控え、すぐに医療機関を受診することが重要です。

詳しくみる ⇒参照元: 梅毒に関するQ&A|厚生労働省

梅毒の進行と症状

第4期梅毒で現れる可能性のある深刻な症状は何か?

動脈りゅう、大動脈炎、進行まひ、脊髄ろう

梅毒は感染から経過によって、第1期から第4期に分けられる。

第4期では、血管や神経が侵され、深刻な症状が現れる可能性がある。

具体的な症状としては、動脈りゅう、大動脈炎、進行まひ、脊髄ろうなどが挙げられる。

進行まひは中枢神経系が侵され、記憶力の低下や性格の変化を引き起こし、脊髄ろうは脊髄が侵されて痛みや運動失調が起こる。

詳しくみる ⇒参照元: 急増する梅毒 原因や感染経路とは?症状・予防・治療法を徹底解...

梅毒の感染原因と症状

梅毒の感染原因は何ですか?

梅毒トレポネーマという細菌

梅毒は梅毒トレポネーマという細菌によって引き起こされる性感染症です。

性的な接触によって感染し、全身に様々な症状が現れます。

早期に適切な抗菌薬治療を受ければ完治しますが、治療を中断したり放置したりすると、脳や心臓に重篤な合併症を引き起こす可能性があります。

妊娠中に感染すると、流産や先天梅毒のリスクが高まります。

詳しくみる ⇒参照元: 梅毒に関するQ&A|厚生労働省

梅毒の経過と症状

梅毒感染後の経過の中で、他の病気と間違えられやすい時期は?

Ⅱ期

梅毒感染後の経過は3段階に分かれます。

Ⅰ期では感染部位に症状が出ますが、痛みはなく自然に軽快します。

Ⅱ期では全身に皮疹が出ますが、治療しないと数週間で消えます。

このⅡ期は症状が他の感染症に似ているため、適切な治療が遅れる可能性があります。

治療しないと、数年から数十年の後に晩期顕性梅毒となり、様々な臓器に障害が出る可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 梅毒患者が急増中!検査と治療であなた自身と大切な人、生まれて...