Academic Box Logo

免許写真で失敗しない!服装の色選びから持ち込み写真の条件まで徹底解説

免許写真の撮影を控えている方必見。服装の色選びや持ち込み写真の条件まで、失敗しないための徹底解説をお届けします。

証明写真撮影のガイドライン

医療上の理由で帽子を着用している場合は、どのような対応が認められているのか?

顔の輪郭が分かる範囲で、かつらや医療用の帽子の着用が認められています。

6か月以内に撮影した無帽の証明写真を提出する必要がある。

ただし、医療上の理由がある場合は、顔の輪郭が分かる範囲でかつら、ウィッグ、スカーフ、医療用の帽子を着用して撮影することが認められている。

この場合、写真の裏面には撮影日と氏名を記載する必要がある。

国外運転免許証の場合は、写真の大きさが異なるので注意が必要。

詳しくみる ⇒参照元: 適当な写真/大阪府警本部

免許証写真の服装

免許証の写真で避けたほうが良い服装は何?

ボーダー柄の服

免許証写真の撮影では、水色の服、顔を隠す服、肌の色と同化する服は認められません。

また、着ても問題ありませんが避けたほうが良い服装はボーダー柄の服、ダボダボの服、流行の服です。

ボーダー柄の服は太って見えてしまうため、特に太い縞は避けたほうが良いです。

また、ダボダボの服も太って見えやすく、流行の服は3~5年も経てば流行遅れになる可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 運転免許証写真で女性はどんな服装をすればいい?着るべき服の ...

運転免許証・運転経歴証明書の写真条件

運転免許証や運転経歴証明書に貼る写真のサイズは?

縦3.0cm、横2.4cm

運転免許証や運転経歴証明書に貼付する写真の条件として、申請前の6か月以内に撮影したもので、無帽の正面上三分身、無背景の写真が求められます。

裏面には氏名と撮影年月日を記入します。

サイズは縦3.0cm、横2.4cmで、宗教上または医療上の理由がある場合は特例が適用されます。

写真が必要な施設は、即日交付施設(運転免許センターや試験場)と、後日交付施設(警察署)に分けられます。

更新、再交付、運転経歴証明書(自主返納時以外)の申請では写真が必要ですが、再交付(紛失時など)や運転経歴証明書(自主返納時)の申請では不要です。

国外運転免許証の申請にも写真が必要です。

詳しくみる ⇒参照元: 免許用写真について

運転免許証の写真を自分で用意する方法

運転免許証に使う写真は自分で撮影したものを持ち込める?

可能

運転免許証の更新では、一般的には自身で撮影した写真を持参する必要はないが、免許センターで撮影すると印象に満足しない人が多い。

そこで、カメラのキタムラでは、条件を満たせばあらかじめ撮影した写真を持ち込むことができる。

写真館で規定通りに撮影した写真を持参するのが安心。

証明写真ボックスやアプリで撮影した写真も持ち込み可能。

詳しくみる ⇒参照元: 運転免許証の証明写真持ち込み条件とキレイに写るコツ・注意点