Academic Box Logo

保育園のおむつ入れ: 選び方と持ち帰り対策

こんにちは、ライターのYUKOです。保育園のおむつ入れの選び方と持ち帰り対策についてご紹介します。

おむつ持ち帰りルール撤廃の秘訣

おむつを持ち帰らないルールを撤廃するために何が行われたか

負担を数値化

自治体に処理費用を負担してもらうために、保育園が保護者や保育士の負担をデータとして表した。

おむつの重さを測定し、持ち帰りの荷物が多いことが明らかになった。

この数値化されたデータが、ルール撤廃の鍵となった。

詳しくみる ⇒参照元: 「使用済みおむつの持ち帰り」なぜ?保育園の'謎ルール'

使用済みおむつの持ち帰り

使用済みおむつの持ち帰りに保護者に課せられる主なデメリットは何か?

匂い

ある自治体では、使用済みおむつを保護者が持ち帰るルールがあり、保護者にとって主なデメリットは、特に夏場における車内の匂いの充満だった。

また、保育園の先生にとっても、おむつを管理し、個々の袋に入れる作業が増えるため、負担となっていた。

一方、保育園にとっては、産廃処理費用がかからないというメリットがあった。

詳しくみる ⇒参照元: 【2021年最新版】様々な保育園でのおむつ処理方法

布おむつの処理方法における保護者の負担

保育園における布おむつの処理方法で、保護者の負担が大きいとされる選択肢は何か?

持ち帰りまたは洗濯と乾燥

保育園によっては、汚れた布おむつの処理として、保護者に持ち帰ってもらうか、先生や保護者が洗濯と乾燥を行う方法を採用している。

しかし、これらは保護者にとって負担が大きいとされている。

紙おむつは快適だが、布おむつを使用することでおむつ外れが早まると考えられている。

ただし、布おむつの処理は保護者や先生に掃除や洗濯の負担を増やすことになる。

保護者は、布おむつを使用するかどうかを慎重に検討し、必要に応じて他の選択肢を模索することが推奨される。

詳しくみる ⇒参照元: 【2021年最新版】様々な保育園でのおむつ処理方法

保育園のオムツ持参方法

保育園にオムツを持参する場合、最も一般的な方法は?

ジップロック

保育園にオムツを持参する際、必要枚数だけ持っていく場合に最も一般的な方法はジップロックを使用することです。

ジップロックは空気を抜くとオムツの嵩が減るため、持ち運びに便利です。

他の方法として、レジ袋をそのまま使用する方もいます。

詳しくみる ⇒参照元: 保育園のオムツの持って行き方は?

保育園へのオムツの持ち運び方

保育園に大量のオムツを持っていく際、どのような方法で持っていくのが一般的か

袋ごと持っていく

保育園に一度に多くのオムツを持っていく場合、一般的な方法はオムツの袋ごと持っていくか、他の袋に入れ替えて持っていくことです。

保育園からオムツ袋で持ってくるよう指定される場合がありますが、そうでない場合は、紙袋やホームセンターのビニール袋、エコバッグなど他の袋に入れて持っていくママもいます。

保育園によっては、オムツの袋以外の袋の使用を指定していない場合もあります。

詳しくみる ⇒参照元: 保育園のオムツの持って行き方は?

保育園のオムツ補充術

オムツ袋を綺麗に補充するためのコツは?

開け方に注意する

オムツの袋を綺麗に補充するには、開け方に注意することが大切です。

パンツタイプの場合は、持ち手のところを残して開け、テープタイプの場合は、点線に沿ってそっと開けます。

開け口が綺麗になると、オムツの補充がスムーズに行えます。

詳しくみる ⇒参照元: 保育園のオムツの持って行き方は?

オムツ持ち帰りのうっかり対策

オムツの持ち帰りを忘れた場合の対応は?

保育園に連絡

保育園にオムツの持ち帰りを忘れた場合は、すぐに保育園に電話連絡し、袋を結んでおいてもらうようにお願いしましょう。

翌日のお迎え時まで保育園で保管してもらえるかを確認することも大切です。

保育園によっては、送り迎えの際に持ち帰り忘れのオムツを渡してくれる場合もあります。

詳しくみる ⇒参照元: 保育園のオムツの持って行き方は?

おむつ廃棄ルールの改善による保育園負担軽減

保育園側の負担軽減につながった取り組みの具体的な内容とは何ですか?

おむつの園内廃棄

保育園では、園児のおむつを毎日7~9回交換し、個別に袋詰めして持ち帰らせていた。

しかし、この「持ち帰りルール」が園側の負担となっていた。

そこで、おむつ交換の頻度やチェックにかかる時間などを数値化し、自治体に要望書を提出したところ、翌年にはおむつ処理費用の予算化が認められ、保育園での廃棄が可能となった。

この取り組みは、保育士の負担軽減だけでなく、保育の質の向上にもつながっている。

詳しくみる ⇒参照元: 「使用済みおむつの持ち帰り」なぜ?保育園の'謎ルール'

保育園の使用済みおむつ持ち帰り問題

保育園で子ども使用済みおむつを持ち帰るのはなぜ?

廃棄の費用負担軽減

保育園では、保護者が使用済みおむつを持ち帰る決まりがある。

これは、廃棄にかかる費用を軽減するためだ。

保護者の中には、おむつの臭いが気になる、持ち帰りが大変など、持ち帰りに不満を持つ人もいる。

詳しくみる ⇒参照元: 「使用済みおむつの持ち帰り」なぜ?保育園の'謎ルール'

保育園でのオムツ処分方法の決定

保育園でオムツを捨てる方法を決める際に考慮すべき事項は何ですか?

産業廃棄物処理費用

保育園でのオムツの処分方法は、保護者や保育園の先生にとっての手軽さと、産業廃棄物処理費用の負担を考慮して決定されます。

従来からのやり方に頼るのではなく、費用や環境への影響を検討することが重要です。

自治体や保育園ごとに異なる処分方法を定めており、保育園側が処理費用を負担することが一般的です。

詳しくみる ⇒参照元: 【2021年最新版】様々な保育園でのおむつ処理方法