Academic Box Logo

久保田和馬の軌跡:映画『舟を編む』から水野・卜研究室OBまで

久保田和馬氏の経歴を紹介します。信州大学卒業後は、大垣南高等学校出身の久保田氏は株式会社日立製作所に就職しました。

久保田和馬氏の経歴

大学を卒業後、久保田氏はどのような職に就きましたか?

株式会社日立製作所

信州大学を卒業した久保田和馬氏は、修士論文で鉄道用高周波トランスの銅損低減に関する研究に取り組みました。

卒業後は、大垣南高等学校出身である久保田氏は、株式会社日立製作所に就職しました。

詳しくみる ⇒参照元: 水野・卜研究室 2020年度OB

『大渡海』の重要なシーン

映画『大渡海』で、重要なシーンとなるのはどのような場面か

アパートでのプロポーズ

映画『大渡海』の中盤、辞書編集部を去ることになった西岡が、アパートで酔って恋人にプロポーズするシーンが重要である。

このシーンは、西岡の岐路、馬締と香具矢の恋の進展、辞書編集部の不確実性を示し、同時に、映画が尊ぶ“時間”を象徴している。

アパートと辞書編集部という対照的な場所が交錯するこの場面は、大きな場面転換の瞬間となる。

詳しくみる ⇒参照元: 映画『舟を編む』が特別な実写化作品である理由 スクリーンに刻...

辞書と映画の類似性

辞書と映画の性質の類似点は何か?

記録性

辞書は、言葉の生きた証を記録した書物であり、視覚的に光景を記録する映画と同様に、他者と共有し後世に残すことができる。

三浦しをんの原作小説と映画版では、登場人物それぞれの視点から辞書編集の過程と人間模様が描かれ、各々の物語が尊重され、辞書編集にかける心情やモチベーションが巧みに組み立てられている。

詳しくみる ⇒参照元: 映画『舟を編む』が特別な実写化作品である理由 スクリーンに刻...

「大渡海」の校閲作業の進捗状況

中型辞書「大渡海」の校閲作業は現在も進行中ですか?

はい

「大渡海」の校閲作業は15年余り費やされており、現在も進行中です。

映画公開の頃に一から辞書作りが開始されたとしても、まだ途方もない校閲作業の最中と思われます。

言葉の変化に対応して要例採集と見出し語の検討が継続的に行われています。

詳しくみる ⇒参照元: 映画『舟を編む』が特別な実写化作品である理由 スクリーンに刻...

言葉の変遷

言葉はどのように変化していくのか

時間の経過、文化の影響、使用者の変化で

傑作映画『舟を編む』公開から10年。

監督や出演者は活躍を続け、共演者は他界。

時の流れが作品にも影響を与え、言葉は生かされ、殺され、進化する。

言葉はアクセントや意味の変化、文化的背景や使用者の影響で変化し、生き物のように常に変容している。

詳しくみる ⇒参照元: 映画『舟を編む』が特別な実写化作品である理由 スクリーンに刻...