Academic Box Logo

ダイハツ・シャレード:モデルヒストリーからデトマソ・ターボまで徹底解説...

1993年発売のダイハツ・シャレードは、環境性能と安全性能の向上を追求した“ベストスモール”として開発されました。

4代目シャレード:ベストスモール追求の進化

1993年発売のシャレードに採用された、当時他モデルより優れていた安全装備は何か?

サイドインパクトビーム、ABS、LSD

1993年発売の4代目シャレードは、環境性能や安全性能の向上を目指して開発された“ベストスモール”です。

基本コンセプトを踏襲しつつ、1.3Lエンジンと延長されたホイールベースを採用。

四輪独立懸架を再設計し、コーナリング性能と乗り心地が向上しました。

安全装備も進化し、サイドインパクトビーム、ABS、LSDを装備し、当時の同クラス他モデルと比較してもトップクラスの安全性を誇っていました。

同年8月には1.5Lモデルもリリースされています。

詳しくみる ⇒参照元: シャレード/Charade|ダイハツ・モデルヒストリー詳細

シャレード1987年モデルの進化

シャレードが1987年モデルで大きく変化した点は?

若者向けコンパクトクオリティカーになった

シャレード1987年モデルは、広くて快適な経済車から、若者向けでスタイリッシュなコンパクトクオリティカーにコンセプト変更。

室内空間の拡大、質感向上、四輪独立懸架の採用など、前モデルから大幅に改善。

最上級グレード「GTti」には、105馬力を発揮する1L3気筒ツインカム12バルブターボエンジンを搭載し、走りの面でも実用コンパクトカーの枠を超えたモデルとして人気を博した。

詳しくみる ⇒参照元: シャレード/Charade|ダイハツ・モデルヒストリー詳細

ディーゼルエンジンの経済性:シャレード・ディーゼルがもたらす驚異の燃費

ディーゼルエンジンの最も重要な特徴は?

経済性

ディーゼルエンジンは経済性に優れており、シャレード・ディーゼルでは、高速道路で34.32km/L、一般国道で25.25km/L、平均27.65km/Lという驚異的な燃費を記録しています。

この経済性は、ガスチャージを忘れるほどであり、満タンでも数千円で済むことから、最高速度200km/hで走る車と同等以上の痛快さを提供します。

詳しくみる ⇒参照元: ダイハツ シャレード DE-TX 試乗 1983年当時、異次...

新型車の進化点

新型車は、先代のアクアと比べて燃費は向上しているか?

はい

新型車は高速道燃費34.32km/L、一般道燃費25.23km/Lと、先代のアクアを凌ぐ経済性を誇ります。

また、ボディサイズの拡大により居住空間も最大級に広がりました。

ハンドリング性能も向上し、スポーティさも味わえます。

詳しくみる ⇒参照元: ダイハツ シャレード DE-TX 試乗 1983年当時、異次...

リッターカーのエンジン

初代リッターカーのエンジンの特徴は?

コンパクトで高効率な3気筒

初代リッターカーのエンジンは、コンパクトで高効率な3気筒エンジンを採用していた。

このうち、CL-10型3気筒993ccディーゼルエンジンは、世界初の最小の1リッターディーゼルエンジンとして、「ディーゼル車No.1の燃費」である37.1km/リットルを達成していた。

また、ガソリンエンジンには、電子制御キャブレター(EFC)を採用したエンジンが設定されており、10モード燃費で22km/リットルを達成していた。

詳しくみる ⇒参照元: イタリアの風を感じさせた2代目・ダイハツ シャレード【懐かし...

2代目モデルの特徴

ドルフィントップの特徴は?

ヘッドクリアランスに余裕がある

1983年登場の2代目モデルでは、3ドアの「ドルフィントップ」が特徴的だった。

標準ルーフよりヘッドクリアランスが35mm広く、全高は初代より75mm高い1435mmだった。

スタイリッシュなだけでなく、実用性も兼ね備えたルーフデザインだった。

詳しくみる ⇒参照元: イタリアの風を感じさせた2代目・ダイハツ シャレード【懐かし...