Academic Box Logo

セウォル号沈没事故の真実 - 窓を叩く生徒たち、放置された救助 - 海洋警察の過失と遺族の悲しみ

ライターのYUKOです。

詩人の沈黙と寄り添う力

詩人がイェウンのために肉声で詩を書いたのは、彼女の何歳の誕生日ですか?

20歳

詩人は、痛みを伴う長い沈黙の後に、イェウンの20歳の誕生日に肉声で詩を捧げました。

この詩は、真実と霊魂の軽さ、そして絶望する人々の隣に誠実に寄り添うことの重要性を表現しています。

詩人の沈黙は、苦しみと寄り添うことの力を認識したことを物語っています。

詳しくみる ⇒参照元: 梨泰院の事故、セウォル号沈没事故……かなしみをいやす言葉の力...

沈没事故の救助対応に疑問

海洋警察は、救助活動において適切な対応をとっていたか?

いいえ

救助動画の分析と目撃者の証言によると、海洋警察は沈没船の船員や生徒を救助する際に、船内進入を怠り、積極的に救助活動を行っていなかったことが明らかになりました。

彼らは、救命艇に乗せた船員や外にいた搭乗者の救助に留まり、船内の生徒を救出しませんでした。

詳しくみる ⇒参照元: 『旅客船沈没 大惨事』 「割れた窓から乗客を見ていながら放置...

セウォル号事故の経緯

乗客に避難を促すアナウンスはいつ放送されたか?

午前10時14分頃

4月16日午前8時50分頃に事故が発生し、船が左に傾き始めました。

午前8時58分頃、木浦海洋警察が遭難信号を受信し、午前9時30分頃、警備艇が事故現場に到着しました。

午前9時38分頃、船員らが操舵室から脱出し、午前9時50分頃、警備艇が船長ら船員10人と乗客の合計80人を救助しました。

午前10時14分頃、乗客に海に飛び込むことを促すアナウンスが放送され、午前11時過ぎにセウォル号は沈没しました。

詳しくみる ⇒参照元: 韓国客船沈没事故から1週間 事故の経緯まとめ(THE PAG...

セウォル号惨事:海洋警察の撮影映像公開

セウォル号惨事の発生当時、最初に駆け付けた海洋警察の映像は誰によって撮影されたか?

海洋警察123艇の職員

セウォル号惨事が発生した当時、最初に現場に駆け付けた海洋警察123艇の職員が携帯電話で映像を撮影していたことが明らかになった。

この映像は、午前9時28分58秒から11時17分59秒までの海洋警察の活動の様子を記録しており、合計9分45秒にわたる。

また、同日午前10時17分に船室から地上に送信された最後のカカオトークメッセージが確認された。

詳しくみる ⇒参照元: 『旅客船沈没 大惨事』 「割れた窓から乗客を見ていながら放置...

客船沈没事故:救助活動難航、死者100名超

事故を引き起こした大きな要因はなんですか?

天候の悪化と強い潮流

韓国南西部の珍島沖で起きた客船セウォル号の沈没事故は、乗員乗客476人のうち105人が死亡、197人が安否不明という大惨事となっています。

事故の原因究明が進む中、救助活動は悪天候や強い潮流で難航し、潜水士による船内への進入もできていません。

韓国政府は海上クレーンを派遣していますが、到着は18日以降になる見通しです。

詳しくみる ⇒参照元: 韓国客船沈没事故から1週間 事故の経緯まとめ(THE PAG...

詩の癒しの力

詩人が詩に期待していることは何ですか?

自分の内面と向き合うこと

詩は、怒りや悲しみなどの強い感情を表現し、それによって自分自身を理解し、癒すのに役立つと信じられています。

詩人は、詩が遺族の悲しみを癒すのに役立つと期待しています。

また、詩が自分自身と向き合い、自分の内面を理解するのに役立つとも考えています。

詳しくみる ⇒参照元: 梨泰院の事故、セウォル号沈没事故……かなしみをいやす言葉の力...

海洋警察の救助対応に刑事責任追及へ

海洋警察は事故発生後、乗客の救助に何らかの措置を講じていたか?

いいえ

木浦海洋警察の警備艇123艇は事故発生から47分後に現場に到着したが、割れた窓から救助を求める乗客がいるのを見ていても、船内への直接的な進入や救助活動は行わなかった。

検察は、海洋警察が積極的に救助義務を果たせなかったとして、業務上過失致死容疑の適用を検討している。

詳しくみる ⇒参照元: 『旅客船沈没 大惨事』 「割れた窓から乗客を見ていながら放置...