Academic Box Logo

ストーカー対策を徹底解説!!被害を未然に防ぐための方法と対処法

ストーカー被害に遭わないための徹底対策。未然に被害を防ぐ方法と対処法をご紹介します。ストーキングとは、特定の人物に対して、その人の意思に反して執拗かつ継続的に接近・接触・監視する行為です。

ストーキング行為とは何か

相手が拒否されていることを理解せずに面会や交際を求めてくる行動を何と言う?

ストーキング

ストーキングとは、特定の個人に対して、その人の意思に反して執拗かつ継続的に接近・接触・監視する行為です。

つきまとい、待ち伏せ、見張り、押しかけ、うろつき、面会や交際などの要求、無言電話、連続した電話やメッセージ、名誉を傷つける行為、位置情報の取得、監視していると伝える行為、粗野な言動、汚物などの送付、性的羞恥心を害する行為、GPS機器の取り付けなどがストーキングに含まれます。

ストーキングは被害者に深刻な精神的苦痛や恐怖感を与え、日常生活に支障をきたす可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: ストーカー被害を未然に防ぐことを目的とした警察庁の情報発信 ...

つきまとい等の対象者範囲

つきまとい等で対象となる者の範囲にはどのような者が含まれますか?

配偶者、直系若しくは同居の親族、社会生活において密接な関係を有する者

つきまとい等とは、特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情や怨恨の感情を満たす目的で行われる行為で、対象となる者は、特定の者だけでなく、その配偶者や親族、社会生活で密接な関係を持つ者も含まれます。

具体的には、次の行為が該当します。

- つきまとい、待ち伏せ、押しかけ- うろつき監視していると告げる- 面会、交際等の要求- 著しく粗野又は乱暴な言動- 無言電話、連続した電話・メール・SNSのメッセージ等- 汚物などの送付- 名誉を傷つける行為- 性的しゅう恥心の侵害。

詳しくみる ⇒参照元: ストーカー行為等の規制等に関する法律

ストーカー対策

ストーカーが誰かわからないとき、どうすればいいですか?

警察に相談する。

もしストーカーが誰かわからない場合は、強い不安を感じることになり、危険です。

すぐに警察に相談することが重要です。

ストーカーは交際中にあなたの行動を細かく知りたがり、自分の思い通りにならないと怒ったり、暴力や乱暴な言葉を使ったりすることがあります。

交際を断った後や離婚後も、電話やメールをしたり、一方的に会いに来たり、あなたの周りの人に連絡したりする場合があります。

また、ストーカーは過去にも他の人に対してストーカー行為をしていた可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: ストーカー被害を未然に防ぐことを目的とした警察庁の情報発信 ...

ストーカー規制法によるストーカー行為の禁止

ストーカー行為の繰り返しを禁止する処置は何?

警告

ストーカー行為等の規制等に関する法律は、ストーカー行為を処罰し、被害者への援助措置を定める法律です。

この法律では、つきまといなどの行為が繰り返されるのを防ぐために、加害者に対して「つきまとい等を行わないように」と警告することができます。

この警告は、被害者が警察に申し出をした場合に行われます。

警告を受けた加害者が再びつきまとい等を行った場合は、処罰の対象となります。

詳しくみる ⇒参照元: ストーカー行為等の規制等に関する法律

ストーカー規制法の処罰対象行為

ストーカー規制法で処罰される行為とは?

待ち伏せ、押し掛け、うろつき、誹謗中傷の書き込み、連続した連絡

ストーカー規制法では、自宅や職場での待ち伏せ、押し掛け、うろつき、インターネット掲示板での誹謗中傷の書き込み、拒否されたにもかかわらず連続して電話やメールを送信する行為などが処罰の対象となります。

これらの行為は、つきまとい等を繰り返す「ストーカー行為」に該当します。

詳しくみる ⇒参照元: ストーカー被害にあわないために

ストーカー行為の原因と実態

ストーカー行為の最も一般的な動機は何ですか?

恋愛感情その他の好意

ストーカー行為の6割以上は、恋愛感情または好意に基づくものです。

精神障害が原因のケースはわずか0.5%です。

被害者の9割は女性で、20代、30代の被害者が最も多く、加害者との関係性は交際相手や元交際相手が半数以上を占めます。

面識のない加害者からの被害は5%と少数です。

詳しくみる ⇒参照元: ストーカー