Academic Box Logo

オウム真理教死刑執行の衝撃:死刑執行から5年後のアレフの動向

オウム真理教死刑執行の衝撃:死刑執行から5年後のアレフの動向。

オウム真理教死刑囚刑執行完了

オウム真理教による地下鉄サリン事件に関連する人物の刑執行はいつ終了したのか?

平成30年7月26日

オウム真理教による坂本弁護士一家殺害事件や松本サリン事件など多くの事件で有罪となった13人の死刑囚全員の刑執行が完了しました。

首謀者の松本智津夫元死刑囚を含む7人は平成30年7月6日に刑が執行され、残る6人は7月26日に執行されました。

この刑執行により、オウム真理教に対する強制捜査から23年余りが経って死刑囚全員に刑が執行されたことになります。

詳しくみる ⇒参照元: オウム真理教事件 死刑執行|NHK NEWS WEB

井上元死刑囚のメッセージ:カルト被害からの脱却

地下鉄サリン事件の生存者は、カルトの被害者にどんなメッセージを送ったか?

自分の目で見て考えて、本当の自分を取り戻す

2007年に設立された「守る会」は、母校の高校で宗教を教えていた教師らで結成された。

平野住職は卒業生としてメンバーに加わり、井上元死刑囚と手紙や面会を続け、死刑執行前まで15回の通信を発行した。

井上元死刑囚は、カルト宗教の恐ろしさを伝える「生き証人」として、二度と同じ苦しみをさせたくないとの思いを訴え続けた。

20年後の2015年3月22日、長文を寄せ、信じる救いを押し付けるべきではないと述べた。

また、最後の手紙では、宗教を理解していなかった未熟さからオウム神仙の会に入会したことを認め、カルト被害に悩む人に、自分の目で見て考えて、本当の自分を取り戻すように呼びかけた。

詳しくみる ⇒参照元: オウム事件・井上嘉浩元死刑囚が告白していた「過ち」と

カルト被害根絶へ奔走するオウム元幹部同級生

かつてオウム真理教の元幹部だった男性の同級生が活動している団体とは?

カルト被害のない社会を目指す市民団体

オウム真理教事件の元死刑囚である井上嘉浩氏と高校時代同級だった山口てつじ氏は、カルト被害のない社会を目指す市民団体で活動している。

山口氏は、井上氏を止められなかった自責の念から活動している。

オウム真理教事件は依然として解決しておらず、現在でも旧統一教会の問題など形を変えてカルト被害が残っている。

詳しくみる ⇒参照元: オウム事件・井上嘉浩元死刑囚が告白していた「過ち」と

オウム元教祖の遺骨、次女への引き渡し命令

次女が遺骨を引き渡されることで生じる懸念は何か?

オウム真理教の後継団体への利用

東京地裁は、オウム真理教の元教祖・麻原彰晃元死刑囚の遺骨と遺髪を次女に引き渡すよう国に命じた。

この判決は、遺骨などを巡る家族間の争いが最高裁で次女の継承が確定したことを受けて下された。

国側は、遺骨などが次女に引き渡されれば、オウム真理教の後継団体に利用される可能性があり、公共の安全や社会秩序を害するとして引き渡しを拒否していた。

しかし、判決では、次女に引き渡された遺骨と遺髪が後継団体に渡る可能性があるとする国側の主張は抽象的であると指摘。

次女が元死刑囚の死を悼むために遺骨などの引き渡しを求めるのは正当な権利行使であり、権利の乱用にはあたらないと判断された。

詳しくみる ⇒参照元: オウム真理教・麻原彰晃元死刑囚の遺骨と遺髪、次女への引き渡し...

オウム真理教の最初の無差別殺人

オウム真理教による最初の無差別殺人は何だったか?

松本サリン事件

1994年、オウム真理教は松本市でサリンを散布し、8人が死亡、140人以上が負傷する「松本サリン事件」を起こした。

この事件はオウム真理教による最初の無差別殺人で、教団の武装化が表面化した。

その後、オウム真理教は東京で地下鉄サリン事件を起こし、13人が死亡、6300人以上が負傷する未曾有のテロ事件となった。

この事件をきっかけに、警察による強制捜査が行われ、教団幹部らが逮捕された。

オウム真理教関連事件の裁判は2018年に全員が終結し、死刑判決が下された教団幹部は13人となった。

教団は分裂後も「アレフ」などの名称で活動しており、勧誘が活発に行われている。

詳しくみる ⇒参照元: オウム真理教事件 死刑執行|NHK NEWS WEB

オウム真理教と井上元死刑囚

16歳で入信した宗教団体はどこ?

オウム真理教

井上元死刑囚は、16歳でオウム真理教に入信し、麻原彰晃に心酔していた。

高校時代から授業中に座禅を組み、殺生を避けてお弁当を野菜のみにし、恋愛話にも興味を示さなくなった。

二審で死刑が確定し、再審請求の手続きが進む中、2018年7月に死刑が執行された。

詳しくみる ⇒参照元: オウム事件・井上嘉浩元死刑囚が告白していた「過ち」と

オウム真理教:死刑執行5年、勢力維持も若い世代の入信が顕著に

オウム真理教は事件後も勢力を保っている?

はい

オウム真理教は地下鉄サリン事件後も勢力を維持し、公安当局は元死刑囚への帰依を深めていると監視を強化。

また、近年は事件後に生まれた若い世代の入信も目立つ。

被害者遺族は事件の風化を防ぐ必要性を訴えている。

詳しくみる ⇒参照元: オウム幹部死刑から5年、アレフは今も「麻原絶対」…際立つ若者...