Academic Box Logo

オウム真理教事件:未解決の謎 - 指名手配犯たちの足取りと事件の真相

ライターのYUKOです。オウム真理教事件の未解決の謎について、指名手配犯の足取りと事件の真相を探ります。

平田の全国指名手配

全国指名手配されていた平田が追加された事件は何?

公証人役場事務長逮捕監禁致死事件

平田は島田裕巳宅爆弾事件で爆発物取締罰則違反で指名手配され、後に公証人役場事務長逮捕監禁致死事件で逮捕監禁致死罪も指名手配容疑に追加された。

さらに、地下鉄サリン事件に関わった高橋克也・菊地直子らとともに「オウム真理教特別手配被疑者」に指定され、全国規模で捜査対象となったが、逃亡生活は長期にわたった。

詳しくみる ⇒参照元: 平田信

オウム真理教逃亡犯の謎:17年間の潜伏生活

なぜ高橋克也は17年間も逃亡生活を続けることができたのか?

住民票盗用による別人装いと大金稼ぎ

地下鉄サリン事件などのオウム真理教の事件で実行犯となった高橋克也は、指名手配を逃れるため他人の住民票を盗んで別人になりすまし、大金を稼ぎながら逃亡生活を送っていた。

17年間の逃亡を可能にしたのは、住民票盗用による偽の身元と、大金を稼いだことで逃亡費用を賄えたことだった。

しかし、彼の特徴的な歩き方が逮捕のきっかけとなり、逃亡生活は終焉を迎えた。

詳しくみる ⇒参照元: オウム最後の指名手配犯・高橋克也、『仰天』が17年の逃亡生活...

オウム真理教事件:菊地元信者の最高裁判決が確定

菊地元信者の裁判で確定した罪状は?

殺人未遂ほう助

菊地元信者は、1995年の東京都庁郵便物爆発事件で爆薬の原料をオウム真理教の元幹部らのもとに運んだ罪で起訴され、裁判で殺人未遂ほう助の罪で有罪判決を受けていた。

今回の最高裁判決により、この判決が確定した。

これにより、オウム真理教による一連の事件で裁判が続いているのは、地下鉄サリン事件などで無期懲役を言い渡されている高橋克也被告のみとなった。

詳しくみる ⇒参照元: 菊地直子被告の逆転無罪、確定へ オウム真理教の都庁郵便物爆発...

17年逃亡の平田容疑者、出頭理由

17年近く行方をくらましていた平田が出頭した理由は?

東日本大震災がきっかけ

2011年12月31日、逮捕監禁致死の容疑で指名手配されていた平田が警視庁に出頭した。

平田は事件から17年近く逃亡生活を送っていたが、東日本大震災をきっかけに自分の立場を考え直し、出頭を決意したと供述している。

震災で「おれ、何をやっているんだろう」と逃亡生活に虚しさを感じ、出頭を決断したという。

詳しくみる ⇒参照元: 平田信

オウム真理教への入信

オウム真理教に入信したきっかけは何ですか?

麻原彰晃の著作を読んだこと

高橋は麻原彰晃の著作『超能力「秘密の開発法」』に興味を持ち、1987年にオウム神仙の会に入信した。

その後、全財産を布施して出家し、教団幹部の運転手、諜報省で井上嘉浩の補佐役を務めた。

地下鉄サリン事件では豊田亨の送迎役、公証人役場事務長逮捕監禁致死事件では拉致と遺体焼却の実行犯として特別指名手配された。

逃亡中は住民票を悪用して生活していたが、2012年に逮捕された。

詳しくみる ⇒参照元: 高橋克也 (オウム真理教)

オウム真理教「走る爆弾娘」菊地元信者の素顔

菊地元信者が「走る爆弾娘」と呼ばれるようになった理由は?

都庁郵便物爆発事件への関与

菊地元信者はオウム真理教の元信者で、地下鉄サリン事件などの容疑で指名手配されていた。

彼女は潜伏中に「走る爆弾娘」と呼ばれていたが、これは都庁郵便物爆発事件への関与が疑われたためである。

菊地元信者は約17年間にわたって逃亡を続け、2012年に身柄を確保された。

彼女は地下鉄サリン事件への関与を否認し、社会でそれを否定することさえ許されない状況に憤りを表明していた。

詳しくみる ⇒参照元: 菊地直子被告の逆転無罪、確定へ オウム真理教の都庁郵便物爆発...

平田を匿った元教団看護師

逃亡中の平田を匿っていた人物はどのような人物だったのか

元教団看護師

逃亡中の平田を匿っていたのは、14年以上にわたって大阪で一緒に生活していた、3歳年上の元女性信者だった。

彼女は福島県出身で、1980年代に看護師の資格を取得し、その後オウム真理教に入信していた。

地下鉄サリン事件後に行方不明となり、平田の誘いで逃亡生活に入り、その後大阪で整骨院に勤務しながら平田の生活を支えていた。

2012年に犯人蔵匿罪で実刑判決を受けている。

詳しくみる ⇒参照元: 平田信

平田の出頭とオウム裁判の関係

平田の警察出頭はオウム真理教事件の裁判に影響を与えたか?

いいえ

平田が警察に出頭した2011年12月31日は、オウム真理教事件の裁判が終了した直後であり、麻原ら主要メンバーの死刑が差し迫っていた。

そのため、平田の出頭は裁判の再開と死刑執行の中止を狙った可能性が推測された。

しかし、平田の起訴容疑には殺人罪が含まれておらず、逃亡犯の高橋とは異なっていたため、裁判に直接的な影響はなかった。

詳しくみる ⇒参照元: 平田信

オウム真理教最後の指名手配犯の謎

高橋克也の逮捕につながった要因は?

歩き方の特徴

オウム真理教の最後の指名手配犯である高橋克也は、住民票を盗んで別人になりすまし、17年間逃亡生活を送っていた。

しかし、彼の独特な歩き方が逮捕のきっかけとなった。

逃亡中は大金を稼いでいたとされるが、その詳細は不明のままである。

詳しくみる ⇒参照元: オウム最後の指名手配犯・高橋克也、『仰天』が17年の逃亡生活...

オウム真理教での任務

オウム真理教で、どのような任務に就いていたのか

警護、軍事訓練

この人物は、オウム真理教で教祖の身辺警護や「白い愛の戦士」として活動し、ロシアでの軍事訓練ツアーに参加して射撃訓練を受けていた。

さらに、公証人役場事務長逮捕監禁致死事件では逃走車両を運転し、島田裕巳宅爆弾事件、東京総本部火炎瓶事件にも関与したとされている。

詳しくみる ⇒参照元: 平田信