Academic Box Logo

オウム真理教とは?信者たちの軌跡と事件の真相

オウム真理教は、松本智津夫(麻原彰晃)によって設立された新宗教団体で、地下鉄サリン事件など数々のテロ事件を起こしました。

オウム真理教逃亡犯逮捕までの道のり

オウム真理教のメンバーの逃亡犯の逮捕はなぜ17年以上もかかったのか?

強制捜査から17年以上かかった

オウム真理教は、1984年に松本智津夫(麻原彰晃)によって設立された新宗教団体で、数々のテロ事件を起こしました。

1995年の地下鉄サリン事件の後、警察による強制捜査が行われ、多くの幹部が逮捕されました。

しかし、一部の信者は逃亡を続けました。

2011年に平田信受刑者が出頭し、その半年後に別の女性の元信者が逮捕されました。

さらに、その12日後には高橋克也受刑者が逮捕され、警察の強制捜査から17年以上かかって一連の事件の捜査が完了しました。

逃亡犯の逮捕が長引いた理由は、信者たちの献身的な支援や、逃亡者の生活を支えるために元信者たちが協力していたことなどが考えられます。

また、捜査当局の捜査ミスや、逃亡犯たちの巧妙な変装や偽装工作も、逮捕を遅らせた要因となった可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: オウム真理教事件 死刑執行|NHK NEWS WEB

オウム真理教の現在と今後の課題

オウム真理教の現在における主要な活動とその対象者は何ですか?

青年層(30歳代以下)への勧誘

オウム真理教は現在、「Aleph」と「ひかりの輪」という2つの主要派閥に分かれて活動しています。

特に「Aleph」は、教団に関する知識の少ない30歳以下の青年層を積極的に勧誘しています。

この勧誘は、ヨーガ教室などを通じて一般人と接点を持ち、人間関係を築いた後に教団への入会を促しています。

詳しくみる ⇒参照元: オウム真理教の危険性

オウム真理教:残虐性の爪痕

オウム真理教事件の最も残虐な行為は何でしたか?

サリンを用いた無差別大量殺人事件

オウム真理教は、最初はヨガサークルとして始まり、やがて宗教法人となったが、敵対者を殺害するテロ集団へと変貌した。

組織的に起こした事件の中には、松本サリン事件と地下鉄サリン事件が含まれ、これらは毒ガス・サリンを使用した無差別大量殺人事件で、犯罪史上例のない残虐さだった。

これらの事件は、日本の治安に対する国民の信頼を揺るがし、被害者の後遺症は現在も残っており、オウム真理教信者の居住する地域では不安感が根強く残っている。

詳しくみる ⇒参照元: 未曾有のテロ オウム真理教 反社会的な本質とその実態(警察庁...

オウム真理教の流れを汲む団体に対する観察処分更新

公安調査庁が観察処分を更新した団体は何ですか?

オウム真理教の流れを汲む団体

オウム真理教による地下鉄サリン事件など13の事件で死刑が確定した13人が執行された後も、主流派の「Aleph(アレフ)」と上祐派の「ひかりの輪」が活動している。

公安審査委員会は、両派に対し、無差別大量殺人行為を行う危険性があるとして、公安調査庁長官による観察処分を3年間更新した。

これは、無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律に基づく処分である。

詳しくみる ⇒参照元: オウム真理教について/茨城県警察

オウム真理教死刑囚全員の刑執行終了

オウム真理教事件で死刑が確定した人数は?

13人

オウム真理教による数々の事件で29人が死亡し、およそ6500人が被害に遭った。

強制捜査では192人が起訴され、首謀者とされた松本元死刑囚ら13人の死刑が確定。

地下鉄サリン事件などに関わった高橋克也受刑者の上告が退けられたことで刑事裁判が終結し、死刑囚が全員に刑が執行された。

詳しくみる ⇒参照元: オウム真理教事件 死刑執行|NHK NEWS WEB

宗教団体の拠点施設と信者数

教団の全国的な拠点施設数はいくつですか?

30か所

この宗教団体は全国15都道府県に30の拠点施設を持ち、信者数は約1650人で、出家信者と在家信者がいます。

このグループは、ヨーガや占いに興味のある若者をターゲットにして、ヨーガ教室やSNSを通じて新規信者を獲得しています。

また、説法会や聖地巡礼などのイベントを開催し、信者数を増やしています。

詳しくみる ⇒参照元: オウム真理教について/茨城県警察

オウム真理教による凶悪事件

地下鉄サリン事件が起きたのはいつですか?

平成7年3月20日

オウム真理教は武装化を図り、サリン事件など多くの凶悪事件を起こしました。

中でも、地下鉄サリン事件は平成7年3月20日に発生し、多くの死傷者が出ました。

教団は現在も松本サリン事件を起こした教祖の教義を基盤としており、警察は関係機関と連携して教団の実態解明と違法行為の取り締まりに取り組んでいます。

詳しくみる ⇒参照元: オウム真理教について/茨城県警察

オウム真理教から保護された子供たちの衝撃

オウム真理教から保護された子供たちはどのような状態だったか?

無表情で怯えていた

1995年4月、オウム真理教の施設から53人の子どもが児童相談所に保護された。

子どもたちはヘッドギアを着用し、肌は白く、服は汚れていた。

無表情で怯え、職員に「ここは現世?

」と尋ねた。

松本智津夫元死刑囚を理想化し、職員には敵対心を示した。

頭部を触られるのを嫌がり、面接に誘うと法律に基づく根拠を求めた。

プレールームの黒板には「オウムにかえせ」と書かれていた。

詳しくみる ⇒参照元: 親の名前「忘れた」「ここは現世?」オウムの子、修行で家族断絶