Academic Box Logo

オウム手配犯の心理:17年間の逃亡生活と罪の意識

ライターのYUKOです。オウム真理教手配犯の17年間の逃亡生活と罪の意識について書きます。

平田容疑者が出頭

平田が出頭したのは、どのような事件に関与していた疑いでか?

公証役場事務長拉致監禁致死事件と宗教学者宅爆破事件

平田は、目黒公証役場事務長拉致監禁致死事件と宗教学者宅爆破事件の2件の事件に関与していた疑いで出頭した。

目黒公証役場事務長拉致監禁致死事件は、仮谷清志さんが拉致され監禁の末に死亡した事件で、宗教学者宅爆破事件は、島田裕巳さんの自宅に爆弾が仕掛けられた事件である。

被害者の遺族は、平田が出頭したことに驚きと安堵の気持ちを表した。

詳しくみる ⇒参照元: 「オウム平田信」6000日の逃亡劇 「警視庁追跡班」の「極秘...

オウム真理教事件の死刑判決

一連のオウム真理教による事件では、組織として何人に対して死刑が言い渡されたか?

13人

オウム真理教による一連の事件で、松本智津夫死刑囚率いる組織として戦後最多の13人が死刑を言い渡された。

これらの事件は16年にも及ぶ裁判を経て判決が下され、坂本弁護士一家殺害など13の事件で松本死刑囚は殺人や殺人未遂の首謀者として死刑が確定した。

しかし、事件には多くの謎や課題が残されており、今年に入って特別手配中の平田信元幹部が出頭したことで再び注目を集めている。

詳しくみる ⇒参照元: 番組概要|file.02 オウム真理教|NHK 未解決事件

逃亡犯逮捕のきっかけとなった理事官の呼びかけ

逃亡犯を逮捕するきっかけとなった出来事は?

フジテレビの特別番組での理事官の呼びかけ

2012年に、捜査一課の理事官がフジテレビの特別番組で逃亡犯の高橋克也に対して「出てこい!

」と呼びかけた。

この呼びかけがきっかけで、高橋が川崎市内に潜伏しているという情報がもたらされ、逮捕に至った。

理事官の呼びかけには、逃亡犯を追い詰める勢いが込められていた。

詳しくみる ⇒参照元: 「あのお巡りさんに手柄を」全国警察が17年間追いかけた「オウ...

平田の父親の死因

オウム真理教に入信した平田の父親の死因は?

病死

北海道の帯広市でテレビ画面を見つめていた志村健二氏は、オウム真理教に入信した平田の叔父です。

平田の父親は数年前の病気で亡くなり、母親は昨年脳梗塞で他界しました。

志村氏は、姉(平田の母)は息子(平田)の死を望んでいたが、出頭した夜、朝までテレビを見続けたと語っています。

詳しくみる ⇒参照元: 「オウム平田信」6000日の逃亡劇 「警視庁追跡班」の「極秘...

平田容疑者の出頭劇

平田容疑者との接見で、最初に接見室に入ったのは誰?

滝本弁護士

滝本弁護士はオウム真理教被害対策弁護団の弁護士で、平田容疑者の接見希望を受け、大崎署に連絡。

2日に接見し、平田容疑者は事件について供述したが、潜伏生活については黙秘した。

詳しくみる ⇒参照元: 「オウム平田信」6000日の逃亡劇 「警視庁追跡班」の「極秘...

地域連携が生んだ快挙:逃亡犯の17年の潜伏生活に終止符

誰の逃走生活を終わらせたか?

駆け出し警察官と住民

17年間逃走を続けていた高橋克也受刑者の確保には、駆け出し警察官と住民の協力が不可欠だった。

警察官は地域とのつながりを重視しており、住民から寄せられた情報が逃走犯逮捕につながった。

高橋受刑者は、1995年の地下鉄サリン事件などに関与しており、特別手配されていた。

2012年6月、高橋受刑者の勤務先が判明し、警視庁が防犯カメラの映像を公開したところ、住民から高橋受刑者らしき人物の目撃情報が寄せられた。

この情報をもとに、警察官が捜査を進めた結果、高橋受刑者の確保につながった。

詳しくみる ⇒参照元: 「彼に手柄を」オウム高橋受刑者確保、裏にあった新米警官と住民...

高橋克也逃亡生活の実態

高橋克也は、菊地直子の逮捕後どのように生活していたのか?

実在する人物になりすまし生活していた。

高橋克也は、菊地直子の逮捕後も菊地と生活していたが、後に別行動を取っていた。

逃走中は実在する人物の住民票を悪用して生活し、一時期は千葉県のパン屋の責任者として潜伏していた。

2011年12月までは川崎市幸区のアパートに潜伏していたが、契約更新のトラブルで退居し、2012年6月まで同市川崎区の勤務先社員寮に転居した。

菊地の逮捕が報じられると逃亡を再開した。

詳しくみる ⇒参照元: 高橋克也 (オウム真理教)

菊地直子の無罪確定

オウム真理教事件で無罪となった教団関係者は何人か?

2人

菊地直子は地下鉄サリン事件、VX殺人事件で逮捕されたが不起訴。

東京都庁小包爆弾事件では懲役5年の判決が東京高等裁判所で無罪となった。

オウム真理教事件で無罪となった教団関係者は菊地とピアニスト監禁事件の幹部の2人だけである。

現在、菊地は自身のブログで著述活動を行っている。

詳しくみる ⇒参照元: 菊地直子

地下鉄サリン事件の「殺人マシン」林死刑囚

地下鉄サリン事件で林死刑囚はなぜ「殺人マシン」と呼ばれたのか?

中目黒行きの地下鉄・日比谷線にサリンを最も多く散布したため

地下鉄サリン事件では、林死刑囚が他の実行犯よりも多くのサリンを中目黒行きの地下鉄・日比谷線に散布した。

この路線は最も死者が多く8人が死亡したため、林死刑囚は「殺人マシン」と呼ばれた。

事件後、警察は林死刑囚を「教団の闇を知る」人物として追跡し、1年8か月後に石垣島で逮捕した。

詳しくみる ⇒参照元: 【死刑執行】オウム真理教の6人 知られざる教団の闇と驚愕の犯...

サリン事件犯人の証言と死刑確定

マインドコントロール下で犯行が行われたのは事実なのか?

最高裁は、マインドコントロール下にあったという弁護側の主張を認めず、「法治国家に対する挑戦ともいうべき犯行」と断じ、死刑を確定した。

その後、元信者の裁判員裁判に出廷した際、地下鉄でサリンを撒く指示を受けた際に多くの人が亡くなると思ったと述べている。

詳しくみる ⇒参照元: 【死刑執行】オウム真理教の6人 知られざる教団の闇と驚愕の犯...