Academic Box Logo

オウム死刑囚13人 - 罪と罰、そして遺族の想い

オウム真理教死刑囚13人の執行は、彼ら自身の罪と罰だけではなく、遺族の思いや、カルト被害のない社会を目指す活動に影響を与えています。また、識者らはオウム事件が旧統一教会の問題と関連して現在も続いていると警告しています。

オウム真理教事件の爪痕とカルト被害の根深さ

高校時代の井上元死刑囚を知る男性が活動する団体が目指す目標は?

カルト被害のない社会

井上元死刑囚の高校時代の同級生は、かつての同級生を止められなかった自責の念から、カルト被害のない社会を目指す市民団体で活動しています。

オウム真理教事件は、旧統一教会の問題も含めて、形を変えて今も根強く残っているため、識者らは「オウム真理教事件は終わっていない」と訴えています。

詳しくみる ⇒参照元: オウム事件・井上嘉浩元死刑囚が告白していた「過ち」と

オウム真理教事件の死刑執行

13人が死刑執行された事件は何事件ですか?

オウム真理教事件

オウム真理教は麻原彰晃が1984年に設立したカルト集団で、坂本弁護士一家殺害事件や地下鉄サリン事件など数々の凶悪事件を引き起こしました。

1995年の強制捜査後、教団幹部13人に死刑判決が下され、2018年に全員の刑が執行されました。

この事件は戦後最悪の大量殺人事件として歴史に刻まれています。

詳しくみる ⇒参照元: オウム真理教事件 死刑執行|NHK NEWS WEB

カルト被害の根源:宗教への無関心

宗教への無関心がカルトの被害を拡大させる原因となっている?

はい

宗教に対して避ける傾向がある日本では、宗教への認識が浅く、社会の関心も薄いため、カルトの被害が大きくなる事例があった。

オウム真理教や旧統一教会の事件をきっかけに、社会の認識が高まれば、制度面にも影響し、社会のあり方が問われることになる。

詳しくみる ⇒参照元: オウム事件・井上嘉浩元死刑囚が告白していた「過ち」と

麻原彰晃遺骨引き渡し訴訟、国が控訴

麻原彰晃の遺骨が次女に引き渡されない理由は?

犯罪利用の可能性

麻原彰晃の遺骨は、最高裁で次女への帰属が確定したが、国側は遺骨が犯罪利用される危険性があるとして引き渡しを拒否している。

東京地裁は遺骨引き渡しを認めたが、国側は控訴。

麻原彰晃の遺骨は、元教祖として絶対的な帰依や求心力向上のために利用されてきた歴史があり、遺骨が次女に引き渡されれば、その利用が再び行われる可能性が懸念されている。

詳しくみる ⇒参照元: 次女へ遺骨引き渡し国控訴 オウム松本元死刑囚

松本元死刑囚の遺骨・遺髪、次女に引き渡し命令

松本智津夫元死刑囚の遺骨と遺髪が誰に引き渡されることになったか?

次女

松本智津夫元死刑囚の次女は、父である元死刑囚の遺骨と遺髪の引き渡しを求めて国を提訴しました。

東京地裁は、最高裁の判断に基づき、次女に遺骨と遺髪の所有権があると認め、国の引き渡しを命じました。

これにより、元死刑囚の遺骨と遺髪は次女に引き渡されることになりました。

詳しくみる ⇒参照元: オウム松本智津夫元死刑囚の遺骨、次女へ引き渡し命令 地裁判決