Academic Box Logo

永野一男にフォーカス!豊田商事事件の真相とその後

ライターのYUKOです。今日は永野一男氏にフォーカスした「豊田商事事件の真相とその後」についてお届けします。

高齢者宅を狙った金の窃盗手口

悪質な手口の目的は何か?

金の窃盗

豊田商事は高齢者宅を訪問し、金格安購入契約を提示。

現物ではなく証券のみを発行し、契約満了まで自社保有・運用で利益を上げながら賃借料を渡し、満了時には純金は値上がりしていると説明。

顧客を巧みに言いくるめて金を盗み出すという悪質な手口だった。

詳しくみる ⇒参照元: 永野一男の生い立ち・最期(断末魔)と殺人犯人の黒幕とマンショ...

永野一男刺殺事件

永野一男の自宅で起きた事件で、永野一男に致命傷を負わせたものは?

銃刀

1985年6月18日、マスコミが永野一男の自宅マンションに詰めかけた際、2人の男がマンションに侵入し、銃刀で永野一男を惨殺した。

この事件は、居合わせたマスコミによってテレビで生中継され、大きな衝撃を与えた。

詳しくみる ⇒参照元: 【FOCUS写真】豊田商事会長「永野一男」死傷事件が悲惨すぎ...

永野一男の経歴と豊田商事の設立理由

永野一男が会社名に「豊田」を入れた理由は?

トヨタとの誤認狙い

永野一男は1952年生まれ。

幼少期に貧しい環境で育ち、大手企業に入社するも低賃金と出世の見込みのなさで退職。

その後はギャンブルや犯罪まがいの行為に手を染め、先物取引会社では顧客の預金3000万円を無断で使用して損害を出して解雇された。

1976年には窃盗で逮捕された。

1981年に豊田商事を設立し、社名に「豊田」を入れたのは、トヨタ自動車の関連会社だと誤認させる狙いがあった。

詳しくみる ⇒参照元: 永野一男の生い立ち・最期(断末魔)と殺人犯人の黒幕とマンショ...

永野一男の経歴と豊田商事事件

永野一男が窃盗で逮捕されたのはいつですか?

1976年

永野一男は1952年生まれ。

父親が障害により働けず、母親の実家へ移住。

母親が家を出てからは叔父宅に預けられた。

集団就職で日本電装に入社するも退社。

先物取引会社では顧客の預かり金を勝手に投資して会社を首になった。

1976年にはスリで逮捕され、その後大阪豊田商事(後の豊田商事)を設立。

商法が社会問題化し、1985年に永野会長刺殺事件が発生した。

幼少期から貧しい環境で育ち、中学卒業後は大手に就職したが、将来の見込みがないとして退職した。

詳しくみる ⇒参照元: 【FOCUS写真】豊田商事会長「永野一男」死傷事件が悲惨すぎ...

豊田商事会長刺殺事件:窓を割って侵入した犯人の叫び声

犯人たちは永野一男を殺害するために何を使用したか?

犯人はガードマンに永野一男に会わせろと要求し、救急箱に気づいて激高した。

その後、窓の鉄格子を破壊して窓を割って侵入した。

犯人の一人は銃剣を握っていた。

詳しくみる ⇒参照元: 【FOCUS写真】豊田商事会長「永野一男」死傷事件が悲惨すぎ...

疑惑の貴金属投資会社

その企業はどのようなサービスを提供していたとされていますか?

貴金属投資

企業はきらびやかなイメージと美しい女性をフィーチャーした24時間テレビCMで有名になりましたが、実際の事業内容についてはほとんど明らかにされていませんでした。

非存在の金塊の所有証明書を販売する貴金属投資会社であるとされています。

この企業は日本の国民生活センターに複数の苦情が寄せられ、詐欺で告発されています。

詳しくみる ⇒参照元: Kazuo Nagano

豊田商事設立の経緯

豊田商事の設立者が会社名に「豊田」を入れた理由は何?

トヨタグループの関連会社と思わせるため

1978年に設立された豊田商事は、金や有価証券の販売で巨額の資金を集めた。

設立者は永野で、社名に「豊田」を入れた理由は、かつてトヨタグループの関連会社に勤務していたことと、関連会社と誤認させるためだった。

豊田商事は派手な生活を送っていたが、設立者はマスコミを嫌い、社員や役員にも顔を見せなかった。

詳しくみる ⇒参照元: 永野一男

転々と職を変えた男の過去

職業を頻繁に変えていた人物の、最初に入社した企業はどこか

日本電装(現・デンソー)

岐阜県恵那市出身の男性は、15歳で叔父宅に預けられ、集団就職で日本電装(現・デンソー)に入社しました。

しかし、2年後に退職し、その後は商品取引業者などさまざまな職業を転々としています。

1976年には大垣競輪場でスリを働き逮捕されています。

詳しくみる ⇒参照元: 永野一男

永野の悲劇

永野は犯人に襲われた時、いくらの所持金があったか?

711円

1985年6月18日、右翼の男2人によって永野は旧軍の銃剣で刺殺された。

永野は生涯独身を貫き、殺害された時の所持金はわずか711円だった。

事件後、永野所有のカウンタックは売却されたが、スーパーカーブームが去っていたため、高値では売れなかった。

詳しくみる ⇒参照元: 永野一男

永野事件の捜査と逮捕の経緯

通報により加害者が逮捕されるきっかけとなった人物は?

西村秀樹

毎日放送報道局の西村秀樹は、永野の部屋前で加害者にインタビューを試みた後、近隣住民を通じて天満警察署に通報した。

その通報によって巡査が現場に到着し、加害者の逮捕に至った。

当初は加害者もマスコミ関係者の発言と同調していたが、態度に苛立ってマスコミ関係者を殴打する一幕もあった。

また、豊田商事事件の捜査が兵庫県警察によって行われていたため、大阪府警察はマンションを特に警備していなかった。

詳しくみる ⇒参照元: 豊田商事会長刺殺事件