Academic Box Logo

日本人の目の色の秘密: アンバーアイの特徴と珍しさ

ライターのYUKOです。今回は、日本人の目の色の秘密についてお話しします。アンバーアイの特徴と珍しさについて解説します。

瞳の色の仕組み

ダークブラウンの色素はどのようにしてブルーやグリーン、ヘーゼルなどの色の瞳を作り出すのか?

光の吸収と散乱

瞳の色は、虹彩のメラニン色素の量によって決まります。

メラニンの多い目は光を多く吸収しブラウンに見え、メラニンの少ない目は光を多く散乱しブルーやグリーンに見えます。

波長の短い光(青や緑)は波長の長い光(赤)よりも散乱されやすいため、メラニンが少ない目は青緑色に見えます。

また、ヘーゼルアイでは虹彩の部分によってメラニンの分布が異なるため、瞳孔付近はライトブラウン、周辺部はグリーンに見えます。

詳しくみる ⇒参照元: ヘーゼルアイ:ヘーゼルの色の秘密は?

乳幼児の目の色の変化

乳幼児期にブルーアイからヘーゼルやグリーンに変化する理由は?

メラニンの蓄積量の違い

目の色は、虹彩に存在する色素メラニンによって決まり、新生児はメラニンが不足しているためブルーアイになります。

成長と共にメラニンが蓄積され、メラニンの蓄積量が多い乳幼児はブラウンアイに、少ない乳幼児はグリーンやヘーゼルアイになります。

また、濃い色の目に生まれた新生児は、生まれつきメラニン濃度が高いため、生涯を通じて濃い色の目のままです。

詳しくみる ⇒参照元: ヘーゼルアイ:ヘーゼルの色の秘密は?

日本人の珍しい目の色

日本人において最も稀な目の色はどれ?

アンバー

日本人の目の色は、茶色、黒、ヘーゼル、グリーン、アンバー、ブルーの6種類があります。

最も一般的なのは茶色で、次いで黒です。

ヘーゼル、グリーン、ブルーは比較的まれですが、アンバーは最もまれな目の色です。

アンバーは、黄色みの強い茶色のようなカラーで、「琥珀」と呼ばれることもあります。

日本ではほとんど見られない色ですが、九州地方ではアンバーアイが生まれることがあります。

黄色い色素である「アンバー色素」が強く出ることで、アンバーアイが生まれると言われています。

しかしアンバーは劣勢遺伝子なので、茶色の色素の方が強く出ます。

結果的に茶色の瞳が増えるため、アンバーアイはほとんど生まれません。

詳しくみる ⇒参照元: 【あなたはどれ?】日本人の目の色の種類!なぜ瞳の色が人によっ...

アンバー色の瞳

アンバー色の目の別名は何?

狼の目

アンバー色の目はリポクロームと呼ばれるイエローの色素によって形成され、狼の目に多く見られることから「狼の目」と呼ばれます。

プテリジンという色素も黄色の目を生み出します。

人間の場合は、リポフスチンの作用によるものです。

光の加減で金色に見えることから「金眼」とも呼ばれます。

詳しくみる ⇒参照元: ヒトの虹彩の色

琥珀色の瞳:「アンバー」の謎

日本人に珍しい目の色「アンバー」は、どのような瞳の色をしていますか?

茶色に近い黄色

日本人に珍しい目の色「アンバー」は、瞳の中のアンバー色素と呼ばれる黄色の色素が濃くなることで発生します。

海外では「ウルフアイズ」とも呼ばれ、芸能人では橋本環奈さんがアンバーに近い瞳を持つと言われています。

この目の色は日本では非常にまれです。

詳しくみる ⇒参照元: 日本人の目の色の種類・特徴まとめ!珍しい瞳の色や違う理由も紹...

ヘーゼルアイの芸術性

ヘーゼルアイの特徴的な色はどのように形成されるのか?

要素の重なり

ヘーゼルアイのユニークな色は、虹彩のメラニン量と分布、光散乱、照明や環境など、さまざまな要因が重なり合って形成されます。

これら要素が相互作用することで、まるで芸術作品のように美しい多様なヘーゼルアイが誕生するのです。

詳しくみる ⇒参照元: ヘーゼルアイ:ヘーゼルの色の秘密は?

ヘーゼルアイへの変身

生まれつきヘーゼルアイではない場合でも、目の色をヘーゼルに変える方法は?

カラーコンタクトレンズ

現代では、カラーコンタクトレンズを使用することで、生まれつきヘーゼルアイでなくてもヘーゼルアイの見た目に変えることができます。

ただし、元の目の色によって、似合うレンズの種類が異なるため、好みの色調のヘーゼルを選ぶ際には注意が必要です。

詳しくみる ⇒参照元: ヘーゼルアイ:ヘーゼルの色の秘密は?

目の色の謎:遺伝を超えた複雑さ

両親がブルーアイでも、なぜブラウンアイの子供が生まれることがあるのか?

複数の遺伝子の影響

目の色は、最大16個の遺伝子によって決まり、相互作用や発現にばらつきがある。

そのため、両親の目の色から子供の目の色を正確に予測することは困難で、ブルーアイの両親からブラウンアイの子供が生まれる可能性もある。

詳しくみる ⇒参照元: ヘーゼルアイ:ヘーゼルの色の秘密は?

珍しい目の色の謎: 北海道・東北の起源

北海道や東北地方に珍しい目の色の人がなぜ多いの?

ロシアやアイヌの遺伝子、日照時間の短さ

北海道や東北地方では、ロシアやアイヌの遺伝子を受け継いだ人と、日照時間の短さにより、青や緑、ヘーゼルなどの珍しい目の色を持つ人が多い。

ロシアやアイヌの人々は青い瞳を持つ人が多く、日照時間が短い地域ではメラニン色素が少なくなり、瞳が明るく色づく。

詳しくみる ⇒参照元: 【あなたはどれ?】日本人の目の色の種類!なぜ瞳の色が人によっ...

ヘーゼル色の瞳の分布

東アジアでヘーゼル色の目は主にどの地域で見られるか?

九州・山陽地方

ヘーゼル色の目は、日本では珍しく、主に九州・山陽地方で見られる。

この目の色は、レイリー散乱と中程度のメラニン色素によって生じる。

ライトブラウンとダークグリーンの中間の色であり、太陽光によって瞳孔に近い部分がライトブラウン、その周りがライトグリーンやアンバー、白目に近い部分がブルーに見えることがある。

また、ダークブラウンの個体とブルーの個体の交配によって生まれる場合が多い。

詳しくみる ⇒参照元: ヒトの虹彩の色