Academic Box Logo

【未解決事件考察】なんJ民の鋭い視点に迫る!真相は闇の中?

ライターのMariaです。今回は、【未解決事件考察】なんJ民の鋭い視点に迫る。真相は闇の中。についてお伝えします。

検察捜査の秘密保持

日本の検察捜査の特異な点は?

マスコミへの情報非公開

検察は事件捜査の過程でマスコミに情報を漏らさないことで知られている。

この特徴は、日本の検察捜査の重要な側面であり、捜査の秘密保持と情報の適切な公開のバランスを図っている。

詳しくみる ⇒参照元: Nhkスペシャル 未解決事件

謎に包まれた「李」の疑惑とアメリカ諜報部隊の暗躍

李がアメリカ諜報機関CICから受けた疑惑の「密命」の内容は何か?

不明

記事によると、李はアメリカの諜報機関CICに出入りし、「ある密命」を受けていた疑惑が浮上しています。

しかし、この「密命」の内容については明らかにされていません。

捜査は李の供述の真偽を巡って混乱しており、真相は不明のままです。

また、アメリカ諜報部隊が日本の反共防波堤として暗躍していたことも判明していますが、李の疑惑の「密命」との関連は明らかになっていません。

詳しくみる ⇒参照元: Nhkスペシャル 未解決事件

下山事件の謎

下山総裁の死は最終的に何として断定されたのか?

他殺

1949年、国鉄の労働争議中に姿を消した下山定則総裁の遺体が発見され、死体から血が抜き取られていたことが判明。

当初は自殺とされたが、捜査の結果、自殺では説明できない点が次々と浮上。

東京地検の布施健主任検事は、他殺の可能性を追求し、事件の真相に迫っていく。

詳しくみる ⇒参照元: Nhkスペシャル 未解決事件

未解決事件の3つの分類

国外逃亡者に関与する未解決事件の特徴は?

国外逃亡が初動捜査の障害に

未解決事件は大きく3種類に分類できる。

政府などの圧力によって捜査が妨害されるケース、初動捜査のミスや証拠不足で解決に至らないケース、そして単に不気味な事件であるケース。

柴又の放火殺人は、葛飾区に住んでいたということもあり、身近に感じてゾッとする事件だった。

詳しくみる ⇒参照元: 未解決事件スレ

下山総裁の死の謎

下山定則の死因は何か?

他殺

下山定則の死は、轢死体で発見されたが、解剖の結果、血が抜き取られていた。

検死解剖の結果、死体から血が抜き取られていたことが発覚。

自殺か他殺かをめぐる大論争となり、捜査を指揮した東京地検の主任検事、布施健は、自殺として不可解な点が多い事件から、他殺の糸口を探っていく。

詳しくみる ⇒参照元: Nhkスペシャル 未解決事件

未解決事件の謎

当局が未解決事件の真相隠蔽に手を貸しているのか

不明

未解決事件をめぐる憶測が飛び交い、真偽の区別がつきにくくなっている。

陰謀論や警察批判が難しくなっている中、中には事件が当局によって隠蔽されているのではないかという疑念も浮上している。

しかし、真偽は不明だ。

下山事件のように、国家機関のトップが不審死を遂げるなど、戦後の未解決事件には闇が潜んでいる可能性もある。

詳しくみる ⇒参照元: 未解決事件スレ

未解決事件の闇と情報の入手難

未解決事件のせいで、近所で起きた別の事件の情報が得られない問題を解決するには?

未解決事件の情報を遮断する。

未解決事件があると、近隣で発生した他の事件の情報を入手するのが難しくなる。

これは、メディアが未解決事件を優先的に報道し、他の事件が注目されなくなるためだ。

この問題を解決するには、未解決事件に関する情報を遮断する必要がある。

これにより、他の事件に関する情報にアクセスしやすくなり、捜査を妨げないようになる。

未解決事件の捜査に影響を与えないように、遮断する情報は慎重に選択する必要がある。

詳しくみる ⇒参照元: 未解決事件スレ