Academic Box Logo

旭川いじめ事件:加害者たちの名前とその後…真相究明と再発防止への道

旭川いじめ凍死事件をめぐる名誉毀損訴訟で、加害者たちの名前とその後が注目を集めています。

旭川いじめ凍死事件で名誉毀損訴訟

旭川いじめ凍死事件で男性が名誉毀損で訴えたのは誰?

新潟県の投稿者

旭川いじめ凍死事件をめぐり、いじめの主犯格として虚偽の内容がツイッターに投稿されたとして、旭川市の男性が新潟県の投稿者を名誉毀損で提訴した。

投稿には男性の顔写真や自宅の特定につながる情報が含まれており、男性は精神的苦痛を受けたとしている。

訴状によると、投稿者は男性をいじめの主犯格とする虚偽の内容をツイッターに投稿し、精神的苦痛を与えたと主張している。

詳しくみる ⇒参照元: 「いじめ加害者扱い」提訴 旭川中2凍死、ツイートで

いじめ被害者家族が名誉毀損で提訴

被害者の家族が名誉を傷つけられたとして起こした裁判で、何を要求しているのか

損害賠償

北海道旭川市でいじめを受けていた中学2年の広瀬爽彩さんが凍死した問題で、爽彩さんの家族が、爽彩さんのいじめ加害者として顔写真をさらされた男性と、男性の父親に対して440万円の損害賠償を求めて提訴しました。

訴状によると、男性は爽彩さんのいじめ加害者として「文春オンライン」の記事に登場し、記事では匿名だったものの、男性の顔写真がさらされ、男性の父親のSNSアカウントや職場も投稿されたとされています。

詳しくみる ⇒参照元: 「いじめ加害者」扱いされたと提訴 旭川中2凍死、ツイッター投...

旭川女子中学生凍死事件 加害生徒の父親が沈黙破る

広瀬爽彩さんに対するイジメの加害生徒の父親が語った言葉は?

重い口を開いた

昨年3月に凍死した広瀬爽彩さんは中学入学直後から凄惨なイジメを受けていた。

文春オンラインはこれまでこのイジメの問題を報じてきた。

今回、加害生徒の父親であるMさんが初めて取材に応じ、「重い口を開いた」と語った。

Mさんの言葉からは、爽彩さんが受けたイジメの深刻さと、加害生徒の父親としての葛藤がうかがえる。

文春オンラインでは、爽彩さんが失踪直前までイジメによるPTSDに悩まされていた事実も報じている。

詳しくみる ⇒参照元: 《旭川14歳少女凍死》加害生徒の父親が初めて語ったイジメ事件...

再調査で認定されたイジメの事実

認定されたイジメに該当する事実が何項目あった?

6項目

第三者委員会による再調査の結果、イジメがあったと認定された事実が6項目あり、加害生徒として7名が特定された。

旭川市教育委員会はこれを受け遺族に謝罪した。

旭川市長は第三者委員会に対して、遺族の心情に寄り添った対応を求めた。

詳しくみる ⇒参照元: 《旭川14歳少女凍死》加害生徒の父親が初めて語ったイジメ事件...

いじめの認定が加害者に与える影響

いじめの加害者と認定された場合、加害者側にどのような影響があるのか?

誤った考え方を持ちやすくなる。

第三者委員会が最終報告書を提出する予定の中、加害者の父親であるMさんは、我が子がイジメの加害者と認定されたことに安堵したと語りました。

中間報告書で「イジメはなかった」と判断されていれば、加害者たちが「もっと加減すれば大丈夫だった」と誤った認識を持つ可能性を懸念していたからです。

この発言は、いじめ行為を軽視するような考え方が広まることを防ぐため、認定結果が加害者の誤った考え方を抑制する役割を果たしていることを示唆しています。

詳しくみる ⇒参照元: 《旭川14歳少女凍死》加害生徒の父親が初めて語ったイジメ事件...