Academic Box Logo

『太った女の子』から卒業...自信を取り戻すための方法とは...?

ライターのYUKOです。

ダイエット幻想:承認欲求との向き合い方

「やせたい」という願望は、実は何を求めている?

承認欲求

「やせたい」という願望は、実は承認欲求に根ざしている。

他者から認められたり愛されたりすることを過度に求めることで、やせることで幸せが訪れるという幻想に陥りがち。

ダイエットの語源は「生き方」であり、やせることが目的ではなく、生き方そのものを追求することが本来の在り方である。

詳しくみる ⇒参照元: 心に刺さった「太ってんなー」 体重や外見に振り回される社会を...

食生活の見直しでダイエット成功

食生活を見直す際に重要なことは何ですか?

食事の記録

肥満の原因の大半は、過食や栄養バランスの偏りによるものです。

適切なカロリー摂取であっても、糖質や脂質に偏った食事では代謝が低下し、痩せにくくなります。

食生活を見直すには、食べたものを記録することで余分な食べ物を特定し、食事を改善することで減量を促進できます。

詳しくみる ⇒参照元: 太ってきた4つのサインとは?食事と運動で今のうちにダイエット...

体重増加時の減量開始の重要性

体重が増加した時、すぐに減量を開始すべき理由を挙げよ

簡単に痩せられなくなることと、病気になること。

体重が増加した場合、すぐに減量を開始することが重要です。

時間が経つほど、体脂肪が定着して落ちにくくなり、簡単に痩せられなくなります。

また、過剰な体重は病気を引き起こす可能性があります。

初期の段階で体重が増加した場合は、短期間で体脂肪を元に戻すことができますが、大量の体脂肪がついた後では、元に戻すまでに長い時間が必要になります。

そのため、体重が増加したと感じたら、すぐにダイエットを開始することが望ましいです。

詳しくみる ⇒参照元: 太ってきた4つのサインとは?食事と運動で今のうちにダイエット...

肥満の健康リスク

肥満による病気はどのようなものがありますか?

生活習慣病、癌、関節のトラブル

肥満は高血圧や糖尿病などの生活習慣病だけでなく、癌や関節のトラブルなどのさまざまな病気を引き起こします。

これらの病気は進行すると厳しい食事制限が必要になる場合があり、ダイエットとは比べ物にならないほど辛いものです。

太り始めた場合は、食生活と運動習慣の見直しによるダイエットがおすすめです。

詳しくみる ⇒参照元: 太ってきた4つのサインとは?食事と運動で今のうちにダイエット...

憧れの服への憧憬

憧れのデニムのショートパンツを履くため、何をしたかったの?

痩せる

ファッションが好きな女性が、憧れの服を着るために痩せたいと願う。

好きな服の大半はサイズが合わず、全身鏡の前に立って理想の体型を想像する。

デニムのショートパンツを履き、痩せた自分として生き直したいと強く願っている。

詳しくみる ⇒参照元: 自分を好きになるって?10キロ痩せて見えたこと

ダイエットと自己嫌悪

ダイエットして痩せたのに、なぜ自分を嫌いになったのか?

思考の肥満

ダイエットで10キロ減量に成功したものの、目標の服を着ることができなかったことで、自分の思考がダイエット前と変わっていないことに気づき、自己嫌悪に陥った。

減量しても、太っていた時の体型へのコンプレックスや自己否定感が残っており、ダイエットの成果に満足することができなかった。

詳しくみる ⇒参照元: 自分を好きになるって?10キロ痩せて見えたこと

太り始めのサイン:お腹が減りにくくなる

太り始めの頃に起こる、お腹が減りにくくなる原因は何?

過食

太り始めには、過食によりお腹が減りにくくなる。

食事量が増えたり間食が増えたりして、必要以上に食べることで、本来空腹でないのに時間や習慣に従って食事を摂り、結果的に無駄なカロリーを摂取して体脂肪を蓄積してしまう。

最近お腹が空く時間が少ないと感じたら、太り始めのサインかもしれない。

詳しくみる ⇒参照元: 太ってきた4つのサインとは?食事と運動で今のうちにダイエット...

運動不足解消の秘訣

運動不足を解消するためには何が必要ですか?

万歩計

運動不足を解消するには、万歩計を使用して1日8,000歩程度歩くことが推奨されています。

スマホの万歩計機能でも問題ありません。

1日に3,000歩未満の場合は、定期的な運動を取り入れましょう。

運動不足は筋力の低下や基礎代謝、糖代謝の低下につながり、肥満のリスクを高めます。

詳しくみる ⇒参照元: 太ってきた4つのサインとは?食事と運動で今のうちにダイエット...

「BodyPositive」の流れで変わる日本の女性像

今後5年後の日本では、女性はどのような体形意識を持つべき?

評価に振り回されず、素直に生きる

「BodyPositive」の流れを受け、海外ではファッションショーでのやせすぎモデルの使用や、モデルによる加工写真公表などが一般的になってきた。

日本でも5年後に、女性たちが周囲の評価に振り回されず、自分の気持ちや経験に素直に従って生きられるようになってほしい。

彼女たちがやりたいことに取り組んだり、おいしいものを楽しんだり、毎日を心と体の声に従って過ごせることを願う。

詳しくみる ⇒参照元: 心に刺さった「太ってんなー」 体重や外見に振り回される社会を...

ダイエットの心理

やせていてもダイエットを気にしている女の子たちは何を恐れているのか

笑われること

幼少期に太っていることでからかわれた経験から、太っていることが恥ずかしいと認識した筆者は、同級生の女の子たちとダイエットの話をよくしていた。

しかし、中にはBMIでやせすぎレベルの女の子でも「もっと痩せなきゃ」と強迫観念のように思っている子もいた。

筆者は、そのような女の子たちが「笑われること」を恐れているのではないかと推測している。

詳しくみる ⇒参照元: 心に刺さった「太ってんなー」 体重や外見に振り回される社会を...