Academic Box Logo

和田誠展 2021-2023:平野レミも絶賛...和田誠アーカイヴから貴重な“紙の本”を一挙公開

絵本作家としても活躍した和田誠の多彩な才能を象徴する展覧会が開催されます。

和田誠の多才な世界

和田誠の活動の幅広さを象徴する仕事は何か?

絵本の制作

和田誠は、グラフィックデザイナー、イラストレーター、絵本作家、アニメーション作家、映画監督など、多岐にわたる分野で活躍したクリエイターです。

なかでも、絵本作家としての活動は彼の幅広い才能を象徴しています。

和田誠は、谷川俊太郎との共同作業による絵本や、ことば遊びを取り入れた絵本、子ども向けの挿絵など、数多くの絵本を手がけています。

彼の絵本は、ユーモアと温かさに満ち溢れ、世代を超えて愛されています。

詳しくみる ⇒参照元: 「和田誠展」(2021-2023)

和田誠の多彩な世界

和田誠はどのような職業に携わった?

多岐にわたる

和田誠は、イラストレーターやグラフィックデザイナーの他にも、装丁家、映画監督、エッセイスト、作曲家、アニメーション作家、アートディレクターなど、多様な分野で活躍しました。

本展では、彼の幅広い創作活動の全貌に迫ります。

詳しくみる ⇒参照元: 「和田誠展」(2021-2023)

和田誠の多彩な才能

和田誠は、どのような分野で活躍していたか?

イラストレーター、映画監督、エッセイスト、作曲家

和田誠は、イラストレーターや映画監督、エッセイスト、作曲家など、さまざまな分野で活躍した。

その作品数は膨大で、本展覧会の公式図録では、トピックごとに彼の作品をビジュアルで紹介している。

また、2019年に亡くなった和田誠が1953年から1956年にかけて書いた日記も、手書き文字のまま書籍化され、三谷幸喜が解説を付けている。

詳しくみる ⇒参照元: “和田 誠“の紙の本一覧

和田誠アーカイブスの特徴

和田誠のイラストレーションの大きな特徴は?

ユーモアと知性

和田誠は、ユーモアと知性に溢れたイラストレーションで知られ、グラフィックデザイン、イラストレーション、ドローイング、映画、アニメーションなど、さまざまなメディアで活躍した。

彼の仕事は、現在目録整備が進められており、本アーカイヴは和田誠の仕事の全貌を知るために不可欠なものとなっている。

詳しくみる ⇒参照元: 和田誠アーカイヴ

多才なアーティスト、和田誠の軌跡

和田誠の経歴で最も古い仕事は?

「ハイライト」のデザイン

和田誠は、イラストレーター、グラフィックデザイナー、エッセイスト、装丁家、映画監督など多方面で活躍した人物です。

その中でも最も古い仕事は、たばこの「ハイライト」のデザインでした。

彼は他にも「週刊文春」の表紙や星新一作品の挿画などを手がけ、数々の賞を受賞しました。

詳しくみる ⇒参照元: 「和田誠展」(2021-2023)

和田誠の制作プロセスと広告の受注スタイル

和田誠さんは、広告の仕事はどのように受注していたのでしょうか

信頼できるアートディレクターからの依頼に応じていた。

和田誠は、下絵を鉛筆で描き、その上からロットリングや絵具で本画を描いていた。

ただし、カラーインクの作品では下絵を透過させて直接描画していたため、下絵が残っている。

和田誠は、通常ラフを事前に出すような仕事スタイルではなく、自分のイラストレーションを自分でデザインしていた。

そのため、広告の仕事は少なかったが、ライトパブリシティ時代からの信頼できるアートディレクターからの依頼は受けていた。

詳しくみる ⇒参照元: 和田誠

和田誠との仕事で垣間見た、人のために尽くす姿

吉田さんは和田誠との仕事の思い出を振り返ると、特に印象に残った和田さんのどのような行動ですか?

人のために尽力する姿

和田誠と長年仕事をしてきた吉田氏は、和田氏の博識さと頭の回転の速さを尊敬していた。

和田氏はイラストレーターに対して肩書きに関係なく接し、若いイラストレーターにも気さくだった。

また、東日本大震災では1060枚の絵を販売し、その収益を寄付するなど、人のために尽くす姿勢が印象的だった。

詳しくみる ⇒参照元: 和田誠

平野レミの食と人生を綴るエッセイ集

平野レミのエッセイ集の特徴は?

食材への敬意とオリジナルレシピの豊富さ

平野レミのエッセイ集は、幼少期の食体験や子育ての思い出から料理哲学まで、彼女の豊かな人生経験が語られています。

食材への深い敬意が感じられ、オリジナルの料理レシピが数多く掲載されているのが特徴です。

また、上野樹里や和田明日香との鼎談も収録されています。

詳しくみる ⇒参照元: “和田 誠“の紙の本一覧