Academic Box Logo

唾液腺の腫れ: 原因は?唾液腺炎や唾石症の可能性も解説

唾石症の治療では、石が自然排出されなければ手術による摘出を検討します。

唾石症の治療法

石が残っている場合はどのような問題が起こりますか?

症状の再発

唾石症の治療において、石が自然排出されない場合は、症状が再発する可能性があります。

そのため、石が自然排出が難しいと考えられる場合は、手術による摘出を検討する必要があります。

手術では、導管の出口に近い石は口の中から摘出できますが、難しい場合は全身麻酔下で皮膚を切開し、唾液腺ごと石を摘出します。

詳しくみる ⇒参照元: 唾石症

唾液腺がんの初期症状と注意点

耳下腺がんが進行すると起こる顔面神経への影響は何か?

顔面神経麻痺

唾液腺がんの初期症状は、耳下腺では耳の下や前側に、顎下腺ではあごの下にしこりとして現れる無痛性の腫瘤です。

進行すると痛みやしびれが現れ、耳下腺がんの場合は顔面神経が通っているため顔面神経麻痺が起こる可能性があります。

しこりが小さくても顔面神経麻痺が生じる場合があるので、症状が改善しない場合は耳鼻咽喉科を受診しましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 唾液腺がん(耳下腺がん)

唾石症の概要

顎下腺に唾石症が発生する割合は?

約8割

唾石症とは、大唾液腺から排出される唾液の中に結石が生じる病気です。

特に顎下腺に多く発症し、その場合、排出管内の結石が流出障害を引き起こします。

顎下腺の唾石症は、約5割が排出管内、約4割が腺管移行部、約1割が腺内発生です。

男女比は2:1で男性に多く認められます。

詳しくみる ⇒参照元: 唾石症とは?症状、原因、治療法

唾液腺がんの診断と検査

唾液腺がんと診断するために一般的に行われる検査は何か?

穿刺吸引細胞診

唾液腺がんの診断には、まず視診と触診が行われます。

がんが疑われる場合は、生検が行われますが、唾液腺がんでは病変部に直接アクセスできないため、穿刺吸引細胞診を行います。

これは、細い針を病変部に刺し、細胞を吸い出して顕微鏡で検査するものです。

また、がんの広がりや転移の有無を調べるために、超音波、CT、MRI検査などが行われます。

全身の転移を調べる場合は、PET検査が行われます。

詳しくみる ⇒参照元: 唾液腺がん(耳下腺がん)

唾石症の診断と治療法

唾石症の確定診断に用いられる検査はどれですか?

CT検査

唾石症の診断には、症状や触診、超音波検査が一般的ですが、微小な結石の場合はCT検査が行われます。

治療では、抗菌薬や鎮痛剤の内服と抗炎症のうがいが重要です。

また、食後の腫れや疼痛を抑えるために「唾液腺マッサージ」を行い、症状の緩和に役立てます。

詳しくみる ⇒参照元: 唾石症とは?症状、原因、治療法

唾石症の症状

唾液腺の結石が詰まってしまうと、どのような症状が出ますか?

唾液腺(あごの下)の腫れと痛み

唾石症は、唾液腺や導管に石ができる病気で、顎下腺やその導管に多く見られます。

石が詰まると唾液が流れなくなり、唾液腺が腫れて痛みが出ます。

食事時に症状が顕著で、細菌感染を引き起こすこともあります。

詳しくみる ⇒参照元: 唾石症

唾液腺がんの概要

唾液腺がんで最も多いのはどの部位ですか?

耳下腺と顎下腺

唾液腺は、耳下腺、顎下腺、舌下腺の3つからなる大唾液腺と、その他の小唾液腺の2つに分類されます。

唾液腺がんの大部分は耳下腺がんと顎下腺がんで、9割近くを占めます。

原因は不明ですが、発がん性物質の吸引や放射線被ばく、喫煙などが関連していると考えられています。

詳しくみる ⇒参照元: 唾液腺がん(耳下腺がん)