Academic Box Logo

徹底解説!円安とは?仕組みや影響、メリット・デメリットまで

ライターのYUKOです。円安とは何か、仕組みや影響、メリット・デメリットについて徹底解説します。

通貨の価値と為替相場の関係

ハワイで1万円をドルに両替した場合、為替相場が80円よりも低ければ、より多くドルを入手できますか?

はい

通貨の価値を比較する際の基準となる為替相場は、1通貨あたりの別の通貨の価値です。

例えば、日本人がハワイで買い物をする場合、手持ちの円をドルに両替する必要があります。

このとき、1ドルあたりの円の価値が高いほど、同じ金額の円でより多くのドルを入手できます。

したがって、1ドル=80円の場合、1ドル=100円の場合よりも同じ金額の円に対してより多くのドルを入手できます。

つまり、この場合は円高の状態です。

逆に、1ドル=125円の場合、同じ金額の円に対してより少ないドルしか入手できないため、円安の状態です。

詳しくみる ⇒参照元: 円高、円安とは何ですか? : 日本銀行 Bank of Ja...

円安・円高とは?

日本円の価値が上昇する状態を何という?

円高

円安とは、日本円の価値が外国通貨に対して下落し、円相場が下がる状態。

つまり、同じ金額の外国通貨を購入するために必要な日本円が増える。

逆に、円高とは、日本円の価値が外国通貨に対して上昇し、円相場が上昇する状態。

つまり、同じ金額の外国通貨を購入するために必要な日本円が減る。

円安と円高は、為替相場における日本円の価値の状態を表す指標で、外国通貨に対する日本円の相対的な価値を示す。

詳しくみる ⇒参照元: 円安・円高とはどういう状態?わかりやすく簡単に解説:朝日新聞...

円高とは

外貨に対する円の為替レートが上がった状態を何といいますか?

円高

円高とは、外貨に対して円の価値が上昇した状態のことです。

外貨を日本円に交換するのに必要な日本円の量が減少したことを意味します。

たとえば、米ドル/日本円が1ドル=120円から1ドル=100円になった場合、円高です。

これは、同じ金額のドルを得るのに必要な日本円の量が120円から100円に減ったことを示します。

詳しくみる ⇒参照元: 円高・円安とは?為替相場の変動の仕組みやメリット・デメリット...

円安の企業への影響

輸入品を仕入れる際、円安の影響で日本の企業が被る影響は?

資金調達額の増加

円安は、海外から原材料を輸入する国内企業にとって資金調達額の増加につながります。

為替レートが「1ドル=100円」から「1ドル=120円」に円安になった場合、1万ドル分の輸入品を仕入れるために必要な資金は、100万円から120万円に増加します。

これは、日本円の価値が下がり、米ドルの価値が上がったことを意味します。

円安の進行は、企業の輸入コストを上昇させ、収益性の低下や事業の継続性に影響を与える可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 円高・円安とは?為替相場の変動の仕組みやメリット・デメリット...

円安の懸念、日銀総裁が見解表明

円安の現状について、日銀総裁はどのように見解を述べているか?

望ましくないマイナス要因

コロナ禍からの回復途中の日本経済において、進行中の円安は企業収益に悪影響を及ぼす可能性がある。

輸入品価格の上昇により、企業収益は圧迫され、消費の冷え込みにつながる恐れがある。

日銀総裁は、急激かつ一方的な円安の進行は、企業の事業計画策定を困難にし、経済に不確実性をもたらすとして、懸念を表明した。

詳しくみる ⇒参照元: いまさら聞けない! 円安のメリット・デメリット 悪い円安って...

円安の懸念、日本の経済力低下

日本の円安がもたらす最大の懸念は?

日本の経済力や国力の低下

円安は海外旅行や留学などの支出増加を招いており、経済同友会の櫻田代表幹事は、日本経済への悪影響を懸念している。

円安の背景には、インフレ抑制のために利上げを続けるアメリカと、緩和策を続ける日本の金利差があり、この差が円売り・ドル買いの動きを加速させている。

市場では、この状況は当面続くと見込まれており、円安の長期化が日本の経済力低下につながる可能性が懸念されている。

詳しくみる ⇒参照元: いまさら聞けない! 円安のメリット・デメリット 悪い円安って...

円高の影響

日本の経済に悪影響を及ぼす円相場は?

円高

円高とは、日本円の価値が外国通貨に対して相対的に上昇し、円相場が上昇する状態です。

円高になると、日本製品の価格が外国で高くなり、国際競争力が低下します。

輸出が減少し、輸出産業などの減収につながり、日本の経済が悪影響を受けます。

そのため、政府や中央銀行は円安の状態を維持しようとして、為替介入を行うことがあります。

詳しくみる ⇒参照元: 円安・円高とはどういう状態?わかりやすく簡単に解説:朝日新聞...

為替相場の変動の仕組み

為替相場の変動を決定する主な要因は何ですか?

需要と供給

為替相場は各国通貨の需要と供給によって変動します。

需要と供給のバランスが変化すると、円安・円高の状態が生じ、日本の輸出産業や観光業に大きな影響を与えます。

円安が進むと輸出産業や観光業にとっては競争力が高まるメリットがあり、逆に円高は競争力の低下を招く可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 円安・円高とはどういう状態?わかりやすく簡単に解説:朝日新聞...

為替差益と為替差損

外貨購入時の為替レートが円高になると、どのような損失が生じますか?

為替差損

為替差益とは、為替レートの変動によって取引と決済時に生じる利益のことです。

一方、損失が生じた場合は為替差損と呼ばれます。

為替レートは常に変動するため、取引と決済のタイミングでレートが異なれば、利益や損失が発生します。

例えば、アメリカドルを1ドル=105円のときに購入し、為替レートが円高となり1ドル=100円になれば、1ドルにつき5円の損失が生じます。

これが為替差損です。

詳しくみる ⇒参照元: 円安・円高とはどういう状態?わかりやすく簡単に解説:朝日新聞...

円安の恩恵

円安の恩恵を受ける産業は何か?

輸出業と観光業

円安は輸出業にとって競争力向上をもたらし、輸出量の増加や利益の増加につながる可能性があります。

また、円安では外国からの旅行者にとって日本旅行がより安価になり、観光客数の増加が期待できます。

したがって、円安の恩恵を受ける産業は輸出業と観光業です。

詳しくみる ⇒参照元: 円安・円高とはどういう状態?わかりやすく簡単に解説:朝日新聞...