Academic Box Logo

ワキガを根治!!剪除法による治療のメリット・デメリットと費用を解説

わきがの根本治療法として剪除法が注目されています。この方法は、わきの下に存在するアポクリン汗腺を切除することでわきがを改善します。

わきがの原因と治療法

わきがの原因となっている器官は何ですか?

アポクリン汗腺

わきがの根本的な原因は、わきの下に存在するアポクリン汗腺です。

剪除法では、この汗腺を切除することでわきがを改善します。

剪除法は、わきの下の有毛部の中心に横切開を加え、皮下を剥離してアポクリン汗腺を露出させ、切除します。

その後、皮膚を弁状にしてタイオーバーで固定します。

剪除法は健康保険適応手術です。

詳しくみる ⇒参照元: 剪除法によるわきが治療

ワキガ治療法:剪除法

保険適用下で完治に最も効果的なワキガ治療法は何ですか?

剪除法

剪除法は、ワキガの原因となるアポクリン汗腺を直接切除する手術法です。

局所麻酔で日帰りで行われ、医師の技術によって結果が大きく左右されます。

当院では、熟練した形成外科専門医が丁寧に広い範囲を切除し、再発を予防しています。

詳しくみる ⇒参照元: ワキガ手術(剪除法・皮弁法) 川口駅ヒロクリニック

術後圧迫固定の軽減

手術後、圧迫固定を最小限に抑えるために、どのような工夫が行われているか?

アンカーを通常の倍以上かける

術後に皮膚が浮かないようにアンカーという糸で皮膚を固定しますが、このアンカーを通常の倍以上かけています。

これにより、術後の圧迫固定を最小限に抑えています。

また、アンカーを多数かけることで、皮膚がよれたりせずにしっかり定着するようにもしています。

ただし、この工夫により、手術時間は通常の1.5倍かかります。

詳しくみる ⇒参照元: 剪除法(わきが・多汗症治療)

ワキガ治療法:マイクロリムーブ、ミラドライ、サーミドライ

ワキガの治療に用いられる、汗腺を狙って破壊するマシンの種類を3つ挙げてください

マイクロリムーブ、ミラドライ、サーミドライ

マイクロリムーブは傷口が小さく負担が小さい治療法で、ミラドライは汗腺を狙って熱で破壊する機械。

サーミドライも同様に極細カニューレで熱を発生させ、汗腺を破壊する機械。

いずれも中度から重度のワキガ治療に用いられる。

詳しくみる ⇒参照元: 重度のワキガは反転剪除法でしか治療できないの?切らずに治せる...

ワキガ手術の決定版:剪除法

ワキガ手術で最も効果的な方法は?

剪除法

ワキガ手術の中でも最も効果的かつ確実な治療法である剪除法は、ワキのしわに沿って2~3cm切開し、アポクリン腺を直接摘出する。

さくらビューティクリニックでは、より小さな切開と繊細な技術で傷跡が目立たないように行い、術後のアフターケアも充実している。

この方法は再発もほとんどなく、多汗症にも効果があり、脱毛効果も得られる。

保険診療で自己負担も少ない。

詳しくみる ⇒参照元: ワキガ・多汗症

ワキガ治療の選択肢:ボトックス注射と剪除法

ボトックス注射と剪除法を比較した場合、仕事にすぐに復帰できるのはどちらですか?

ボトックス注射

ワキガ治療には、ボトックス注射と剪除法がある。

剪除法は根本治療だが、ダウンタイムが長い。

一方、ボトックス注射はメスを使わず、ダウンタイムがない。

そのため、仕事にすぐに復帰したい場合はボトックス注射の方が適している。

しかし、根本治療にはならないため、定期的に注射を繰り返す必要がある。

詳しくみる ⇒参照元: わきが・多汗症治療

剪除法によるわきが手術の手順

わきが手術のデザインにおいて、切開線をどこに設定するか?

脇の下のしわの最もはっきりした所

わきが手術における剪除法のデザインでは、腋毛の発生範囲より一回り大きな範囲をマーキングします。

切開線は腋の下のしわの最もはっきりした所の中心近くに設定され、傷はしわに隠れるため目立ちにくくなります。

また、剪除法によるわきが治療は健康保険が適用されます。

詳しくみる ⇒参照元: 剪除法によるわきが治療

ワキガ手術で得られるメリット

ワキガ手術で得られる効果は何ですか?

ワキのにおい改善、汗量の減少、脱毛効果

ワキガ手術は、保険診療が適用されるため比較的気軽に受けられる手術です。

手術ではアポクリン腺と毛根が取り除かれるため、ワキのにおいだけでなく汗の量も減り、さらに脱毛効果も期待できます。

手術件数1000件以上の形成外科専門医が執刀するため、再発の不安もありません。

詳しくみる ⇒参照元: ワキガ手術(剪除法・皮弁法) 川口駅ヒロクリニック

わきが手術の手順

わきが手術では、最初にどのように皮膚を切開しますか?

4cm程度切開

わきが手術では、最初にわきの下のしわに沿って4cm程度皮膚を切開します。

その後、切開した部分から皮膚をめくり、アポクリン汗腺を目視で確認します。

そして、丁寧にアポクリン汗腺を取り除き、切開した傷口を縫合します。

手術後約4日で固定していた綿を取り外し、2週間後には抜糸を行います。

詳しくみる ⇒参照元: ワキガ手術(剪除法・皮弁法) 川口駅ヒロクリニック

ワキガ手術後のアフターケア

手術後の安静期間は?

2週間

ワキガ手術は入院不要で、術後は4日で固定綿の除去、週1回の通院で傷の経過観察が必要。

抜糸は2週間後。

男性は2ヶ月、女性は1ヶ月半でガーゼ交換や入浴・運動の制限が解除。

完治までは毎日軟膏塗布とガーゼ交換を行い、週1回の通院が必要。

傷の状態確認のため、術後1ヶ月目に再診することがある。

詳しくみる ⇒参照元: ワキガ手術(剪除法・皮弁法) 川口駅ヒロクリニック