Academic Box Logo

ヤマト配達員3万人契約終了の波紋 - 労働環境の変化と未来

こんにちは、ライターのYUKOです。今回の記事では、ヤマト運輸における3万人の配達員契約終了の波紋と、労働環境の変化と未来について考察します。

ヤマト運輸、個人事業主との契約終了

ヤマト運輸が契約を終了する個人事業主の業務内容は何か?

メール便・薄型荷物配達

ヤマト運輸は経営合理化の一環として、個人事業主約3万人との契約を2024年度末までに終了する。

契約終了の対象となるのは、郵便ポストに入るサイズのメール便「クロネコDM便」と薄型荷物「ネコポス」の配達業務。

これらは現在、全国約3万人の個人事業主に委託されているが、今後、日本郵便に委託先を変更する。

詳しくみる ⇒参照元: ヤマト運輸、委託の配達員3万人と契約終了へ 24年度末までに

ヤマト、個人事業主との契約終了で不安広がる

個人事業主との契約終了により影響を受ける人数は約何人か?

3万人

ヤマト運輸は経営合理化のため、郵便ポストに投函できる小型荷物の配達を日本郵便に委託し、個人事業主との契約を2024年度末までに終了する。

この契約終了により、約3万人の個人事業主が影響を受ける見通し。

神奈川県内の配達員の男性(69)は、突然契約終了を告げられ、不安を訴えている。

労働組合はヤマト運輸側に団体交渉を求めている。

詳しくみる ⇒参照元: 急に告げられた契約終了「生活は……」 ヤマトの委託配達員3万...

ヤマト運輸、業務再編で転職支援サイト開設

転職支援サイトが立ち上がる背景は?

ヤマトDM便とネコポスの終了

ヤマト運輸は、クロネコDM便とネコポスの終了に伴い、業務効率化を図るためにトラックによる宅配事業に注力します。

この移行により、同社は小型荷物の輸送を日本郵便に委託し、人員を再配置します。

人員再配置の一環として、ヤマトは個人事業主に謝礼金を提供し、10月中をめどに転職支援サイトを立ち上げます。

このサイトでは、ヤマトで勤務経験のある求職者に企業の求人情報を提供し、就職活動を支援します。

この転職支援は、同社の業務再編と労働力の再配置戦略の一環です。

詳しくみる ⇒参照元: ヤマト運輸、委託の配達員3万人と契約終了へ 24年度末までに

ヤマト運輸と日本郵便が配達業務で提携

ヤマト運輸が配達を委託するのは、どのような荷物ですか?

薄型の荷物

ヤマト運輸は、薄型の荷物を扱う「ネコポス」の配達業務を日本郵便に委託します。

この委託は10月から順次開始され、2024年2月にはメール便の配達も日本郵便に委託される予定です。

詳しくみる ⇒参照元: ヤマト運輸 配達業務委託の契約終了へ 約3万人の個人事業主と...

ヤマト運輸、個人事業主委託終了へ

ヤマト運輸が個人事業主に委託していた業務はどうなる?

日本郵便に委託

ヤマト運輸はトラック運転手不足対策として、個人事業主に委託していた小型荷物配達業務を2024年度末までに終了し、日本郵便に委託先を切り替えます。

これにより個人事業主は約3万人が新たな職探しを迫られますが、ヤマト運輸は転職支援サイトを設けて求人情報を提供するとともに、契約満了時には謝礼金を支払います。

詳しくみる ⇒参照元: ヤマト、配達員3万人委託を終了 24年度末までに(共同通信)