Academic Box Logo

YOASOBIの軌跡とikuraの魅力:唯一無二の歌声と意外な経歴

YOASOBIは、そのデビュー曲「夜に駆ける」がYouTubeで2億回再生、ストリーミング累計再生回数が史上初の10億回を突破したユニットです。ボーカルの幾田りらは、アニメの主題歌を多数手がけています。

YOASOBIボーカルの過去コラボ

YOASOBIのボーカルが以前コラボした媒体は?

ちゃお

YOASOBIはAyaseとikuraからなるユニットで、デビュー曲『夜に駆ける』はYouTubeで2億回、ストリーミング累計再生回数は史上初の10億回を突破した。

ボーカルの幾田りらは以前、ちゃおとコラボしており、まいた菜穂先生が幾田りらの楽曲をもとに特別読み切りを描いた。

YOASOBIは他にも『アイドル』や『勇者』など人気アニメの主題歌を多数手がけている。

詳しくみる ⇒参照元: ikuraとしても知られる歌手の幾田りらさんへのインタビュー...

転調の妙技で魅了する「好きだ」

楽曲「好きだ」で効果的に用いられた音楽的手法は?

転調

「好きだ」は、物語の前半で死に向かう主人公の孤独感を表現する「海のまにまに」と、後半でポップに高校生の恋愛を歌う「好きだ」という2つのパートから構成されています。

作曲を担当したAyase氏は、主人公の想いが一段上がったように感じられる転調を楽曲の最後のサビで用いています。

Ayase氏は、転調が楽曲に効果的な空気の変化をもたらすことができると考えており、その手法を巧みに活用することで、主人公の心の機微を表現しています。

また、Ayase氏はボカロPとしての経験から、サビを人間が歌える範囲のキーに収めるために転調を使用することもあると語っています。

詳しくみる ⇒参照元: YOASOBI「どんな曲を書いてもikuraはきっと歌える」

YOASOBIの音楽と原作小説の相乗効果

YOASOBIの楽曲は原作小説とどのように関わり、どういった効果をもたらしているのか?

原作小説の深みを引き出し、純粋に音楽としても楽しめる作品になっている。

YOASOBIの楽曲は原作小説の視点や登場人物の目線で書かれることで、小説に奥行きと解像度を加える役割を果たす。

また、音楽単体でも完結する作品にすることで、原作未読のリスナーにも純粋に音楽を楽しんでもらえる。

楽曲に込められた普遍的なメッセージは、年齢や立場に関係なく共感を得て、リスナーの心に響く。

詳しくみる ⇒参照元: YOASOBI「どんな曲を書いてもikuraはきっと歌える」