Academic Box Logo

子供の健康を守るために知っておきたいトキソプラズマ感染症とその対策

子供の健康を守るために知っておきたいトキソプラズマ感染症とその対策についてご紹介します。妊娠中に感染すると胎児に先天感染を引き起こし、視力障害や知的障害などの重篤な障害につながる可能性があります。

妊娠中のトキソプラズマ感染症と胎児への影響

妊娠中のトキソプラズマ感染症が胎児に与える影響を簡潔に教えてください

視力障害や知的障害等の障害

妊娠中のトキソプラズマ感染症は胎児に先天感染を引き起こす可能性があり、視力障害、知的障害、神経学的・眼科的合併症などの重篤な障害につながる恐れがあります。

そのため、妊娠前から妊娠初期の感染を防ぐことが非常に重要です。

主な予防策としては、猫の世話や土いじり後の手洗い、加熱不十分な肉の摂取を避けることなどが挙げられます。

詳しくみる ⇒参照元: トキソプラズマとは

トキソプラズマ感染と妊娠

妊娠中にトキソプラズマに感染した場合、胎児に必ず感染しますか?

いいえ

トキソプラズマは、ペットの世話、ガーデニング、生肉の摂取などから感染する可能性があります。

妊娠中に初感染した場合でも、胎児に感染するとは限りません。

また、胎児に感染しても、必ず先天性トキソプラズマ症を発症するわけではありません。

詳しくみる ⇒参照元: 妊娠中のトキソプラズマ感染 症状と検査、対策について

妊娠中のトキソプラズマ感染

妊娠中のトキソプラズマ感染による胎児への影響は?

先天性トキソプラズマ感染症

妊娠中にトキソプラズマに初感染すると、胎児に移行して先天性トキソプラズマ感染症を引き起こす可能性があります。

この感染症は、水頭症や網膜炎など、胎児にさまざまな症状を引き起こす可能性があります。

妊娠初期の感染は重篤な症状を引き起こしますが、妊娠末期の感染は症状が軽くなります。

トキソプラズマは、主にネコのフンや生肉から感染します。

詳しくみる ⇒参照元: トキソプラズマとは