Academic Box Logo

サーバントリーダーシップ実践ガイド:組織を成功に導く10のステップ

支配的なリーダーシップのスタイルから脱却し、サーバントリーダーシップの10ステップを実践することで、チームのパフォーマンス向上と組織の成功を達成できます。

サーバントリーダーシップ対支配型リーダーシップ

サーバントリーダーシップと対極的なリーダーシップのタイプは何ですか?

支配型リーダーシップ

支配型リーダーシップは、カリスマ型リーダーが部下に命令して仕事をさせる一方的なスタイルです。

一方、サーバントリーダーシップでは、リーダーはチームメンバーを信頼し、協力しながら組織を成長させ、チームがパフォーマンスを発揮するための支援に徹します。

このため、サーバントリーダーシップは逆ピラミッド構造になっており、リーダーがメンバーを支える形になっています。

詳しくみる ⇒参照元: サーバントリーダーシップとは?今求められる理由と実践方法

サーバントリーダーシップ:奉仕するリーダーシップ

サーバントリーダーシップの定義とは?

部下に奉仕し、支援するリーダーシップ

サーバントリーダーシップは、部下に奉仕し、支援するリーダーシップのスタイルです。

リーダーは支配者ではなく、部下と協力しながら物事を進めます。

サーバントリーダーシップに基づくリーダーは、命令するのではなく、部下と協力して目標を達成します。

詳しくみる ⇒参照元: サーバントリーダーシップとは?意味やメリットとデメリット

サーバントリーダーシップの役割

サーバントリーダーとは、部下に対するリーダーのどのような役割を重視しますか?

支援と奉仕

サーバントリーダーシップでは、リーダーは「支配」ではなく「支援」と「奉仕」を重視します。

部下が自由に発言し、コミュニケーションが円滑になることで、ビジョンとミッションが共有され、メンバーが主体的に取り組みます。

その結果、モチベーションが向上し、組織力が強化されて目標達成が促進されます。

サーバントリーダーシップは、リーダーが部下を支え、チームに奉仕することで、メンバーの主体性と組織全体の成果を高めます。

詳しくみる ⇒参照元: サーバントリーダーとは?組織を強くする「支援型リーダー」10...

サーバントリーダーシップの真髄

サーバントリーダーシップでは、リーダーがメンバーに対してどのような役割を果たしますか?

支援・奉仕

サーバントリーダーシップは、リーダーがメンバーを支援・奉仕することでリーダーシップを発揮するスタイルです。

支配型リーダーシップとは異なり、メンバーの自主性を尊重し、モチベーションや生産性を向上させます。

サーバントの語源は「奉仕する者」を意味し、リーダーはメンバーの成長や成功を支える役割を担います。

このリーダーシップスタイルは、教育、ビジネス、行政などさまざまな分野で活用されています。

詳しくみる ⇒参照元: サーバントリーダーシップとは?10の特性と企業例、実践方法を...

サーバントリーダーシップ:組織を強化する奉仕のリーダーシップ

サーバントリーダーシップの特徴は?

メンバーへの奉仕・支援

サーバントリーダーシップとは、組織やチームのメンバーに奉仕・支援するタイプのリーダーシップです。

メンバーの成長や成功を最優先し、彼らを導くのではなく、彼らのために働き、力を与えます。

サーバントリーダーは、謙虚さ、共感、誠実さ、ビジョンを特徴とし、チームを育成し、目標達成を支援します。

このリーダーシップスタイルは、従業員のエンゲージメントと生産性の向上、モチベーションの維持に貢献するとされています。

詳しくみる ⇒参照元: サーバントリーダーシップとは?今求められる理由と実践方法

サーバントリーダーシップの起源

サーバントリーダーシップはいつ生まれましたか?

1970年代

サーバントリーダーシップは、ロバート・グリーンリーフ氏が1970年代に提唱した考え方です。

グリーンリーフ氏は、マネジメント研究センターでセンター長を務め、マサチューセッツ工科大学スローン・スクールやハーバード・ビジネス・スクールでも客員講師を務めるなど、幅広く活躍しました。

同氏は「サーバントリーダーシップ」という考え方を提唱し、著書『サーバントリーダーシップ』を執筆しました。

この書物は、ピーター・センゲ教授やピーター・ドラッカー氏から高い評価を得ています。

詳しくみる ⇒参照元: サーバントリーダーシップとは?今求められる理由と実践方法

VUCA時代のリーダーシップ:サーバントリーダーシップ

現代においてサーバントリーダーシップが注目されている理由は何ですか?

VUCA時代の到来

現代は「正解のない激動の時代」であるVUCA時代であり、従来の支配型リーダーシップではなく、多様性を尊重し、協調・奉仕でチームのポテンシャルを引き出すサーバントリーダーシップが求められています。

サーバントリーダーシップは、多様なメンバーの個性を発揮させ、思わぬアイデアを生み出す環境を作り、チームの成果向上に貢献します。

詳しくみる ⇒参照元: サーバントリーダーシップとは?今求められる理由と実践方法