Academic Box Logo

インドのカースト制度:差別と格差を超えて - 歴史から現代の変貌まで

カースト制度はかつてインド社会で蔓延していたが、1947年の独立後に制定された憲法でカーストに基づく差別と不可触民制が廃止され、公式には禁止されている。

カースト制度の現在

インドのカースト制度は現在も残っていますか?

禁止されている

リグ・ヴェーダのプルシャ賛歌に起源を持つカースト制度は、かつてインド社会で広く見られた。

しかし、1947年のイギリスからの独立後、制定された憲法ではカーストに基づく差別と不可触民制の廃止が規定され、カースト制度は公式には禁止されている。

詳しくみる ⇒参照元: カースト制度ってどんな制度? インドにおける身分制度の考え方...

カースト制度の起源

インドのカースト制度の起源は何か?

アーリア人の征服

カースト制度は、アーリア人のインド征服に端を発し、肌の色による差別から生まれました。

カースト制度は「ヴァルナ」と「ジャーテイ」と呼ばれ、ヴァルナは支配階級のバラモンから農業労働者のシュードラまでの4つの階級に分けられ、ジャーテイは職業によってさらに細分化されています。

また、カースト制度の下には、かつて不可触民と呼ばれていたダリット(指定カースト)が位置付けられています。

詳しくみる ⇒参照元: インド編 -カースト制度

カースト制度:ヴァルナとジャーティ

カースト制度の特徴的な概念を2つ挙げてください

ヴァルナとジャーティ

カースト制度はヒンズー教に基づくインドの身分制度であり、ヴァルナとジャーティという2つの概念を特徴とします。

ヴァルナは4つの階級に分かれた身分であり、ジャーティは血縁や職業に基づく共同体を表します。

インドには約20万~30万のジャーティがあるとされています。

詳しくみる ⇒参照元: カースト制度ってどんな制度? インドにおける身分制度の考え方...